OKIのWIMAXルーターを使っていますが、USBの接続部分が少し当たると切れちゃったりと微妙に使えない感じになってきました。

OKIのルーターは、性能が安定してて悪くないのですが、この部分は弱いようです。お客様の会でも、輪ゴムで押さえていますと言う方もいらっしゃいました。

で、可動部分がないシンセイのルーターを買ってみました。

メーカー直販ですが、なんだか凄く売れてるようでリロードしまくりで買えました。仕事で打ち合わせ入っていなくてよかったです。<平均1日7時間は打ち合わせに呼ばれます。

DSC00459.jpg
で、頼んだら翌日速攻届きました。クレカがVISAを使えなくてちょっと困りました。使えるのはJCBとかでした。梱包は新聞紙にくるまれてました。新聞紙なくなったらどうするんだろ・・・。

DSC00461.jpg
こんな感じでテカテカです。色はUQで使うのは選べません。おっさんカラーですね。もうおっさんだから仕方ないか。

DSC00463.jpg
DSC00463.jpg
カードリーダーみたいな感じです。

DSC00465.jpg
電池はこんな感じです。別売の電池も売り切れて大変な感じです。

DSC00468.jpg
謎のスペースがあります。チマタでは熱くなるとか書かれていますが、無線LANの装置がどんな感じの温度かご存知な方なら、そんな感じなので気になる人と、気にならない人は居そうです。

DSC00471.jpg
DSC00477.jpg
電源は特殊形状。ここがかなり残念ですね。汎用USBで充電できればいいのですが・・・。一応付属のUSBケーブルでは、電源供給は出来ますが充電までは無理らしいです。

DSC00489.jpg
LEDでステータス表示です。

DSC00491.jpg
DSC00498.jpg
で、30Mも対応してるという7000に期待ですが・・・。実に普通です。同じ場所だとOKIのとあんまり変わりません。※無線LANは11n対応です。

DSC00499.jpg
サイズはかなり違うので持ち運びはかなり便利にはなりました。あとは電池かな。

DSC00513.jpg
自宅に帰って試すと・・・。遅いな。普段10M超えるのが当たり前なのに・・・。という感じで、WiMAXはまだまだ不安定ですね。


仕事でも、WIMAXの利用でいろいろやっています。KDDIのハイブリット端末ですが、これがまた電波が不安定な地域だと挙動がかなりおかしいです。

実験用にリピーター試させてもらったりしましたが、自分たちは高層階なので、遠方飛来の電波がノイズとなってむしろダメになったりしました。電波は眼に見えないので難しいですね。

WiMAXの測定器とか設置いただいたり、挙句の果てには、小型基地局まで設置していただきました。基地局はさすがにバッチリです。自分たちの部署は、さながら実験施設のような部署になってきました。なんの会社なんだか・・・。

もっとも営業現場では、WiMAXが入らないと、全国各地で苦情もまだまだ多くまだまだだなぁと思います。アンテナが倍になればいいってもんでもなさそうです。(都心部も部屋の奥だと厳しいです)田舎だと携帯でも1つのキャリアしかダメってところも多いんですね。

UQの工事の方に地下とか、じゃんじゃん増やさないのですか?と聞くとアンテナにはGPSが必要でリピーターになるが、配管の余っている地下街があんまり無くて中々進めないそうです。

などなど、物凄く細かいことまでお話しただけて良いのですが、一般の営業社員の方々には中々通じないのが悲しいところです。<仕組みとかどうでもよいから、つながるのが優先やろってね。電波の受信状態がいいところだとCDMAとか相手にもならない速度が出るだけに悲しいところです。