小さいって事は・・・

ちっちゃな機械を操ろうヽ( ・∀・)ノ 〜○

2019年11月

BOSE Companion 2 Series IIが修理対応でIIIへ

夏にメルカリで買ったBOSEのCompanion 2 Series IIですが、あっさりと片方からの音が出なくなりました\(・o・)/

正に「安物買いの銭失い」ですね。でダメ元でBOSEに修理出来るかを聞いてみました。

サポートは驚くほど親切で、メール問い合わせの返答も、もの凄く早く「見てみますが対応としては、基本的に製品交換になる」とのことでした。現行機では無かったので、現状販売されているIIIになる事と修理代は一律7千円+税と伝えられました。

IIIでも中古なら買える値段ですが、また失敗するのも嫌なので、修理対応していただく事にしました。ヤマト便の場合は、着払い送付で良いそうです。cat20191117104039

 

向こうに到着後、即IIIを送って頂けたようで、送った日から3日ほどで届きます。着払いで料金を払いますが、先の税込の7,700円のみの支払いになります。II購入の2,500円を足すと最初から新品買う値段くらいなので、まぁよしとしますか。

cat20191117104058cat20191117104123

 

このCompanion 2 Series IIIも発売されたのは2013年で、それ以降モデルチェンジされていません。かなり息の長い製品ですよね。前のIIは軽く10年程前の物だと思いますが、一応交換対応してくれるのも凄いとは思います。到着した製品は1年保証付きです。

cat20191117104134

 

IIとIIIで音の感じも違いますが、背面の端子もピンジャックからミニジャックに変わっています。cat20191117104158

修理に出したIIは本当の初期型で電源オフすら出来ませんでしたが、IIの後期とIIIはボリュームを回しきると電源オフに出来ます。cat20191117104234

 

とりあえず、先日の4759Playerでエージングを兼ねて音出ししておきます。音の善し悪しは好みが分かれるBOSEですが、サポートは凄いなぁと思いました。cat20191117104221

4759Player(FM音源Player)がやってきました。

先日行われた第9回マイコンインフィニットのイベントで、残念ながら手に入れることが出来なかった「4759Player」ですが、

四谷さんのご厚意により、ご自身の予備機を譲って頂ける事となりました。

cat20191110084103

 

同人ジャンルのハードウェアって今までは、殆ど手を出していませんでした。

キットを自分でハンダ付けした上に、様々な情報を集める必要があるためハードルが高くて手が出せてませんでした。

イベントで完成品が売られるとのことで、狙われた方も多かったのかも知れません。

 

情報部分も、自分には関係ないかなぁと思い、殆ど知りませんでしたが浅い知識の中、高級機のG.I.M.I.Cやお手軽キットなReBirthなんかが有るんだなぁ〜くらいでした。

色々調べてみると、98の音源ボードを使うC86BOXやArduinoやラズパイのシールドを自作されて音源として楽しまれてる方の記事なんかも見つけました。

 

で、速攻送っていただいた「4579Player」について紹介させて頂きます。

ボードには、PC-88のサウンドボードIIやPC-98の86音源ボードに搭載されている、YM2608(OPNA)と、X68000なんかに搭載されているYM2151(OPM)が搭載された複合ボードです。

MicroSDカードにVGM、s98、MDX(PDXは現在未対応)ファイルを入れるだけで、お手軽に再生可能なプレイヤーです。

イベントではYM2151だけを搭載した、超小型乾電池駆動の2151Playerも販売されていました。こちらもカッコ良かったです。

 

今回は量産前の「評価初号機」と言う大変な物を譲っていただけました。特殊機みたいで格好いいですよねw

cat20191110083733

 

この綺麗なハンダを見てしまうと、自分じゃとてもムリーって感じです(^_^;

cat20191110083809

 

電源とPC接続(SPFMモード)には、USBケーブルを使います。モバイルバッテリーでも動くようです。

cat20191110083907

 

こちらがOPNAで

cat20191110083925

 

こちらがOPM

cat20191110083943

 

基板やケースが格好いいですよね。

cat20191110084011

 

曲を流すとプレイリストで曲名が流れます。今回は四谷さんのサンプルが30曲入ったSDカードも付属頂けました。液晶のバックライトが綺麗ですね。白基板にあってるような気がします。

cat20191110084037

 

液晶下のスイッチで、曲飛ばしが出来ます。気をつけるのはSDカードのファイルで、フォルダーが一階層までなのと英数字のみの対応な所ですね。

cat20191110084212

 

SDカードで簡単に再生出来ますが、PCからも流し込んで使えます。なんとなく繋げたら良いんだろうなぁと思ってましたが、具体的にはどうするのか予備知識全く無しでした。

イベントでは、解説本も販売されていたのですが、「ああ今回は縁が無かったん〜」だと購入せずで大後悔ですw

 

四谷さんより、「SDカードを抜いてUSB接続してから、左ボタン押したらSPFMモードになるよ〜」と教えて頂き、SPFMって何だろとググってみました。<そこからかと

とりあえず、USB接続するとシリアルポートになるようでした。

cat20191110081304cat20191110084143

 

そして、SPFMで検索してこちらのページで、なるほどーとなりました。
SCCIと言うモジュールを通して「SPFM 〜FMの塔」〜や「SPFM Light 〜FMの台〜」などを再生アプリと接続して使うんだ!

