小さいって事は・・・

ちっちゃな機械を操ろうヽ( ・∀・)ノ 〜○

2013年09月

古いPCネタですが、VAIO typeU(VGN-UX90S)

職場のネタで、PCが沢山ある写真を撮りたかったので、簡単に出そうなPCを集めて出してみました。

その時のついでで、古いマシンも出てきたので、適当に紹介していきたいと思います。いくつかは、このブログでも大昔に紹介していると思います。

と言ってもここに売っている物以外もまだまだ有るので、適当に合間を見て紹介することにします。

cat20130902223749

 

今回は、2006年に発売されたVAIOのtypeU最後のモデルになってしまったVGN-UX90です。

購入時の記事はこちらです。確か25万くらい投入したと思います・・・。今考えると恐ろしくてとても買えないです。

 

今でも一応起動はしますが、すでにバッテリーが死んでいます。指紋認証も約7年前に登録した物ですが、変わりなく認証できました。

こう言うのって何年でも大丈夫なのかな・・・?

cat20130922160409

 

クレードルには、あまり使わないような物まで搭載されています。このサイズで、全部入りを目指したのか、ホント思いつくような物はすべて付いている感じです。

cat20130922160515cat20130922160615

HDMIなどのデジタル系の端子は、この頃殆ど無かったので仕方無いですね。にしてもモニター接続して使ったりしなかったので殆ど使っていません。

メモリーが512MBで、XPでもかなり重いです。SSD搭載でこんな感じなので、ホント大変ですね。久々に立ち上げると100個以上のアップデートが来たし、ウイルススキャンやAdobe製品のアップデートだけでも、相当時間がかかりました。XPのアップデートが止まる前に、いろんなPCを接続しておかないと、95,98みたいのは今更パッチを当てるのは大変ですよね。

 

キーボードが付いたことは画期的だったのですが、かつて体験したことの無い位、史上最悪のキーボードの出来だと思います。

押しにくすぎて、今のスマホのタッチパネルの方がましだと思います。キーは全く出っ張って無くて押し込む形です。(後期のモデルで少し出っ張ったとか聞きましたが・・・)

cat20130922160635cat20130922161745

当時は通信手段がCF位しか無かったので、CF端子があります。ここにPHSカードを挿して使っていました。手にかかるので使いにくいです。

通信用なので、CFカード差し手も外部メモリーとしては遅かったような気がします。自分は、MS-duoで増設しています。

某掲示板で、モバイラーを見かけたら報告スレッドで隣に座った人がコレを使っているのを報告したので、こちらも報告替えしした思い出が・・・。

あの頃は、ZERO3かPDA+通信カードの人くらいかB5PCで仕事してる人くらいしか居なかったので、まだまだ珍しいんですよね。

 

バッテリーが死んでいるので、モバイル運用できません。もっとも電池の持ちはむちゃくちゃ悪かったと思います。

今ATOMで作り直しても、装備が豪華すぎて値段もあんまり下げて作れないんじゃ無いかなぁ・・・。

cat20130922192013cat20130922192241cat20130922192703

背面はペンやワンセグのアンテナです。2,3枚しか取らなかったと思うカメラも内蔵。前面のカメラは未だに使ったことが無いかも。

とまぁ、色々書いていますが、こういったワクワク製品を発売できるほどの余裕のある会社が、なくなっちゃいましたね。>もう同じようなタブレットくらいで、MicroPCみたいなのは出てこないかな。25万で出したら買うかと言われても買えないしやっぱり駄目か。あ、レンズだけのカメラとか一応一発ネタのは出してるかな。当時よりモバイル環境でPCを使いたい人はもの凄い数増えてるので、当時よりは売れるかもですね。でもやっぱブロガーとかYoutuberとかレビュー用で終わりか・・・。

 

今バッテリーの互換品とか探せばたまに売ってるようですが、7,8千円出してまで復活させる気が起きないです。

こういうのは、コレクションとして置いておくのが関の山かなと。

 

