小さいって事は・・・

ちっちゃな機械を操ろうヽ( ・∀・)ノ 〜○

240

MS-DOSとWindows3.1のセットアップ

ちょっと頼まれごとがあって、久々にDOSのセットアップを行うことになりました。ついでなので、1台DOSマシンを作ることに・・・。

丁度ThinkPad240だとSVGAなのでDOS向きかなぁと。

cat20141214111802cat20141214111852

必要なファイルを集めます。USBメモリーは64GB。この240に内蔵のHDDは6.4GBです。

 

DOSフロッピーの作成から行います。未開封は当分未開封のままにで行こうと思うので、テックネットのファイルを使います。

cat20141214112049

 

WindowsMeのディスクを、別のHDDに交換です。交換したのも6.4GBのものです。このクラスはそこそこ余っています。

cat20141214113243

 

DOS6.2のセットアップからです。フロッピーは6枚組です。

cat20141214113720cat20141214114158cat20141214114209

DOSは3.3くらいまで98で使った後、5とか6はセットアップの記憶があまりありません。こんなゴージャスなセットアップだったんですね。

先日記事にしてませんが98のDOS環境も作り初めて、そっちもDOSなのにフロッピーが沢山必要でした。

 

で、こっちも順番にセットしていきます。今登録するとチャンスだそうです。

cat20141214114225cat20141214114400

 

セットアップが終わったけど、なぜか英語のまま・・・。CONFIG.SYSとか化けてます・・・。

cat20141214115501

 

別のPCにつなぐと中身が見えないです・・・。

cat20141214120214cat20141214120258

 

 

で、思い出したのですが、このHDDBIOSロックかけてました。そういうのも忘れてしまっています。

cat20141214120930

 

仕方無いので、解除してDOSも変なので、お代わりしてみました。

cat20141214121651

 

今度はちゃんと日本語環境で上がってきました。

cat20141214122712

 

DOSの一部のファイルを別のPCから直接コピーしておきます。

うっかりロングファイルネームとか使って面倒でした。ファイルのやりとりがフロッピーって遅いし容量が少ないし大変ですね。

SCSI環境設定してMOくらい使えるようにしようかな。

cat20141214125220cat20141214130626

 

で、続いてWindwos3.1をセットします。こちらもドライバーの準備が出来てないので、素の状態です。SVGAの16色で音も鳴りません。ドライバー類は、まだどこかに落ちてますかね。

cat20141214131034cat20141214131237cat20141214131923cat20141214132158

Windwosの終了方法も忘れかけています。

 

取りあえず。すっからかんなので、もう少し環境を構築してみます。DOS環境のバックアップMOが見つからなくて、ちょっと困った感じです。あれがあればコピーだけで必要なフリーソフトも組み込まれるのに・・・。

cat20141214132236

 

で、手元に残っていたDOSゲームも試してみます。DOSはCD使う頃のまでいくつか残っているので、遊べそうですが、TFTの液晶で見たらエミュレータでやってるのと変わらないですね。むしろエミュレーターの方が色々便利ですが・・・。

cat20141214130425cat20141214132527cat20141214133051

もう少し、環境整えるのにはリハビリが必要ですね。

IBM ThinkPad 240を簡単にレビュー

ThinkPad X240sの書き間違いじゃ無くて、昔のIBM ThinkPad 240のお話です。

Youtubeの方で、X240sのレビューを作っていたときに、押し入れから出してきました。

久々に出てきたので、片付ける前にネタにします。最近Youtube側と、ここのblog連動してませんでしたね。(汗

 

ThinkPad 220は欲しかったけど買えず、230csとかも欲しいけど、やっぱ高い感じで買えず、240は当時安かったけどやっぱり買えず・・・。

しばらくしたら中古が安かったので、手に入れて・・・。その後、貰ったりであれよあれよと5台も転がっています。しかもCPUが違う物の全部無印240です(汗

なので、全部SVGAマシンだったりします。

cat20130908213411

 

