発表から買いたかった物の本当に必要か??パナソの小型機待った方が良いんじゃないか?
なんて考え出すと、やっぱ高いしとかで中々買いませんでした。
とは言え、見るたびに欲しいので結局購入です。

P4124064.jpg
買ってきたのは、本体、予備バッテリー、フード、クローズアップレンズに、サッポロポテトです。
予備バッテリーは、純正ながら安いですよね。ファインダーは、見かけだけにしては高いかなぁと買いませんでした。ストロボもSB-800使えば良いかなぁと。(こちらもマニュアルにすれば普通に使えました)

P4124070.jpg
各紙で散々並べられたGR-DIGITALとDP1とサッポロポテト、バーベキュー味です。

P4124074.jpg
クローズアップレンズを付けるとこんな感じです。この姿はちょっと良いかも。

SDIM0049
これくらい寄れるようになります。

P4124078.jpg
ファームも4/11に新しいのが出ていたので、早速アップデートしました。元が判らないままのファームアップなので、変わったところは判りません。

これだけ小さいと、DP1の特徴は見えないかもですが、サンプル写真載せておきます。3つめ以外はRAWをSPPで現像です。3つめはSilkyPixで少しいじっています。やっぱ色はちょっと微妙ですよね。何となく赤っぽいし。

解像度と言うか写り自体は、他のコンパクトカメラとは別次元です。一眼レフクラスの画像素子はやっぱり凄いです。
SDIM0006.jpg
SDIM0008.jpg
SDIM0013.jpg
SDIM0021.jpg
JPGは1枚2、3MBくらいです。RAWはかなり巨大で10MBから20MB近いファイルも有りました。RAWの書き込みは7,8秒掛かるのですが、書き込み中は電源も切れないので、撮影が終わっても、しばらく待つことになります。蓋がイマイチ固いので取り付け取り外しが面倒だし、飛んでいきそうになります。蓋にヒモでも付けるところがある方が良いかな。

ちなみに、DP1のサッポロポテトとは。太陽光を入れて写すと赤くサッポロポテトのようなものが出てくるモノです。撮り方を気をつけないとです。
SDIM0021.jpg

まだ、数枚しか撮影していないので、これから色々いじります。久々におもしろいカメラかも〜と楽しみです。

---------------------------------------------------------------------
ここからは、DP1とは関係ないですが、mixi仲間の方に教えていただいたサイトです。
↓こちらのサイトで古写真に加工してくれます。
幕末古写真ジェネレーター -写真を江戸?明治期の古写真ぽくします-

↓この写真が・・・。


↓こんな風になります。おもしろい!