記録用に動画も撮っておきました。時間があればどうぞ。

DMC-GH1をハックファームに書き換え。

最近は、動画を撮ることが多くなっていて、ついつい新しいカメラが欲しくなってしまいます。

が、どんどん出てくる新製品を買い続けることも出来ないため、とりあえず手持ちで何とかしようと思ってたら、昔GH1のハックファームが流行っていたことを思い出しました。

と言うことで、かなり今更ですがGH1のファームを書き換えて、動画のビットレートを上げてしまうことにしました。

 

やり方は、いろんなサイトに上がっているのですが、自分はこちらの方の記載を参考にさせて頂きました。

cat20130922221226

ツールは、ここから落とせます。自分が落としたバージョンはv3.66dと言う物でした。

後は、本家のサイトから、本物のファームをダウンロードしてきます。

 

PToolと言うツールですが、起動させて、本家から落としてきたファームウェアを読み込ませます。

そこから、各種設定にチェックを入れたり数値をいじります。ここらは「GH1 ハック 設定」辺りで検索して参考にすれば良いと思います。

cat20130922221414cat20130922221734

書き換えた後は、Saveで書き出します。ファール名を、バージョンを低い数値にしておけば良いそうです。

GH1_001とかにね。

 

後は、SDカードのルートにファイルをコピーして、カメラの電源を入れて再生を押せばファームウェアのバージョンアップするかと聞いてくるので、答えれば書き換えOKです。

本家のファームに戻すときは、普通に本家ファイルを入れて書き戻せば戻ります。圧縮率を変えるだだけで無く24pのモードを作れたり、互換電池のチェックを外したりも出来るようです。

cat20130922222337cat20130922222537cat20130922222803

ちなみに書き換わるとバージョンが0.0になります。

 

たまに持ち出して使っているGH1ですが、このレンズをほぼ付けたままです。E-1用に買ったのですが、動画とかは便利ズームがいいのでこっちに取られたままです。

cat20130922222842cat20130922224022

問題は、重いことですね。マイクロフォーサーズ用の軽い10倍レンズが出ているので、欲しいところですが・・・あれ買うならG6セットがお買い得だしと悩みます。

一番GH1の嫌なことは、ストラップのフックがもげる個体が紛れているらしくて、リコールもせずに放置したことですね。いつ外れるかわからないストラップほど怖い物は無いです。

 

と、まぁ無事に書き換わったので、ビットレートを見てみます。こちらのツールで、ファイルのビットレートがわかります。

変更前がこんな感じ。

cat20130922224635

 

変更後に試しに撮ったのがこんな感じです。17Mまでしか出ないはずですが、書き換えにより23Mまで出ているようです。

床に転がってる物を撮っただけなので、こんな物かも。

cat20130922224656

とまぁ、新しいのが来るまで、心配なストラップのGH1ですが、もう少し延命させようかと思います。

テストで撮影してきました。Youtubeでビットレートが下がってしまうのでわからないかもですが、2倍程度のレートで撮影しています。

Panasonic LUMIX DMC-GX7 タッチ&トライ に参加して来ました。

昨日のOM-Dのイベントに続きマイクロフォーサーズのイベント2連チャンです。

と言っても、今回はそんなのやってるって知らなくて、偶々中野のフジヤカメラに行ってみたらやっていました。cat20130915140405

1時間発売されたばかりのDMC-GX7を借りれるのと、GX7のカタログの写真を撮られたプロカメラマンの方のお話が聞けるというイベントでした。

 

メーカーの方も来ていましたが、オールドレンズも公認って感じで話は進められていました。今回はボディーの方で手ぶれ補正も付いたのが大きいですね。ただし効き目は初期のE-P1程度じゃないかな〜。後動画には効かないそうです。

cat20130915151311cat20130915151353

カメラマン上田晃司さんの話は30分ほどで、機能説明や展示されていた写真の撮影方法の話をされていました。

質問も受けてくれるようでしたが、プロの方と思うと、つまらない質問になってもなんだかと思って何も質問しませんでした・・・。

やっぱプロの人は、良い感じに撮りますね〜。画質はかなり良くなったらしいです。昼間の静止画だとあんまりわからないかもしれませんが、GX1に比べて高感度撮影時は、かなり良くなったそうです。

