EM・ONEで浮かれていると、会社の人が工人舎のノートPCを買っていました。
自分も発売されたときは、速攻見に行ったのですが・・・。

1
外見は、十分OKレベルだと思います。

2
倒しこんで使うスタイルも、この値段のPCとしてはよくできていると思います。

3
4
ポインティングデバイスも、まぁまぁです(画面サイド以外にもちゃんとついています)スクロールボタンがついているのがいいですね。

6
7
8
周りのインターフェイスは、充実しているし、無線LAN、Buletoothもついているし、カードスロットや、HD、メモリの容量までかなり充実しています。

9
この画面は、購入時のモードなので縮小表示のものです。
ドットバイドットで表示も当然可能です。パネルは800*480です。(カーナビ用の転用らしいです)ソフトによっては高さが480ドットでOKボタンが見えない場合とか有るそうです。

5
10
自分が断念した理由のキーボードです。見かけは全く問題なさそうですが、その入力のしにくさが半端じゃないです。こんな外見なのに、どうやったらこんなに取りこぼしするのかと、使っているとストレス爆発です。Enterキーなんて、ほんと世界一押しにくい(反応しない)キーボードかと。

Geode™ -LX800(PentiumM 200〜250MHz相当?)なので、今となっては処理速度がちょっと厳しいですが(ituneが重くて大変らしいです)こういうおもしろいPCはどんどん出て欲しいですね。
キーボードさえなんとかなっていれば、全然違う存在だったかもです。

LX800ってCPUは、486時代の設計でしたっけ?486の500MHzと思えばすごい・・・かな。

SA1F00E - 製品情報 - プロのモバイルノート 工人舎ダイレクト