小さいって事は・・・

ちっちゃな機械を操ろうヽ( ・∀・)ノ 〜○

ThinkPad

OS/2 WARP4をインストール・・・が上手くいきません。

GW開始なので普段やろうとして、放置してたことを色々やり始めています。

休みの初日はOS/2のインストールを行いました。

 

PC-ATの歴史みたいな物を読んでいると、PC-DOSやPS2のOS/2にも触れられていて、久々に興味が出てきました。

初期のトランジスタ技術のSPECIAL版はパソコンネタも多くて面白そうな物が多いですね。再販して欲しい・・・。

cat20190427140841cat20190429180911cat20190429180939

ターゲットはThinkPad600XにOS/2のWARP4のインストールです。

 

うちに有った3台の600Xのうち2台は液晶モニターがビネガーで駄目になっています。1台は外装のベタつきも酷かったので、廃棄してしまいました。

もう一台は液晶を外して予備部品に格下げです。

 

で唯一の生き残りの600Xです。起動させるとWindows2000sp4が入っていました。

cat20190427121833

 

この600Xもそこそこ外装が痛んでいるので、出してくると、そこら中が汚れます。Twitterでニベアで拭き取れば、綺麗に取れますと教えて頂きました。

cat20190427122402

 

とりあえずHDDを入れ替えてインストールしてみます。

cat20190428082330cat20190427122938

 

最初フロッピー起動してくれませんでしたが、単にフロッピー起動設定が抜けてたので、BIOSから設定し直したら無事起動できました。

cat20190427140631cat20190427141052

 

が何度かやっても容量が無いとかで弾かれます。HDDも40GBの物2台と60GBの物で試してみましたが、どれも同じような感じで区画が上手く取れないようです。

cat20190427141142

 

にっちもさっちもなのでThinkPad240で試してみると進みました。が、こちらもCD-ROMを内蔵してないので、FDISKで区画のみ設定してみました。

cat20190427133912cat20190427134614

 

また600XにHDDをもどしてインストール開始しましたが、やっぱり途中で止まります。

cat20190427145851

 

HDDの容量が大きすぎるからかと思い、40GBのHDDを容量制限かけて4GBシュリンクさせてみて、再度一からセットアップを開始してみましたが状況は変わらずです。トドメにしかも区画が綺麗に消せなくなってしまいました。

Windows10マシンからUSB接続しても書き込み失敗とかで上手くいかないです。

cat20190428082721

と言うわけで、半日潰しましたが、結局上手くいかず。残念です。OS/2関連の情報を上げてた方々の素晴らしいサイトもジオシティーと共に結構消えちゃったようで残念です。

ThinkPad史上最強と言われている「ThinkPad P70」のレビュー

ThinkPad史上最強装備と言われているThinkPad P70をレビュー用に貸し出していただいたので記載してみます。

※レノボ・ジャパンレビュー主催レビューコンテスト応募記事です。

最新のThinkPadの箱です。いきなりですが、考えがまとまってないの?って感じの文字がバラバラになってました〜。

cat20160206122546

 

箱から取り出すと、シンプルに本体とACアダプターで、簡単に何が入っているかのリストの紙程度です。ちなみにこのP70はDirectショップのクーポンコードで割り引いても70万円程の構成です。

cat20160206130210

 

表面はピーチスキン塗装では無いのですが、表面加工で手触りが良くなっています。塗装は劣化するのでこの方が良いですよね。

cat20160206130244

 

cat20160207090748

特に変わった機構は無いです。モバイルワークステーションと言う事で、凄く仕事で使って、最高の性能で使い心地がいいってのがポイントだと思います。

 

ひっくり返してカバーを外したらストレージとメモリースロットが見えます。メモリーは64GBまであげれるので、キーボード側にもスロットがあります。

cat20160207090208

 

貸出機はM.2スロットにMVNe対応の512GBのSSDが2本です。これをRAIDで使うように設定されています。さらにHDDを搭載出来るスペースもあります。

cat20160207090231cat20160207090249

 