 

自分は、GX1を発売後あまり経たないうちに買っていて、1年後には半額以下の大暴落。最後にはレンズ付きで3万円切る始末と、さすがにコレがいくら良くても1年待って考えようかと。

パナソニックのカメラって、理不尽なほどに暴落するので悲しいです。

cat20130915140623cat20130915140627

 

今回は、マイナーチェンジした20mmのレンズとセットで貸してくれます。20mmのは欲しいと思いつつずっと買ってないままですが、やっぱ綺麗に撮れますね。リングの重さとかって今回変わったのかな?いい感じのトルクが掛かったリングになっています。

本体は、高級感もあって、と言ってもツートンはおっさんカメラって感じですが、GX1の安っぽさ(個人的には、GX1の黒はボタンが銀色で安いカメラのように見えてました)とはまたちょっと違う感じです。GX1は高かったのに安くなってホント心情的に安物に見えてしまいます。しくしく・・・。

cat20130915141832cat20130915144720cat20130915144900

たまたま、E-PM2とGX1に付いてたズームレンズを持ってきていたので、交換して撮ってみたりしました。※この記事のGX7で撮った写真以外はE-PM2で撮影しています。

 

ファインダーはこだわりどころで、説明もチカラが入っていましたが、個人的にはミラーレスはカメラが軽いので、わざわざ覗くのがめんどくさい派だったりします。

しかもバリアングルの液晶で色々な角度で撮れて便利なのに、ファインダー横のセンサーの位置が端っこ過ぎて、しょっちゅう勝手に液晶が消えてうっとうしかったです。

設定でオフに出来ると思いますが、オートだとかなり気になるんじゃ無いかと思います。

cat20130915145641cat20130915145710

外だと見えにくいと言われてる液晶は確かに見えにくかったです。

 

cat20130915145720cat20130915145733

ストロボはこんな感じで飛び出します。外付けはあんまり使わないかな。

 

ここからはGX7で撮った写真です。

cat20130915142247cat20130915142302cat20130915142502cat20130915142547cat20130915143217cat20130915143701cat20130915143814cat20130915144310cat20130915144349cat20130915144942cat20130915150539cat20130915145314

GX1に比べて進化してるかも・・・。レンズの差かなぁ〜。良い感じに見えます。セミナーでは、GX1と違いGX7は黒が黒く写りますなんて言ってましたが、どうなのかな。

別で動画も試してるのですが、60pで撮れるからか、もの凄く綺麗に見えました。E-PM2やGX1でもあんまり気にしてなかったのですが、GX7って明らかに綺麗なと思いました。

 

フィルター系はさらに増えまくって22種類だったかで、試しきれません。ここら辺りは、オリンパスの方が一歩上だと思いますが、わざと太陽光みたいなのを入れたりとか、正統派の写真撮ってる人からすれば、邪道も良いところかも知れませんが、おもしろかったです。

cat20130915150215cat20130915151219cat20130915144508cat20130915143538

いろんな機能が満載で、WiFiの部分やらタッチでのAF移動など、大きく変わった部分の機能さえ試しきれませんでしたが、オートのJPGでもかなり綺麗だなと思いました。

このカメラはE-P5とかぶったりしますが、どっちが欲しいかと言うと、ぎりぎりE-P5で、E-P5とE-M1だとE-M1だけど高くて結局買えないって感じですかね。

GH3はCP+でちょこっと触っただけですが、あれはあれで気になってたりします。動画がやっぱ切れそうなのと、じわりと安くなってるからです。GH3もボディー側で手ぶれ補正なら良かったのですが〜。

 

