小さいって事は・・・

ちっちゃな機械を操ろうヽ( ・∀・)ノ 〜○

アップグレード

東芝のネットブックNB100をWindows7→Windows10へアップグレード

WindowsXPのまま、HDDも交換せずに置いていた東芝の初期ネットブック(ATOMのN270です)をアップブレードしてみました。

先日ATOM+IONマシンがかなり重い感じだったので、心配しながらでしたが、バッテリーを外して置いてたせいかまだ使えるようなので余ってたライセンスを使います。

 

まずは、WindowsXPから7です。・・・が、写真を取ってないのですが、このマシンUbuntuもどきのLinuxとDualBoot仕様でした。

そっちはもうディストリビュータからも見捨てられたので今回消すことに・・・。

ただ、DUALブートって消すの一発でって行かないんですね。XPの回復コンソールをインストールして、MBRの修復を行ったら一応消せました。

消した後パーティション修正ツールでCドライブに寄せてからWindows7のインストールです。一応この機種はWindows7正式サポートなので、BIOSなどをそれように書き換えました。

cat20150823110401[1]

 

下準備してる最中もWindwosXPのパッチが当たりまくりで面倒です。サポート終了してからもIE8関連のパッチとか.Netのパッチがあるのか結構な数があたります。

cat20150823110949[1]cat20150823111516

 

で、アップグレードライセンスを使って、アップグレード開始です。

cat20150823111850

 

が、どうもライセンス認証がうまくいきません。昔使ったことがあって、その後消したから空いてるはずですが、機種が違うので弾かれるようです。

なので、オンラインでは復旧出来ずにオペレーターさんに繋がりました。

自分はアップブレードライセンスを3本買っていたのですが、メディアは一セットだけにして他はキーコードだけの購入でした。

オペレータさんは、「箱の形は何々ですね・・・」と聞くので、これはライセンスコードだけの分です。とか言っても答えて欲しいのはそういうことじゃ無いらしいです。

ライセンスコードのロック解除も、「他のPCには入れていませんね?」って聞かれて、前に使った機種のHDが飛んで消したやつです。と答えましたが、答えはそうじゃなくて、

どの質問にも「YES」と答える必要があるらしく、同じ事を何度も聞いてきます。なので箱の形が実際どうとかじゃなくて。「はい、そうです」と答えない限り進みません。

逆に、答えはどうでも良いので、手っ取り早く「はい、そうです」と言ったらすぐ終わりそうです。

最後に解除コードを教えて貰って、ダブっている物が有れば、メディアを入れて新規インストールしてくださいとのことでした。

なんだか、よくわからない感じかな・・・。

cat20150823122633cat20150823122902

ともかく、オペレータさんが出たのは初めてのケースでした。最近Windows10関係で使ってたライセンスをあちこち入れ替えてるので、またややこしい事があるかも知れません。

 

とりあえず、Windows7は入りました。XPは「Windows.old」フォルダに保存されてました。このままパッチも当てないで、Windwos10のアップグレードをかけます。

cat20150823121711

 

でまぁ、シーケンシャルの最高速でも50MB位しか出ないHDD(120GB)のままなので、かなり時間が掛かった物の10も入りました。デバイスで認識しない物も無く音もちゃんと出て、無線も繋がりました。

Windows.oldをみると7が入っているようで、XPはどこえやらって感じになっていました。

cat20150823144742[1]

OS自体は綺麗に入ったのですが、WindowsXPと7の変なブート画面が消えなくて、再起動したときだけ化け文字のメニューが出てきて起動に失敗します。DUALブート削除の回復コンソールとかが悪さしてるような気がします。

電源OFFからだと、Windows10の起動メニューが出てきて、前のバージョンのOSから立ち上げるか選ぶようになっています。

 