両側面、背面とも端子類がかなり豊富です。思いつくような端子はすべて付いていると思います。

cat20160211135658cat20160211135721cat20160211135758

 

液晶は17.3型サイズの3840×2160ドットのIPS非光沢パネルで、発色もかなり良いです。数年前からだと考えられないくらいThinkPadのモニター環境は良くなりましたよね。

Wシリーズと同じくキャリブレーションツールが内蔵出来ます。W700時台の物とも変わっていますね。

cat20160206132730cat20160206132736

 

液晶の周りは柔らかい素材で覆われています。閉じたときのガードですが、さりげなくなっています。

cat20160207090943

 

電源はXeon E3-1505M v5+Quadro M5000Mと言う事もあり230wです。でも逆に言えばこれで収まっているんですよね。

cat20160206130418

 

意外にロゴは控えめで慎ましく書かれています。ヒンジは大型と言う事もありますが、かなりスムーズで良いヒンジだと思います。こう言った所はスペック表に出ないですが大事ですよね。

cat20160207090806cat20160207090820

 

トラックポイントトラックパッド共に独立ボタンです。使い勝手優先でこの構成に戻していって欲しいですね。

cat20160207090848

 

指紋認証は、置くだけのタイプです。一つ一つが進化していますよね。

cat20160207091001

 

Quadro M5000MはカタログスペックではGeforce GTX 980M相当品の為、ゲーム用に使ってもかなりの性能ですね。

cat20160207155931

と、ここまでをまとめた動画を載せておきます。何より細部については公式のページのレビューが詳しいので、詳細はもう見られた方が多いと思います。

 

これだけじゃつまんないので、手持ちのThinkPadと比べて勝てるところ無いか比べてみます。

まずは、うちの最大級ノートPC ThinkPad W700dsです。

cat20160211123513cat20160211123910

解像度はモニター2つでも勝てず・・・Core2のクアッドモデルを搭載するも時代の流れには勝てず・・・。なによりW700はキーボードベコベコなんですよね。

 

と言うことで、小型の物と比べてみます。が・・・PC110はThinkPadじゃ無いですよね。ThinkPad220は乾電池駆動できます。勝てますね!でも、もう起動しません。塗装の劣化も激しいのが残念です。トラックポイントに唯一対抗できると思うポインティングデバイスのトラックボール内蔵です。薄くする時代には難しいですね。

cat20160211124420

 

色物?系ではX41TabletとThinkPad Helixです。X41はHDDがほんと残念です。SSD化したのですが、壊れちゃったしまたHDDに戻っています。

Helixは試作機みたいなドッキングと重さで、見栄えがどうあれTabletにしては重いし、ノートとしてはバランスが不安定で重いので、かなり中途半端です。これらは、YogaやX1Tabletの糧となっていきましたね。

cat20160211124729

 

キーボードについては、ThinkPadを選ぶ理由の一つだと思います。そこで何かと話に出るThinkPad600Xです。先日一台液晶がビネガーシンドロームになったので、うちでは残り2台になりました。

cat20160211132340

 

自分は、この600XでThinkPadで一気に気に入りました。キーボードの出来はもちろん。パーツの交換性や縁ぎりぎりの液晶などよく出来てるなと思って使っていました。

cat20160211132416

 

もちろん、P70は今風のデザインで、7段キーボードでも無いですが、自分の場合いろんな機種を触るので段数やキーの形状云々よりどれだけ押し心地が良いかの方が気になります。P70はさすがにしっかりとした物で、全く不満の無い物でした。

cat20160211132400cat20160211132717

 

cat20160211133226

14.15型のタイプも、海外では一番売れる層ですよね。これらもキーボードの世代がありますが、置くのT500はW700と同じなのでなんですが、T410やT420のキーボードもEキーが大きくてボリュームなどがまだ独立して、それはそれで良かったです。ただ、コンビネーションも慣れたら動かす範囲が狭まるので慣れ次第ですかね。T420を仕事で使ったので、実はかなり使い込んでいました。

cat20160211133119

 