とまぁ、色々見てしましたが、買うのは当分先になりそうです。欲しいレンズで我慢かなぁ〜。

OLYMPUS OM-D(E-M1)新製品体感フェア2013 (秋葉原)

秋葉原でオリンパスの新型カメラ発表のイベントがあったので見てきました。

このblogで使っているカメラも殆どE-300と言うオリンパスのカメラだったりします。

 

場所は秋葉原のベルサールです。

cat20130419141912cat20130419141548

 

早速新型が展示されています。今回は新型の発表と共に、従来の一眼レフのフォーサーズのカメラをやめてしまうと言う発表でした。

その為かマウントアダプターを付けて、フォーサーズのレンズをつけた展示と並んでいますね。

cat20130419141655cat20130419141748cat20130419143800

カットモデルや、同じく開発が発表された、F2.8通しのズームレンズの展示がありました。全部セットで買うとしたら30万はかかっちゃいますね。

当分買えないなぁ〜。

 

こちらは、前のOM-D(E-M5)の方です。こちらの中古が安くなるんじゃ無いかと期待です。

cat20130419141631

 

体験コーナーは、10分待ちでしたが、帰る頃には列も無くなってました。マイクロフォーサーズ狙いって、高級機が欲しい人も居ると思いますが、たいていライトユーザーですよね。

cat20130419142035

 

高いだけ有って、しかっりした作りですね。ボタンやダイヤルが所狭しとあるので、すかすかのE-1なんかと比べると防滴とか大丈夫なの?って思います。

cat20130419142316cat20130419142326cat20130419142344cat20130419142350cat20130419143127cat20130419143144

グリップは大きくなって持ちやすいと思いますが、細いので見かけはかっこわるいかな。でも小型のぎっちり機能が詰まった感じが良いですね。

なんだかんだで、欲しいですがやっぱり高いのが何とも。もう少し頑張れば、フルサイズのeos-6DやNikonのD600買えちゃうのがね〜。

 

画質比較もありました。明るいところはあんまり変わらなくて、暗いところはさすがに勝てないけど。ISO6400でここまで写るようになったのがすごいですね。

E-1なんてISO400でもRAWじゃないと厳しいですから・・・。

cat20130914144117cat20130914143320

 

手ぶれ補正は、相変わらず強力ですね。SONYのカメラにも積んでくるのかなぁ。GX7のは独自なのかな?

cat20130914143508cat20130419143711

 

ここからは、E-M1の写真です。何もいじらずに撮ったので、どんなモードか忘れちゃった・・・。

cat20130914142508cat20130914142537cat20130914142547cat20130914142926cat20130914142931

 

最後にフォーサーズのラスト機種となってしまったE-5です。最後はやっぱSONYの画像素子を積んだE-7で終わって欲しかったなぁ〜。

と言いつつE-M1でも高くて買えないなんて言ってるのに出ても買えないか。

cat20130914144427

IBM ThinkPad 240を簡単にレビュー

ThinkPad X240sの書き間違いじゃ無くて、昔のIBM ThinkPad 240のお話です。

Youtubeの方で、X240sのレビューを作っていたときに、押し入れから出してきました。

久々に出てきたので、片付ける前にネタにします。最近Youtube側と、ここのblog連動してませんでしたね。(汗

 

ThinkPad 220は欲しかったけど買えず、230csとかも欲しいけど、やっぱ高い感じで買えず、240は当時安かったけどやっぱり買えず・・・。

しばらくしたら中古が安かったので、手に入れて・・・。その後、貰ったりであれよあれよと5台も転がっています。しかもCPUが違う物の全部無印240です(汗

なので、全部SVGAマシンだったりします。

cat20130908213411

 

Xシリーズのご先祖様ですね。X20も持っていたのですが、貸したまま去って行きました。

下の写真は、X61と並べています。X61よりさらに小さいですね。X41はTabletしか持ってないので比べれずです。

cat20130908213519cat20130908213537

今見るとミニチュアPCって言う感じで、よく出来ています。バッテリーの持ちが良ければ最高だったのですが。これは中型バッテリーを付けています、重さは1.5kgに近く成ってしまいます。

