小さいって事は・・・

ちっちゃな機械を操ろうヽ( ・∀・)ノ 〜○

BVM

SONY BVM-D9H5J(業務用小型ハイビジョンモニター)を購入しました。

SD対応のブラウン管モニターのBVM-9045QDは以前から持っていますが、やっぱりハイビジョンクラスも見たいなぁと言う思いが、中々断ちきれなくてとうとう購入してしまいました。本当なら14インチくらい無いとハイビジョンも何もって感じはあるのですが・・・。

今回購入したのは、9インチのDVM-D9H5Jと言う小型のモニターです。拡張ボードの着装状態によりますが、スキャン範囲が15kHzから45kHz程度のマルチスキャンモニターです。PVMシリーズより上位の物が、BVMシリーズですが、正直このサイズだと殆ど変わらないと思います。今回はハイビジョンの16:9のマスクが付いた物ですが、ブラウン管自体をカバーで隠しているだけで、中身は4:3のブラウン管です。ハイビジョン入力時の水平解像度は360本程度と、垂直も640程度ですかね〜。

cat20181202074947

 

ハイビジョンタイプは、背面にスロットがあり、今回購入分はHD-SDIと、コンポーネント(+RGB)の2枚のボードが刺さった物になります。他にコンポジットやSD-SDIのボードなどが付いた物があるので、買うときは注意です。

cat20181202075132

 

背面はこんな感じです。2スロット使用しているのがHD-SDIのボードです。

cat20181202075245

 

どれもBNC端子なのでHDMI接続するには、変換が必要です。

cat20181202075705

 

安物ですが、このサイズだとこれ位の物でも充分綺麗な感じに見えます。以前2千円ちょっとでAmazonで売られてたのですが、少し値段が上がったようですね。

cat20181202075708

 

プレステ3を接続します。このモニターはハイビジョン対応と言っても1080iまでの対応となります。小さすぎるからか、インターレス感は殆どありません。また、720Pで入れるより動画を見てる感じだと1080iの方が綺麗に見えました。SDIコンバーターは、EDIDをちゃんと出してくれないので、事前にPS3は手動で解像度をセットしておかないと、オートで1080Pになってしまい映らないです。

cat20181202080023

 

PS3でPS1のゲームをすると更に小さい画面になってしまいます。この辺りは、4:3のSDモニターで遊ぶのが良さそうですね。

cat20181202080641

 

PS3からAmazonプライムも見れるので、ハイビジョン動画が気軽に見えるのが良いです。

cat20181202091000

 

コンポーネントも試します。モニターの設定でコンポーネントか、RGBか等を設定します。まぁマニュアルも落とせますが、メニューから簡単に設定できるレベルでした。480iから1080iまでは、大丈夫みたいです。RGB入力も試したいところですが、混合同期をBNCケーブルで引っ張り出す必要があるので、PC-98とかつなげる場合はケーブルを作らないと駄目かもです。スキャンコンバーターでその辺りは変換できますが、折角のアナログなので、直入れたいですよね。

cat20181202081422cat20181202082606

 

今回のモデルは外装がかなり痛んでいたので、外せるところを外して、綺麗にしてみます。前のガードを外して4:3との焼けも見てみましたが、思ったよりは差が無かったです。交換用の枠も欲しいところですが、単品だと高いカモですね。

cat20181202132015cat20181202132840

 

使用時間を表示させると9,200H程です。業務用なので、これ位は仕方無いですね。

cat20181201195314

 

ハイビジョンユニットはファンも付いてるようで、ホコリが溜まっていました。ファンの風切り音はPS3程では無いですが、他に音が出ないデバイスからの再生だったりしたら気になるレベルでした。

cat20181202130522

 

角もガリガリやってる感じで所々サビが目立ちます。出っ張ってるのはACアダプターです。SDモデルと違って電源が別に出てきてしまっています。

cat20181202130258cat20181202130242

 

把手や、前面のパネルは外して石けんでゴシゴシ洗いました。

cat20181202140506

 

ホームセンターに行って、塗料も買って来ました。角の削れてサビっぽいところを塗っていました。黒いところはマジックで塗っています。まぁコレでも馴染めば、そこそこ見れるように感じます。

cat20181202134126cat20181202143420cat20181202090145

 

と言うことで、自分で撮影した動画とかでも、ブラウン管だとホント綺麗に見えますね。水平解像度が低すぎる物の、SD画質とは全然違って見えるのがよいです。

さすがにこれでブラウン管集めは終わりかな・・・。大きいと捨てるときのお金も掛かるしで。次は有機ELのプロモニターが安くなるのを待ちますかね。10年後・・・?