Xシリーズのご先祖様ですね。X20も持っていたのですが、貸したまま去って行きました。

下の写真は、X61と並べています。X61よりさらに小さいですね。X41はTabletしか持ってないので比べれずです。

cat20130908213519cat20130908213537

今見るとミニチュアPCって言う感じで、よく出来ています。バッテリーの持ちが良ければ最高だったのですが。これは中型バッテリーを付けています、重さは1.5kgに近く成ってしまいます。

 

写真のがキーボードも一番綺麗ですが、久々に使って見ると数字の「1」が効きにくかったです。悲しい。

cat20130908213545

 

今の人にはよくわからないかもですが、PS2端子が付いています。主にマウス用ですね。コレが出たときは、Windowsも98だったので、USBの存在は微妙でした。

Meを入れたのは、USBを使いたかったからです。自分の自作機ではエクスプローラーが落ちまくって困ったWindowsMeでしたが、この240に入ってるのは、なぜか安定志向でブルースクリーンを見たことが無いです。<-すごいことだと思います。

cat20130908213622cat20130908213720

後ろの口はLAN端子と思いそうですが、モデムです。有線LANも無線LANも内蔵していません。無線LANカードを束ねておいてたのですが、引っ越しでまとまって行方不明です・・・。

 

レガシーポートの集まりですね。

cat20130908213740cat20130908213900

問題なく起動もしてくれました。ATA33マシンなので、SSD化も勿体ない感じですが、この頃の物にはCFでSSD化が多いようですね。

うちにあるマシンを数台見ましたが、最高でも12GBのHDDしか積んでいませんでしたのでCFで充分です。でも、CFも疑似SSDに出来る物が最近減ってるんですよね・・・。

 

プログラムも小さいので、起動自体は気になるほど遅くは無いです。IPL自体の方が時間がかかってる感じです。

cat20130908213918cat20130908213932

ぼろいので、がりがりと五月蠅いです。

 

とりあえず、つけて見ると丁度95、98se、Meが入っていました。

cat20130908214322

 

中身は昔のアプリで構成されています。acrobatも4とか、ノートンとかもの凄く古めかしいです。

WINAMPとか懐かしい。しかもカスタマイズしてるし。

曲はなんか微妙に新しいようなで何でこんなの入ってるの?って感じですが・・・。

cat20130908214723

 

仕事では、IE6からIE8化で莫大な費用が発生すると話題が上がっていますが、このマシンでさえもIE6載ってるし・・・。

何年も放置しすぎですよね。

cat20130908214850cat20130908214902cat20130908215155

と言う感じで、またしばらく眠りについて貰おうかと思います。

ギャラリー
  • ZenFone 3 Ultra(6.8インチのファブレット)をレビュー
  • ZenFone 3 Ultra(6.8インチのファブレット)をレビュー
  • ZenFone 3 Ultra(6.8インチのファブレット)をレビュー
  • ZenFone 3 Ultra(6.8インチのファブレット)をレビュー
  • ZenFone 3 Ultra(6.8インチのファブレット)をレビュー
  • ZenFone 3 Ultra(6.8インチのファブレット)をレビュー
  • ZenFone 3 Ultra(6.8インチのファブレット)をレビュー
  • ZenFone 3 Ultra(6.8インチのファブレット)をレビュー
  • ZenFone 3 Ultra(6.8インチのファブレット)をレビュー
  • ZenFone 3 Ultra(6.8インチのファブレット)をレビュー
  • ZenFone 3 Ultra(6.8インチのファブレット)をレビュー
  • ZenFone 3 Ultra(6.8インチのファブレット)をレビュー
  • Geforce NOW ベータテストを試しました。
  • Geforce NOW ベータテストを試しました。
  • Geforce NOW ベータテストを試しました。
Mail
ご連絡は、こちらまで!

twitter / X68000XVI
記事検索
Recent Entries
Recent Comments
Archives