8.4GB以上のHDDを使用した場合でも、古い機種だとBIOSで上手く認識出来ずに、Windows側のFDISKも釣られて、それ以上の利用が出来ないのですが、さすがに勿体ないので何とかしようと、昔のフリーソフト類のバックアップ山からIBMのHDD拡張ツールを出してきました。

cat20180909173655cat20180909173414cat20180909173436

で、色々弄ってると、Windowsも起動しなくなりました・・・。

 

仕方無いので、また一からコピーをかけます。今回もWindows10のPCからクローンさせます。そして、そもそも残りの空いたエリアはWindows98のFDISKの問題で容量が確保出来ないので、あっさりWindows10側からFAT32で確保してみました。ハイバネーション領域でエラーになっても嫌なので、後ろを少し余らせています。

cat20180909174047cat20180909174132

 

あっさりとLibretto側でも認識出来ました。12GBのものを使っていましたが、五月蠅いので20GBのものに変更しています。2.1GBから10倍ほどの容量になりますね。

cat20180909173707

 

また一からなので、CドライブはFATでフォーマットの状態に戻ったので、Windows98付属のドライブコンバータを使ってFAT32に変更します。これだけでも空き容量が増えてくれます。

cat20180909173730cat20180909173849cat20180909173916

 

FAT16のHDBENCH結果

cat20180909173816

 

FAT32変換後の結果です。

cat20180909173932

12GBのものから早くなるかと思いましたがあんまり変わらないですね。