EDGEシリーズは安いThinkPadなので、見かけは似てますが、キーボード自体はかなり厳しいですよね。これがThinkPadと思われるのもちょっと残念かも知れません。

cat20160211133133

 

最後に小型機です。ThinkPad240はホント大好きで気がついたら5台にも成っていました。未だに毎週のように色々使ってたりします。DOSなのにSSD化したりですからね〜。

X61もモバイル機として使っていましたが、今となっては重いのとバッテリーの時間が厳しいですね。最も形状がこのままで軽量になりバッテリーが持つのが出たらもの凄く嬉しいです!あ、でもX1ならどっちも超えてるからX1の方が良いですねw

cat20160211133510

 

240のキーボードはツメツメなので、使いやすくは無いのですが、なんせよく使うのでもう慣れました。

cat20160211133543cat20160211133553

 

という感じで、まだまだ枠に収まらなかったThinkPadもありますが、キリが無いのでこれ位にします。

 

と言うことで、様々なThinkPadが生まれてきて、それぞれが持っていた欠点などを、細かく改良していってそれらの集大成として出来たのが今回のP70なのかな思います。

cat20160211133959

秋葉原のダイビルで行われたLenovo ThinkPad 「X1 ファミリー 発売記念イベント」

2016/3/5にThinkPadユーザー向けに行われた、X1ファミリー発売記念イベントの様子です。

会場は秋葉原のダイビル2Fで行われました。その様子を記載していきます。

※こちらの記事はレノボ・ジャパン主催のレビューコンテスト応募記事です。

cat20160305124041

X1と言えばついつい8bitパソコンの某シリーズが思い浮かんで仕方無いですが、Javaと聞けばジャバザハットが出てくるのと同じで、その年代なので仕方無いですよね。

cat20160305130523

イベントは、新製品の紹介が行われ、その後かなりの時間タッチ&トライで実機が触れました。

cat20160305131519

最初は、新型のX1Carbon、Tablet、Yogaの説明です。

cat20160305131617cat20160305131630

ThinkPadについてです。エベレストも国際宇宙ステーションにも行っていますよね。ただ、やっぱ重いってのは職場でも良く聞きます。また、ThinkPadは、トラックポイントでハマる人とハマらない人での色分けがあるような気もしています。

cat20160305131641

その中でも重量については、今回の新製品で一気に1.xkg台にまで成っています。しかも14インチクラスでこれなので、格段の進歩と思います。もちろん高級機のシリーズですので、この軽さが出来たのでしょうけど、今まで殆どなにも選択出来なかったのが、液晶の質も上がったかと思えば、これで重量クリアしてきましたよね。この流れがボリュームゾーンのXやTまで来たらあれこれ言われることはかなり無いと思います。

cat20160305131708

今回は、YogaやTabletがかなり押しのようですが、X1と言えばCarbonでこの軽さは持ったら本当にありがたい重さに感じると思います。今回紹介されていませんでしたが、キーボードもテカテカにならないように工夫されたキーボードでとても良い物に仕上がっていたと思います。周りが派手なので地味に見えますが、確実に進化して行った良いマシンだと思います。

cat20160305131729

YogaからはCarbonと言う言葉が抜けていますが、実際はCarbonが使われています。こちらは有機ELパネル搭載モデルも後から発売となるため、そちらが一層注目されますね。もっともペンが使えたりノーマルCarbonにタッチモデルが無くなったので、そちらの引き受けにも成りますね。そしてこれも軽量なのが良いです。自分はYoga11sと言うideaPadを使っていますが、やっぱ変形する事はロマンですよね(謎

cat20160305131828

X1Tabletについては後でも紹介がありますが、Helixの進化版にあたる物です。うちの人がHelix持っていますが、キーボードをつけるとかなり重いので殆ど持ち運んでいませんでした。

