JTさんに送っていただいた、DOSのベンチマークを試してみました。(解説付きでお手間かけました。)一部自分のを掘り起こしたのもあります。

今回はCeleron366MHzのThinkPad240と486の33MHz搭載のPC110とを比べて見ます。ざっと考えて10倍程度の差がありますね。この辺りは数年で10倍の性能とか性能が駆け上がっていて、古い物がすぐにどうでも良くなる時代だったと思います。ここ4,5年は10倍なんて画期的な進化しなくなりましたね。ああ、スマホくらいか・・・。

めんどくさい人は動画でどうぞ

cat20160327163039cat20160327163049cat20160327163058

 

まずは、3DBENCHから。

cat20160327163135

 

ThinkPad240は、2500ですが、計測しきれてないのかも知れません。

cat20160327163147

 

PC110は192です。このベンチが出たときはこの数字でも早かったような。

cat20160327163208

 

 

・CPU000.LZH
CPUクロック数、判別プログラム。8086,80286,80386,386SX,80486,486SXの種類を判別し、クロック数を表示します。

ThinkPad240だとおかしくなっているようですね。

cat20160327163901cat20160327163958

 

・PFM_177.LZH
PFM486は386以降のx86CPU を使ったPCの外部メモリ性能を測定するソフトウエアです。

計測結果は、正に桁違いです。

cat20160327165232cat20160327165236

 

・VBENCH12.LZH
VTBENCHはDOS/Vのテキスト画面関係のスピードを計測するベンチマークプログラム。

これも、10倍以上の差が出ていますね。ThinkPad240はSVGAモードですが格段に早いです。

cat20160327165451cat20160327170053cat20160327170057

 

・VIDSPD2.ZIP
VIDEOカードの性能を測定するベンチマークプログラム。

これは桁違いとまでは行かないようです。

cat20160327170200cat20160327170445cat20160327170429

DISK系のベンチマークがCFカードで起動しているPC110で固まってしまう(遅すぎて?)のでそちらは、また別環境で試したいと思います。

 

こちらは手持ちのスプライトベンチマークです。フレームレートで200と23です。一番軽量モードなので、重い物にするともっと差が出るかも。

cat20160327171116cat20160327171120

 

MASLの森ベンチです。この辺りPC-98やX68000と比べても良いカモですね。さすがにX68だと年代的にも厳しいですが。クロック考えると良い線行くかも。

cat20160327171332

 

チャチャベンチ。

cat20160327171446

 

という感じで、取りあえず比較出来た物を置いてみました。もっと高速機でも、今度試してみたいと思います。

cat20160327171622cat20160327171632

JTさん、ありがとうございました!