ミニシリーズはいくつか発売されていますが、自分はC64ミニ位で、ファミコンやプレステは見送っていました。沢山売れるから箱無しとかで、そのうち安く出回ったときで良いかなと言うのもあります。

この手の機械は、レトロとして扱うのか、今の機器として扱うのか微妙な所ですが、取りあえずこちらのblogに掲載させて頂きます。

cat20190919202432

 

ゲームのラインナップを見ると、当時自分が買ったゲームと結構外れています。自分はメガドラに求めてた物がズレていたのかも・・・。

cat20190919202501

 

他にも数本有りますが、大体こんな感じです。

cat20190922121317

 

発売を延期しただけ有って、作りはかなりこだわって出来ていますよね。流行り物ですが、ちゃんと作り込まれるのは良いことだと思います。

cat20190919202827cat20190922122741

 

外れても意味の無い蓋とかも外れますし、カードリッジの蓋もパカパカします。オプションでカートリッジのガワも売ってるし、ホントよく出来ていますね。

cat20190922122251

 

ケーブルもSEGAのロゴ入りです。HDMIケーブルだけ普通のって感じでした。

cat20190922122548cat20190922122827

 

ゲーム自体の事は、あちらこちらで書かれているので、表示関係を見てみます。

HDMI出力で、720pのみ出せるようです。(CRTフィルターオンオフあり)液晶表示をメインで考えられていると思うので、それを使うのが一番だと思います。

 

と言うとそれで終わりなので、いろんな物に映して見ることにします。

 

HDMI出力なので、VGA対応のブラウン管がある人はVGA変換ケーブルを使うのが手っ取り早いと思いますが、うちの場合VGAモニターって普通のは無いのでちょっとややこしいです。

まずはBVMモニターに接続してみます。

cat20190922112041

 

2台同時に映すために、右端のHDMIスプリッターで分岐して、一台はHD-SDI入力に繋ぐために、HDMIコンバーターで接続します。もう一台はSDモニターなので、今回はコンポジット変換しました。

SD-SDIやコンポーネント入力もあるのですが、SDIの周波数変換出来る機器を持っていないのと、コンポーネント変換器は出すのがめんどくさかったからです。すいません・・・。

cat20190922111311cat20190922111336

 

HD-SDIのモニターは一応1080iまで対応で、詰まって見えるので綺麗です。発色も手持ちの液晶より綺麗に見えるのでこれが良さそうですね。

CRTフィルターは使わない方が綺麗だと思います。

cat20190922111348cat20190922111600

 

コンポジット変換は1,000円くらいの安物ですが、SDと思えば結構頑張っていると思います。480i出力のみで、240p表示出来ない時点で限界はありますが、雰囲気は悪く無いと思います。

cat20190922111500cat20190922111511

 

更にX68000のモニターに映してみます。これのコンポジット入力はかなり汚いので、スキャンラインがどうだとか以前ににじみも多くて本物っぽいです。

cat20190922112514cat20190922113118cat20190922113032cat20190922113039

 

本物のメガドラのRGB出力も試します。自分は早々にRGB環境で遊んでたのでメガドラは画質が綺麗なイメージを持っています。

スキャンラインも含めてやっぱ一番綺麗ですね。写真の写りはアレですが・・・。

cat20190922120030cat20190922120115cat20190922120157

 

HDMI-VGA変換ケーブルも試してみました。

cat20190922135345

 

手持ちのモノクロVGAモニターはVGAまでしか追いつかないため、解像度的に無理みたいです。

cat20190922135416

 

HDMI入力があるモニターにVGA入力させるのもアレですが、綺麗に映りました。ブラウン管モニターで720pに追従できる物を持っていたら一番手軽だと思います。音が問題になりますが、スプリッターなどでHDMIから先に取り出す必要がありますね。

cat20190922135401

という感じで色々な感じで映してみました。手軽なのは液晶テレビだと思います・・・。<手軽だけどうちに無いんですよねw

動画でも映しています。