cat20160305132020

今回はレノボの営業系の方だけで無く、開発部隊の木下さんも来られて話されていました。

cat20160305132248cat20160305132405

TabletがCoreiシリーズでは無くCoreMにしたのは、出来ないと言うよりそれをわざと選んでるという話でした。Tabletで使う層はOfficeアプリケーションを使う層が多いので、熱効率などを考えるとCoreMで充分と言う話です。自分もCoreMどころか今のATOMでもかなり行けると思っているので、それ以上の性能ってのは歓迎です。ただやっぱり値段がハイエンドになってしまいますよね。ある程度雑に扱えるところもTabletの良さなのであまり高いと・・・と考えたりはします。

cat20160305132957

また、Tabletはかなり数のオプションが発売され、次の世代もこのマウントは変えないとのことです。オプションが色々あるのは楽しいと思うし、自分も良いと思いますが、このドッキング部分のカバーを外して付け直すのがちょっと残念ですね。Zガンダムとリ・ガズィみたい感じですかね。わからんて。

後、このTabletのキーボードは本当によく出来ていました。薄いし軽いのにちゃんとThinkPadしています。これだけ別で発売して欲しいと思うくらいと思います。他メーカーの機種でも是非使いたい・・・。

cat20160305133425

次はX1のデスクトップモデルです。

cat20160305134750

ThinkCentreX1です。こちらも液晶一体型と言えばそうなんですが、綺麗なモデルとなっています。唯一トラックポイントを搭載していないX1シリーズとのことです。自分は自作機にもトラックポイント付きのキーボードを使っているので、付けても良いと思うのですが・・・。元々ThinkPadにはマウスで手が離れるのが云々っていう話も合ったと思いますが、自分はまさにそれで、マウスに手を伸ばすのが面倒なのでデスクトップでもトラックポイントを使っています。ゲームや、ファイル操作だけの時はマウスなんですけどね〜。

cat20160305134911cat20160305135259

モニターにもX1の名前のモデルがあります。

cat20160305135410

次はThinkPad Pシリーズです。前にP50/70の時にも話されていましたが、追加でP40 Yogaの紹介でした。Yogaはシリーズが多めになったのでちょっと判りにくくなったかも知れませんね。

cat20160305135733cat20160305135822cat20160305140241

この辺りは、X1と違って更に専門職で使われる想定の機種ですね。

周辺機器もX1の名前が付いた物が出ているので合わせて紹介されました。

cat20160305141824

こちらも視聴したのですが、確かにいい音していました。もっとも1万円程するので、音にこだわる人は音響メーカーの物を選びそうなので、X1で固めたい人用ですかね。ここまでX1にする必要は?と思うところはあります。

cat20160305141856

マウスは前にも紹介しましたが、ひっくり返すとトラックパッドの様に使えます。これも某x68・・・いや、何でも無いです。表がクリック感も薄いので、コレクターズアイテムかなって気もします。

cat20160305142241

WiGigは質問も多かったし評判が良いみたいですね。近づくだけで周辺機器と連動するので便利だと思います。これ自体も電源が必要なので、モニター辺りとうまく融合してくれると良いと思うのですが、まだ出始めなのでって事ですかね。

cat20160305142354

Stack用のプロジェクターなんかの紹介もありました。このシリーズはこのまま揃えていくと最後にはタワーになっていくのでしょうか・・・。

cat20160305142551

最後に土居さんが話されました。

cat20160305142721

さすがに様々なThinkPadを使われているので、各製品詳しいですよね。

cat20160305142814cat20160305143337

先日はYoga260を使われているとの事でしたが、X1 Yogaに変わったそうです。プレゼンで使うにもわかりやすい機種だからとか。

cat20160305143503cat20160305144113

最後はQ&Aセッションです。Yogaの有機ELはペンタイル?(答えは後日)WiGigを使うにはどのオプション?とかTabletのLTEモジュール搭載モデル発売は?(法人モデルのみ予定)など質問はかなりの数が出ていて、沢山答えられていました。