SPFMも秋葉原の家電のKANちゃんにぶら下がってるなぁ〜と思っていたのですが、遠い存在と思いちゃんと調べていませんでした。ReBirthを接続するボードだったんですね・・・。

SPFMについてはポン酢レッサさんのページに購入から組み立て、概要についても書かれていました。

 

で、ここまで判るといくつかのPlayerソフトを探して、集めてたデータを流し込んで行けばOKでした。

SCCIをダウンロードして、セットアップを行い設定後のdllとiniファイルを対応した再生ソフトに入れて行くだけで、4579Player側で再生出来ます。

cat20191110081538cat20191110081402cat20191110081432

 

同じページのSPFMPlayerが手軽でプレイリストも簡単に出力出来ますね。

cat20191110081722cat20191110081736

 

hootもSCCIのファイルを入れるだけ再生出来ました。こちらも四谷さんの過去データをUME-3さんが対応された物です。

cat20191110081826

 

ADPCMのデータが自動的に流し込まれて再生されます。

cat20191110081854cat20191110081944

 

最近は古代さんが積極的にSNS等に出てこられて、そんな中話題になったMUCOM88のWindows版でもしっかり対応されていました。

cat20191110082034cat20191110082108

 

その他MDPlayerなど様々なものに対応されていて、この世界かなり深かったことをホント今更知りました。

cat20191110082648cat20191110082556

ソフトウェアエミュレーションでも、もちろんいい音が鳴りますし手軽で便利ではありますが、実チップから鳴っていると思うとまたわくわく感が違いますね。

どちらの世界も悪く無いのですが、実チップはハマると沼が深そうだなぁ〜と思いました。

 

今回譲って頂いた、四谷さんや色々話し相手になって頂いたUME-3、そちて様々なソフトやデータを公開された方々に感謝です。

 

余談:

マイコンインフィニットで開場待ちをしているとき、前に並ばれてた方と少しお話させて頂いたんですが、その方も4759Playerを組まれて、更に自宅の3Dプリンターでオリジナルケースまで作られた方でした。凄い!

楽天モバイル無料サポータープログラム始めてから2週間ほど経ちました。

楽天モバイル(MNO)サービスが始まって約1ヶ月ほど。自分は2週間目くらいから使い始めました。

SIMの申し込みは色々ありましたが、取りあえず2回線で運用中です。

 

楽天モバイルの端末は、結局購入しないままでスタートしています。端末を買うだけ買ってキャッシュバックポイントゲットでも良かったかも知れません。

cat20191104084429

 

現状APNの指定をそれぞれの端末に入れて、XperiaXZPとUQ版のNovalite3で運用中です。

SIMのアクティベートはXperiaXZPで、すんなりと行えました。

cat20191104083010

 

Novalite3の楽天モバイル版は、使用対象端末になっているので機器的には問題が無さそうですが、通話にはVolte通信が必要で、UQ版ではSIMの確認をしてVolteがoffになるようです。楽天のSIMを入れるとVolteの項目が消えます。その為通話が出来ないようです。

XperiaXZPはSIMロック解除をしているのですが、どうもauの帯域がoffになっているようで、ローミングが出来ません。

SIMロック解除や、SIMロックのかかっていないUQ端末にしろ、キャリア端末は制限も多くて使いにくくなっていますよね。

 

通信については、自宅や職場は問題無く通信できます。移動中も地下鉄が半分で、novalite3はauローミングを使用して問題無いですが、Xperiaは全く入らないのでnovalite3をテザリングさせています。

地上に出る、有楽町から品川間JRは、楽天モバイルの電波状態が良いみたいで、Amazonプライムの動画をフルHD画質で見ながらでも切れることはありませんでした。

 

ただ、先日秋葉原に出かけると、駅構内でもアンテナを見失い、お茶の水まで電車で移動してもずっと電波を掴まないことがありました。綺麗にローミングに切り替わらないとずっと使えないこともあるので、MNPした人とかはキツいかも知れません。

申込時は、Y!mobileの端末をMNPしようと思っていましたが、3日ほどTwitterなどの評判を見てると不安になり、その番号でSMS認証にも使っているので取りやめました。

サポートについてもTwitterなんかでは怒ってる人が居ましたが、確かにチャットでもすぐには繋がらない感じでした。自分はアンケートが届かなかったので問い合わせましたが、それなりに時間はかかります。結局チャットで文面を送っていただきました。アンケートが来なかった理由(通知設定はオン)は不明のままでしたが、端末を未購入なので送られてこなかったのかも知れません。

 

何にせよ2回線でデータ通信がそれぞれ100GBってかなり多く、外でもフリーに使える感覚はWiMAXのサービスのでようで悪くは無いですね。WiMAXも電車では切れまくるし、建物内も厳しかったので状況は似ているかも知れません。半年間は無料なので、楽しませて頂きたいと思います。

 

cat20191104090147cat20191104090147[1]

ギャラリー
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • LMZaプレイヤーAndroid用のMDXプレイヤー(X68000のLMZ2後継)
  • 4759Playerのファームウェアのバージョンアップ
  • 4759Playerのファームウェアのバージョンアップ
  • 4759Playerのファームウェアのバージョンアップ
  • 4759Playerのファームウェアのバージョンアップ
  • 4759Playerのファームウェアのバージョンアップ
  • 4759Playerのファームウェアのバージョンアップ
Mail
ご連絡は、こちらまで!

twitter / X68000XVI
記事検索
Recent Entries
Recent Comments
Archives