cat20181202143303

動画でも紹介しています。

HDMI to SDIコンバーターを使ってみました。

HDMIをSDI変換するコンバーターを買ってみました。Amazonで売っている中国製の物で、2,300円程でした。業務用機器なので、それなりの物を買うと1万円はすぐに超えてしまいますが、中国製の物は凄く安いですね。ちなみにSDIは、BNCケーブルを使ってデジタルで映像や音声を伝送する、HDMIの業務用規格みたいな物です。HD-SDIと言う規格が、ハイビジョンの物になりますが、今回BVM-9045QDに接続するので、480iのSD-SDIと言う物になります。

物はこんな感じで、片方がHDMIの入力になって、反対側がBNCのSDI端子になります。(形は同じで逆方向の物もあります)安い代わりに、スケーリング機能が無いので、SD信号で入ればSDのまま、HD信号で入ってきたらHDのままって言う感じです。この辺り検索してもあまり情報が無くて、最初よくわかりませんでした。デジタル同士の変換なのですが、コンバーターによって画質劣化はあるそうです。

cat20180217112258cat20180217112341cat20180217112412cat20180217112426

 

BNCケーブルも中国製を発注中ですが、到着まで2,3週間かかります。取りあえずピンケーブルを変換して接続します。

cat20180217123751

 

BVM9045QDの背面はこんな感じで、入力がS端子、コンポジット(BNC端子)、RGBかコンポーネント、SDIとなります。

RGBは、複合同期信号のみ受け付けられます。PVMやBVMシリーズでも、セパレートの信号で受けるタイプもあるので、機種ごとに確認が必要です。

PVMとBVMの差はBVMがより業務特化らしいのですが、それぞれ同時に比べてないので、あんまり違いはわかりません。

9インチのPVMだとスピーカー内蔵って事ぐらいですかね。ちなみに出力端子にターミネーターつけてますが、並並マークが入ってるので、オートターミネートらしく、本来は必要ありません。

cat20180217160803

 

そして接続です。最初HDMIから480i(15kHz)の出力方法が、GeforceのHDTV対応モデルで無いと駄目だと思って、Geforce内蔵の機種で色々やってましたが、何のことは無くintelの内蔵グラフィックで設定がありました・・・。

モニター側がオーバースキャンだとはみ出しますが、アンダースキャンでスッキリ合うように調整しています。

cat20180217124018

 

Windows10の場合、モニターのモード一覧で強制的に切り替えれば15kHzが出力出来ます。15kHzで出力は、他に古いGeforce(2xx番台まで)やRadeonで、コンポーネント出力させることで、アナログ入力も出来ます。エミュレーター用に240Pしたい場合でも、HDMIがサポートしてないようで、検索してもアナログ出力させるのしか見つけれませんでした。(デジタルで出力させる方法をご存じなら教えて欲しいです〜)

cat20180217124645

 

インターレス表示になりますが、ビデオを見るにはこちらの方が良いと思います。モニター側のRGBとコンポーネントの切り替えが面倒なので、ビデオを見るにはは、PC経由のSDI入力にして、レトロゲームはRGB入力か、PC-ENGINE等はコンポジットにしようと思います。レトロフリークは、HDMI出力でSD出力設定が無いのでちょっと残念、アナログでも良いので240P出力が出来ればかなり良いのですが・・・。

ビデオを見るにはAmazonプライムを活用していますが、元のソースがSDよりHDの方が綺麗ですね。SDのブラウン管なのに、すぐに判るぐらい差が出ます。SDはデジタル特有のブロックノイズみたいなもの見えるので、気になるかも知れません。これでも、当時VHSで録画した物よりはかなり綺麗なはずですが。

cat20180217124729cat20180217130554cat20180217132852

 

HDMI出力したPCは、音声出力も持って行かれるので、出力先は切り替えないと音が出なくなります。(うちのBVMはスピーカー未搭載です)

cat20180217131143

という感じで、BVMシリーズを今更買う人の参考になればです。

 

ちなみにうちの買ったモデル以降で、裏の入力端子部分が、スロット形式になってるタイプはD2(480P)入力出来るタイプのもあります。ACアダプターが別に必要だったりするので、買うときはそれらも気をつけてください。基本SDI入力+コンポジットだけの物が多くなっていると思いますので、アナログRGBで遊びたい人も、刺さっているボードの種類に気をつけてください。

ギャラリー
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
Mail
ご連絡は、こちらまで!

twitter / X68000XVI
記事検索
Recent Comments
Archives