タッチ&トライです。かなりの数が持ち込まれていて参加人数も多かったのですが、充分触ることが出来ました。

cat20160305154350cat20160305152902cat20160305130543この有機ELはかなり離れてても圧倒的な鮮やかさで目立っていました。これを見てしまうと他が褪せて見えますが、もちろん液晶モデルでもかなり良かったです。

Carbonは地味ですが、軽くなったし良いマシンだと思います。今回は指紋認証のパーツも代わり便利になっています。

cat20160305130619Tabletはいろんなパーツって付くってのが、なんだか日本的な感じがします。接合部分が重ね重ね惜しい気がしますが、キーボードを付けても軽量ですし標準構成で使えばこのキーボード有りで使いやすそうでした。スタンドもしっかりしていますが、納めたときの美しさはちょっと無いかなって感じではあります。

cat20160305153703cat20160305130624cat20160305130956

この中身が見えてるモデルではHuaweiのLTEのモジュールが付いていました。

ThinkCentre X1はちょっと話が広がりすぎかなって気もしますが、デザイン性も考慮したモデルと言う事でX1なんですよね。キーボードやマウスはもう少しX1らしさがあった方が良いと思います。何だかそのあたり手抜きっぽくて・・・。

cat20160305130929cat20160305152231

X1シリーズはロゴまで変えてかなり気合いを入れたので、発表会も華々しいし、実際良いモデルが出てきたと思います。ただ折角のブランドなので、もう少し細かいところもこだわって、X1シリーズは液晶パネルの色温度まで揃ってるとか(並べただけでバラバラだったので)、少し見ただけでX1は違うなと言う徹底的なこだわりが欲しかったようにも思います。この辺りはまだ大量に売る必要があるのでと言うことで、こだわり切れてないようなお話もされていました。周辺機器までX1を付けるのであれば、是非究極の何々みたいな感じにしていって貰いたいですね。

その他の周辺機器も展示されています。

cat20160305131037

このプロジェクターはAndroid搭載タイプのようで、これにUSBメモリーをさしてあれこれ出来るようになっていました。いっそのこと本体もこのサイズに出来ないのですか?と聞くと、あくまでも周辺機器なので、そこには手を出せない社内事情が云々・・・。そりゃそうですよね。

cat20160305130631cat20160305130640

モニターにWiGig搭載タイプが出てくれるとかなり便利だと思うのですが、まだまだ冒険してる製品ではあるので一足飛びには難しいようです。

cat20160305130652cat20160305154010

Pシリーズの展示もあります。これはP70。これ位の性能があれば、動画編集やらなにから色々便利なのですが。やっぱお値段もヘビー級なので中々手が出ません。

cat20160305130658

こちらが話にあったP40 Yogaです。Yogaは260やらX1やらコンシューマ向けもあってラインナップが多すぎて判りにくいです。

cat20160305130702cat20160305130713

P50sもありました。sシリーズもTにもあるので、ちょっとラインナップが複雑かも知れませんね。

cat20160305130717

こちらは普通のYoga260です。これが出た時も凄く軽量になったのでこれでいいやなんて思いましたが、その後の展開が早いですよね。

cat20160305130844

微妙に紹介されていませんがT460sもありました。このモデルはちょっと設計が先に行ったものらしいのですが、詳細はわかりませんでした。HDDも今後消えてくるとsシリーズばかりで良いのですが〜。

cat20160305152419

Eシリーズは液晶とか相変わらずでしたが、キーボードは安いモデルなりに改良されているのか自分のE520なんかよりはかなり良くなった感じがしました。

cat20160305130553

その他ワークステーションの展示もありました。

cat20160305130914cat20160305130906

タッチ&トライの時間が本当に長かったので、Lenovoの方々とも沢山話をしながら見れたのが良かったです。

cat20160305151433

会場はこんな感じで、かなり沢山の人が来られていました。少し寂しいのは昔のこう言うイベントでは、自分の好きなThinkPadを持ち込んで勝手に語り出すくらいコアなThinkPadFANの方々が来ていたのですが、今回は残念ながらそういう雰囲気でもなかったです。もっとも隠し持ってる熱い人も、大勢の人が居たので埋もれていたのかも知れません・・・。 会場の雰囲気はこんな感じでした。