一気に上げちゃうと、原因が何が何だかですね。その内解消できたら何とかしたいですが、今回のアップブレードでライセンスがWindwos10に移行したはずなので、クリーンインストールするのが一番でしょうね。

cat20150823185507

動作は、思ったより遅くなくて快適では無いですが、まぁ使えるかなって感じです。1kg程で、持ち歩けるPCってもうこれ位しか無いんですよね・・・。後は1.4kg前後かバッテリー死んでるとかになります。

LOOXの液晶が溶け出さなければSSD交換考えたんですけどね〜。このマシンもSSDに交換しても良いんですが、SATA1だし、もうお金かけることでも無いかなと。

ThinkPad Edge E520とT410をWindows10へアップグレード

と言うわけで、移行するマシンはどんどん移行していきます。E520はアドビ製品も載っているので、アクティベートとかどうなるのかな?と思いつつもそのままやってみました・・・。

ちなみにこのマシンはSandybridge世代のCorei5-2520M搭載でチップセットはモバイル インテル HM65 Express チップセットの構成です。メモリーは安い時期だったので16GB搭載です。当時16GBでも4千円しませんでしたね。

始めようとしたところ、最初に出たメッセージは「システムで予約済みのパーティションを更新出来ませんでした」です。

cat20150801164440

 

どうもWindows8にアップブレードする際も出るトラブルらしいですが、システム予約エリアの空きが少ないと起こるエラーらしいです。

cat20150801174744

 

と言う事で、フリーのEaseUS Partition Masterと言うツールを使って容量変更を行いました。このマシンはSSD化しているので、その際にサイズが小さくなったんだと思います。DVDドライブも外してHDDに載せ替えています。おかげで65wのACアダプターじゃ起動できなくて90wが必要になっています。

cat20150801180318cat20150801180539

 

と言う事で、なんとかアップブレード出来ました。アドビ系も取りあえず問題無く動いてくれました。

cat20150801184925

 

ドライバー類も綺麗に入っているようでしたが・・・。

cat20150801185131

 

実際は音が鳴らなかったので、ドライバーのみ8.1対応の物に入れ替えてみたら鳴るようになりました。

cat20150801191123

 

古めのソフトも動くようです。

cat20150801185621

 

次にT410です。こちらはCPUがCorei5-450M(Nehalem世代)で、チップセットがモバイル インテルQM57 Express チップセットです。グラフィックは内蔵ではなく、NVIDIA NVS 3100Mを搭載しています。 こちらは一度リカバリーをかけて初期化してしまいました。SP1以降がアップブレード対象かと思いましたが、このままアップグレードしても問題ありませんでした。

cat20150801213940cat20150802192050

 

いやまぁ、問題無いと行っても、アップグレード直後にStartボタン押したらブルースクリーンになりましたが・・・。

cat20150801220140cat20150801220800

この後は、勝手にドライバー類がバージョンアップされ綺麗に動いています。ただ、レノボのツール類が、リカバリ直後まで戻ったので、ツールで上げようとしましたが、まだWindows10には対応してないらしく、個別でダウンロードして上げていくしか無さそうでした。

 

と言うことで、さっと上げて問題無さそうな機種は上げ終わりました。なんかレノボのばっかりですねw

Mountain Lionにアップデート& 拡張(MacBook & MacBook Air)

2012/07/25の21時過ぎにMac用のOSのバージョンアップが始まりました。5台までは1,700円と安いですが、毎年払っているのが何とも。(前回のLionは2011/7/30に購入していました。)

CAT20120725225034CAT20120725225224

当日は仕事の電話会議があり結局22時回ってからチャレンジしていました。時間的には手遅れ気味で、既にストアはパンク状態でした。エラーはいろんな物が表示されなかなか購入が出来ないのと、出来た後もダウンロード開始まで時間がかかりました。

なんとかダウンロードが始まるところで寝てしまい、翌朝見るとダウンロードが終わっていました。とりあえず、Core2マシンですが、8GBのメモリーを搭載したマシンをバージョンアップです。事前作業として数日前にメモリーとHDの交換を行っていました。

