1

WBR-B11の英語版中古が売っていたので買ってきました。
値段は、1,800円でした。
この機種の日本語版は元々持っていたので、中に有るminiPCIの無線LAN部分だけ抜き取るために買ってきました。

miniPCIのものでa/b/gに対応した物も4千円弱で売っていますが、
会社のノートPCに内蔵させるためにとりあえず使えて安ければいいかなぁと。

2
英語版として売っていましたが、意外と近い国の仕様かもしれません。

3
欲しいパーツは、ここに刺さっています。上部にアンテナが付いています。
(今回は使いません)

4
取り出すとこんな感じです。

5
取り付けるのは、このDELL C400です。Pentium3 1.2Gのマシンです。
メモリーを512MB増設し、HDを5400回転の40Gに変更してあります。

6
画面の根本にアンテナが内蔵されていました。
分解方法などはDELLのHPに保守マニュアルが有ります。
IBMといい便利ですね。

7
内部はこんな感じです。左上にminiPCIスロットがあります。

8
9
アンテナが来ているのではめて取り付けます。

10
ドライバーを入れて完成です。(×になっているのは内蔵LANとBletoothです)
ドライバーは、玄人志向辺りから入れさせて頂きました。

感度も良好で、便利に使えそうです。