ThinkPad T500 を頂きました。

なんだか、週末頂き物ばかりです。

ここを見てくださっているKoukさんと久々に会うことになりお渡しする物が有ったのですが、戻ってきた物の方が多いというw

 

と言うわけで、「ThinkPad T500」です。15インチクラスのCore2搭載機です。液晶は1280*800でした。LEDライトっぽい明るさだったので古さを感じないです。

最近の15インチはクラスはテンキーが付いたのが多いですが、この頃のはテンキー無しで左右が空いていますね。Windows7のライセンスシールが貼られていたので、後期のモデルだと思います。

液晶の解像度がそんなに高くないこともあって、久々に大きな文字表示の物を見た感じです。

cat20151004112319

 

パームレスト周りは少しくたびれていますが、年代を考えると綺麗な方ですよね。

cat20151004112340cat20151004112352

T61からデザインは殆ど変わっていませんね。うちのCore2搭載ThinkPadがまた増えた!って感じです。Core2マシンって、うちではかなり多いです。

この頃のPCの唯一弱点だと個人的に思っているのは、SATAが遅いのでSSDに変えても、最速にならないところがちょっと残念です。それ以外は、Core2って今でも十分じゃ無いかと思っています。

検索したらフルHD再生が出来ないハズですとか、色々書かれていますが、それってPentiumM時代の話で、このクラスだとCPUはある程度使うものの、引っかかった覚えなんで無いと思います。

まぁ、ヤフーの知恵なんとかなんてあんまり当てにならないですよね。

 

で、早速起動させると、なんかうちの銀色のパソコンみたいな絵が出てきました。

cat20151004112903cat20151004115643

 

なんか、ちょっと夢を見てたみたいなので、HDを別のに載せ替えてライセンスの余っていたOSをセットしているところです。

cat20151004143939

なんだか頂き物続きですが、皆様本当にありがとう御座いました。

ThinkPad Edge E520とT410をWindows10へアップグレード

と言うわけで、移行するマシンはどんどん移行していきます。E520はアドビ製品も載っているので、アクティベートとかどうなるのかな?と思いつつもそのままやってみました・・・。

ちなみにこのマシンはSandybridge世代のCorei5-2520M搭載でチップセットはモバイル インテル HM65 Express チップセットの構成です。メモリーは安い時期だったので16GB搭載です。当時16GBでも4千円しませんでしたね。

始めようとしたところ、最初に出たメッセージは「システムで予約済みのパーティションを更新出来ませんでした」です。

cat20150801164440

 

どうもWindows8にアップブレードする際も出るトラブルらしいですが、システム予約エリアの空きが少ないと起こるエラーらしいです。

cat20150801174744

 

と言う事で、フリーのEaseUS Partition Masterと言うツールを使って容量変更を行いました。このマシンはSSD化しているので、その際にサイズが小さくなったんだと思います。DVDドライブも外してHDDに載せ替えています。おかげで65wのACアダプターじゃ起動できなくて90wが必要になっています。

cat20150801180318cat20150801180539

 

と言う事で、なんとかアップブレード出来ました。アドビ系も取りあえず問題無く動いてくれました。

cat20150801184925

 

ドライバー類も綺麗に入っているようでしたが・・・。

cat20150801185131

 

実際は音が鳴らなかったので、ドライバーのみ8.1対応の物に入れ替えてみたら鳴るようになりました。

cat20150801191123

 

古めのソフトも動くようです。

cat20150801185621

 

次にT410です。こちらはCPUがCorei5-450M(Nehalem世代)で、チップセットがモバイル インテルQM57 Express チップセットです。グラフィックは内蔵ではなく、NVIDIA NVS 3100Mを搭載しています。 こちらは一度リカバリーをかけて初期化してしまいました。SP1以降がアップブレード対象かと思いましたが、このままアップグレードしても問題ありませんでした。

cat20150801213940cat20150802192050

 

