中野のレトロゲームを販売しているところで、未使用品の本体とゲーム11本付(こちらもほとんどが新品のようです)として売られていた「バーチャルボーイ」を買ってきました。
(税込み11,550円でした)

発売は、1995年の物なんですね。
最後の処分の時買うか悩んだのですが、結局買いませんでした。
今回はそのときとあまり変わらない値段ですね。

1
売られていたセット内容はこんな感じです。

3
背面はこんな感じです。ACアダプターやらは別売りですね。

2
付いていたソフトはこんなラインナップでした。
調べてみるとプレミア付いたソフトは8万円超えてたり恐ろしいですね。
戦闘機ゲームはかなり良くできていると思いますが、若かりし頃ならともかく今だと難しすぎるかも・・・(汗)昔なら思いっ切り楽しんでただろうと思うのですが・・・。

4
開けてみた感じも確かに新品みたいです。(箱はちょっと傷みかけでしたが)

5
とりあえず、電池をセットです。単三電池が6本必要です。
ACアダプターのアダプター?は付いていましたが、ファミコンのACアダプターが必要です。もう持っていないので、別途購入しないと・・・。単体で買うよりスーファミの中古とかの方が安いかも。

6
本体はこんな感じの物です。
足とかはしっかりしている感じです。

7
コントローラーはこれです。LRボタンも付いています。
電池を入れると結構重くなってしまいます。

8
ソフトはぺらぺらですね。初代のゲームボーイのソフトよりは大きめです。薄ですが。

9
ソフトの差し込み口はこちらです。抜き差しは簡単でした。

10
起動時は、注意事項が表示されます。長時間するなとか、途中で警告メッセージ出すかとか聞いてきます。

11
ソフト自体は真っ赤ですが(赤色LED)コントラストがかなり良いので、もの凄く綺麗に見えます。立体感も凄くよくわかります。

ピンボールとかも立体表示を行かした感じです。スプライトの拡大表示とかも有るようですね。音楽もステレオで良い感じに聞こえました。

これってソフト作るのが大変そうな感じですね。
テトリスとかってわざわざ立体表示にする必要もないので、どうかなって感じです。テニスとかはボールが良い感じですが。
今だとカラーに出来るのかもしれませんが、濃淡が4色では野球ゲームとか重なった表示だと見にくいとかも、考慮しないとだめ出しで・・・。

でも、対戦用に2台繋げられるし、潜水艦ゲームとか地味なゲームにどっぷり対戦・・・とかできたら良かったかな。16人対戦とかだと凄いことに!やってる姿ももの凄い感じで!・・・と妄想にふけっても仕方ないか。

11
見上げた姿もかっこいいですが、長時間遊ぶとチカチカしてくるしと、最初から普及しなさそうな感じです。周りの人からも一切画面が見れないので、孤独になってしまうし・・・。

とはいえ、コレクション的にも良いと思いますし、今見ても新しい物かと思うほど、斬新な感じはします。

ソフト集めるのは、売ってないし売ってても高そうかなぁ・・・。

こちらの方が、分解された写真まで載せられています。
バーチャルボーイ