 

写真のがキーボードも一番綺麗ですが、久々に使って見ると数字の「1」が効きにくかったです。悲しい。

cat20130908213545

 

今の人にはよくわからないかもですが、PS2端子が付いています。主にマウス用ですね。コレが出たときは、Windowsも98だったので、USBの存在は微妙でした。

Meを入れたのは、USBを使いたかったからです。自分の自作機ではエクスプローラーが落ちまくって困ったWindowsMeでしたが、この240に入ってるのは、なぜか安定志向でブルースクリーンを見たことが無いです。<-すごいことだと思います。

cat20130908213622cat20130908213720

後ろの口はLAN端子と思いそうですが、モデムです。有線LANも無線LANも内蔵していません。無線LANカードを束ねておいてたのですが、引っ越しでまとまって行方不明です・・・。

 

レガシーポートの集まりですね。

cat20130908213740cat20130908213900

問題なく起動もしてくれました。ATA33マシンなので、SSD化も勿体ない感じですが、この頃の物にはCFでSSD化が多いようですね。

うちにあるマシンを数台見ましたが、最高でも12GBのHDDしか積んでいませんでしたのでCFで充分です。でも、CFも疑似SSDに出来る物が最近減ってるんですよね・・・。

 

プログラムも小さいので、起動自体は気になるほど遅くは無いです。IPL自体の方が時間がかかってる感じです。

cat20130908213918cat20130908213932

ぼろいので、がりがりと五月蠅いです。

 

とりあえず、つけて見ると丁度95、98se、Meが入っていました。

cat20130908214322

 

中身は昔のアプリで構成されています。acrobatも4とか、ノートンとかもの凄く古めかしいです。

WINAMPとか懐かしい。しかもカスタマイズしてるし。

曲はなんか微妙に新しいようなで何でこんなの入ってるの?って感じですが・・・。

cat20130908214723

 

仕事では、IE6からIE8化で莫大な費用が発生すると話題が上がっていますが、このマシンでさえもIE6載ってるし・・・。

何年も放置しすぎですよね。

cat20130908214850cat20130908214902cat20130908215155

と言う感じで、またしばらく眠りについて貰おうかと思います。

次はKitKatですね。

と言うことで、次のAndroidOSのバージョンのコードネームがKitKatらしいです。Aから始まってたんだっけ?って気もしますが今のところアルファベット順みたいですね。

それはそうと、KitKatの方でも、nexus7が当たると言う物があったので買ってきました。定価が一袋500円ほどって書いていましたが、おかしのまちおかで一袋245円でした。イチゴ味は売ってなかったです。にしても、こんなに食べきれるかな・・・。

cat20130907202756cat20130907202833cat20130907202849cat20130907214338

5袋でやっと応募できて、3千台当たるそうです。当たったDualモニター・・・。なんて言ってたら当たらないよな。

 

そうそう、nexus7のカメラで撮った写真サンプルでも載せておきます。

cat20130907121651cat20130908143133cat20130907122140

パノラマ写真は撮りやすかったのですが、思ったより露出が変わったりするんですね。

LivedoorBlogでコメント出来なくなっています。

↓Livedoorのアナウンスです。8/30位から不具合が有ったようです。
http://blog.blogpark.jp/archives/4528194.html

ここ暫く
コメント頂いてたら、すいませんトラブルの影響だと思います。


※9/3中に復旧したようです。
ギャラリー
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • 4759Playerのファームウェアのバージョンアップ
  • 4759Playerのファームウェアのバージョンアップ
  • 4759Playerのファームウェアのバージョンアップ
  • 4759Playerのファームウェアのバージョンアップ
  • 4759Playerのファームウェアのバージョンアップ
  • 4759Playerのファームウェアのバージョンアップ
Mail
ご連絡は、こちらまで!

twitter / X68000XVI
記事検索
Recent Entries
Recent Comments
Archives