いやまぁ、問題無いと行っても、アップグレード直後にStartボタン押したらブルースクリーンになりましたが・・・。

cat20150801220140cat20150801220800

この後は、勝手にドライバー類がバージョンアップされ綺麗に動いています。ただ、レノボのツール類が、リカバリ直後まで戻ったので、ツールで上げようとしましたが、まだWindows10には対応してないらしく、個別でダウンロードして上げていくしか無さそうでした。

 

と言うことで、さっと上げて問題無さそうな機種は上げ終わりました。なんかレノボのばっかりですねw

X41tのHDDバックアップ&入れ替え

JTさんがなんと剛速球で、1.8インチIDEのHDDを送ってくださいました。

話が出たら、翌日にはまた届けて頂けるという・・・。ありがとうございました。

そう言えば今日が学園祭の前日だった気がする!

cat20150714211135

 

で、物はこんな感じです。FRUのシールが無いので、IBMの物ってじゃないって事はX40かX41シリーズに付いていた物では無いですよね。

cat20150714211356

 

早速つなげてみます。

cat20150714211519

 

うーん、輸送で揺られすぎた中でも、うまく乗り越えで全く問題がありません。

cat20150714215702

 

まずは、バックアップです。

cat20150714211612

 

cat20150714220028

綺麗に取れたので問題なしです。

 

という感じで、HDを入れ替えて起動もして、無事交換完了です!

cat20150714223512

って、同じ記事上がってんじゃ無いの?って感じですが、JTさんが、また速攻代わりを送っていただき、今日無事到着しました!

なんだか、すいませんが、本当にありがとう御座いました。

MS-DOSとWindows3.1のセットアップ

ちょっと頼まれごとがあって、久々にDOSのセットアップを行うことになりました。ついでなので、1台DOSマシンを作ることに・・・。

丁度ThinkPad240だとSVGAなのでDOS向きかなぁと。

cat20141214111802cat20141214111852

必要なファイルを集めます。USBメモリーは64GB。この240に内蔵のHDDは6.4GBです。

 

DOSフロッピーの作成から行います。未開封は当分未開封のままにで行こうと思うので、テックネットのファイルを使います。

cat20141214112049

 

WindowsMeのディスクを、別のHDDに交換です。交換したのも6.4GBのものです。このクラスはそこそこ余っています。

cat20141214113243

 

DOS6.2のセットアップからです。フロッピーは6枚組です。

cat20141214113720cat20141214114158cat20141214114209

DOSは3.3くらいまで98で使った後、5とか6はセットアップの記憶があまりありません。こんなゴージャスなセットアップだったんですね。

先日記事にしてませんが98のDOS環境も作り初めて、そっちもDOSなのにフロッピーが沢山必要でした。

 

で、こっちも順番にセットしていきます。今登録するとチャンスだそうです。

cat20141214114225cat20141214114400

 

セットアップが終わったけど、なぜか英語のまま・・・。CONFIG.SYSとか化けてます・・・。

cat20141214115501

 

別のPCにつなぐと中身が見えないです・・・。

cat20141214120214cat20141214120258

 

 

で、思い出したのですが、このHDDBIOSロックかけてました。そういうのも忘れてしまっています。

cat20141214120930

 

仕方無いので、解除してDOSも変なので、お代わりしてみました。

cat20141214121651

 

今度はちゃんと日本語環境で上がってきました。

cat20141214122712

 

DOSの一部のファイルを別のPCから直接コピーしておきます。

うっかりロングファイルネームとか使って面倒でした。ファイルのやりとりがフロッピーって遅いし容量が少ないし大変ですね。

SCSI環境設定してMOくらい使えるようにしようかな。

cat20141214125220cat20141214130626

 

で、続いてWindwos3.1をセットします。こちらもドライバーの準備が出来てないので、素の状態です。SVGAの16色で音も鳴りません。ドライバー類は、まだどこかに落ちてますかね。

cat20141214131034cat20141214131237cat20141214131923cat20141214132158

Windwosの終了方法も忘れかけています。

 

