秋葉に行って噂のVAIO typePをさわってきました。あちこちでデモしてますね。
店頭販売モデルなので、1.33Ghzのせいかもっさり動いていました。
ソニスタモデルしか駄目かも。

で、早速1台いただいてきました。紙ですが。
DSCF9501.jpg
DSCF9504.jpg
VAIO C1に比べても1ミクロンくらいで圧倒的な薄さです。

で、久々に起動させました。98SEに載せ替えています。HDも20GBの物に交換してるためか、高速に起動します!分解はそりゃ大変でしたよ。二度としたくない。
DSCF9514.jpg
DSCF9527.jpg
デスクトップにHDベンチが落ちてたので、実行。遅すぎ。

にしても、この頃は、アイコン変えたり各種効果音入れ替えたりと、豆にやっていた物です。FireFoxも入ってましたが、バージョン1.04でした。

DSCF9549.jpg
で、なんで写真撮るのに、チラシ引いてるかと言えば、足が腐っています。ネチャネチャでさわるとべったり付いて大変です。

C1は、「腐ってやがる早すぎたんだ!」

この頃のC1は、バーコードをカメラで読み込んでソフトを動かしたり、文字認識しながら英語変換したり、いろいろ新しいことをやろうとしていましたね。結果的に残った物は無かったですが・・・。

DSCF9536.jpg
にしても、typePは小さいです。Uシリーズよりは大きいですが、その分キーボードが実用的で良い感じです。液晶は値段からして仕方ないですが、ブツブツ液晶でしたが、ワイド画面自体は違和感有りませんでした。速度の方はソニスタカスタムで、最高の物にしておけば、充分使い物になりそうでした。

ところで、typePってデスクトップ版が有ったのは無かったことに?