CAT20120721191911CAT20120609205001メモリーは4GBから8GBへ倍増させます。

HDの方もハイブリッドHD(Seagate Momentus XT)の750GBへ変更です。ykr414さんが間違えて購入した余り物です・・・

CAT20120721192015CAT20120721192144CAT20120721192216

ここ数年のMacBookのHDやメモリー交換は簡単で、本体付属の説明書にもやり方が書いています。

トルクスドライバーのT6だけがHDのネジのために必要です。

CAT20120721192401CAT20120721192428

 

自分の場合、ここ最近はAppストアで購入したアプリくらいしか無いので、新規にリカバーから行いました。

CAT20120721194620

 

終わってLionで無線LANなどの設定だけ入れておいておきました。

CAT20120722111045

 

話はそれましたが、MountainLionのインストールです。始まると時間が出ますが30分程でしたが、実際は45分くらいかかりました。

CAT20120726071338

 

無事終了。デフォルトの壁紙が変わるんですね。速度的に早くなったとか遅くなったというのはあまり感じませんでした。HD分くらいは早そうですが、もともと遅いと感じてなかったからかもしれません。バージョンアップ後はiMovieやApertureのバージョンアップが有りました。システムのアップデートもみんなAppストアにまとめられてしまった感じですね。

CAT20120726153030

 

続いて購入時にケチって2GBのメモリーしか積んでいないMacBookAirもバージョンアップです。

CAT20120727225836

こちらはSSD搭載ですが、30分ほどはかかったと思います。

心配していたメモリーの量はLionの時とあまり状況は変わらずです。ブラウザーとメールを立ち上げると500MBくらいの空きでした。

CAT20120728103624CAT20120728103756

1万円削って、メモリー増設しなかったのは失敗ですね。Lionの時からメモリーがきつく、いろいろ立ち上げるとすぐに振り切りそうです。速度も時々引っかかりますが、SSDが早いおかげで何とか実用です。Lionからアップデートして使い勝手が極端に劣化しなくて良かったです。

ちなみに、8GB搭載マシンの起動時はこんな感じです。さすがにこれくらい有ればスカスカですね。

CAT20120728104145CAT20120728103702

2GBだとこんな感じです。Lionで問題なく使ってる人なら状況はあまり変わらないと思います。

 

CAT20120728104104

と言うわけで、2台バージョンアップ完了です・・・。

 

CAT20120728124706

悲しいのがEFIが32bitと言う理由で、うちのMacの中では一番CPUクロックの高い「Early2008 MacBook」がここで脱落です。CPUは対応しているのに残念。Windows機だ64Bit対応の辺りってCPU位しか気にしなくて良かったのにちょっと残念です。

 

うちって、まだまだ殆どがCore2機なので劇的に早くなった訳じゃ無いCoreiシリーズじゃ無くても使い続けたいなぁ〜。

ギャラリー
  • ノーブランドの10.4インチスクェア液晶モニター
  • ノーブランドの10.4インチスクェア液晶モニター
  • ノーブランドの10.4インチスクェア液晶モニター
  • ノーブランドの10.4インチスクェア液晶モニター
  • ノーブランドの10.4インチスクェア液晶モニター
  • ノーブランドの10.4インチスクェア液晶モニター
  • ノーブランドの10.4インチスクェア液晶モニター
  • ノーブランドの10.4インチスクェア液晶モニター
  • ノーブランドの10.4インチスクェア液晶モニター
  • ノーブランドの10.4インチスクェア液晶モニター
  • ノーブランドの10.4インチスクェア液晶モニター
  • ノーブランドの10.4インチスクェア液晶モニター
  • バッキバキのFMV-5100NC/Sを組み立て直しました。
  • バッキバキのFMV-5100NC/Sを組み立て直しました。
  • バッキバキのFMV-5100NC/Sを組み立て直しました。
Mail
ご連絡は、こちらまで!

twitter / X68000XVI
記事検索
Recent Entries
Recent Comments
Archives