取りあえず。すっからかんなので、もう少し環境を構築してみます。DOS環境のバックアップMOが見つからなくて、ちょっと困った感じです。あれがあればコピーだけで必要なフリーソフトも組み込まれるのに・・・。

cat20141214132236

 

で、手元に残っていたDOSゲームも試してみます。DOSはCD使う頃のまでいくつか残っているので、遊べそうですが、TFTの液晶で見たらエミュレータでやってるのと変わらないですね。むしろエミュレーターの方が色々便利ですが・・・。

cat20141214130425cat20141214132527cat20141214133051

もう少し、環境整えるのにはリハビリが必要ですね。

IBM ThinkPad 240を簡単にレビュー

ThinkPad X240sの書き間違いじゃ無くて、昔のIBM ThinkPad 240のお話です。

Youtubeの方で、X240sのレビューを作っていたときに、押し入れから出してきました。

久々に出てきたので、片付ける前にネタにします。最近Youtube側と、ここのblog連動してませんでしたね。(汗

 

ThinkPad 220は欲しかったけど買えず、230csとかも欲しいけど、やっぱ高い感じで買えず、240は当時安かったけどやっぱり買えず・・・。

しばらくしたら中古が安かったので、手に入れて・・・。その後、貰ったりであれよあれよと5台も転がっています。しかもCPUが違う物の全部無印240です(汗

なので、全部SVGAマシンだったりします。

cat20130908213411

 

Xシリーズのご先祖様ですね。X20も持っていたのですが、貸したまま去って行きました。

下の写真は、X61と並べています。X61よりさらに小さいですね。X41はTabletしか持ってないので比べれずです。

cat20130908213519cat20130908213537

今見るとミニチュアPCって言う感じで、よく出来ています。バッテリーの持ちが良ければ最高だったのですが。これは中型バッテリーを付けています、重さは1.5kgに近く成ってしまいます。

 

写真のがキーボードも一番綺麗ですが、久々に使って見ると数字の「1」が効きにくかったです。悲しい。

cat20130908213545

 

今の人にはよくわからないかもですが、PS2端子が付いています。主にマウス用ですね。コレが出たときは、Windowsも98だったので、USBの存在は微妙でした。

Meを入れたのは、USBを使いたかったからです。自分の自作機ではエクスプローラーが落ちまくって困ったWindowsMeでしたが、この240に入ってるのは、なぜか安定志向でブルースクリーンを見たことが無いです。<-すごいことだと思います。

cat20130908213622cat20130908213720

後ろの口はLAN端子と思いそうですが、モデムです。有線LANも無線LANも内蔵していません。無線LANカードを束ねておいてたのですが、引っ越しでまとまって行方不明です・・・。

 

レガシーポートの集まりですね。

cat20130908213740cat20130908213900

問題なく起動もしてくれました。ATA33マシンなので、SSD化も勿体ない感じですが、この頃の物にはCFでSSD化が多いようですね。

うちにあるマシンを数台見ましたが、最高でも12GBのHDDしか積んでいませんでしたのでCFで充分です。でも、CFも疑似SSDに出来る物が最近減ってるんですよね・・・。

 

プログラムも小さいので、起動自体は気になるほど遅くは無いです。IPL自体の方が時間がかかってる感じです。

cat20130908213918cat20130908213932

ぼろいので、がりがりと五月蠅いです。

 

とりあえず、つけて見ると丁度95、98se、Meが入っていました。

cat20130908214322

 

中身は昔のアプリで構成されています。acrobatも4とか、ノートンとかもの凄く古めかしいです。

WINAMPとか懐かしい。しかもカスタマイズしてるし。

曲はなんか微妙に新しいようなで何でこんなの入ってるの?って感じですが・・・。

cat20130908214723

 

仕事では、IE6からIE8化で莫大な費用が発生すると話題が上がっていますが、このマシンでさえもIE6載ってるし・・・。

何年も放置しすぎですよね。

cat20130908214850cat20130908214902cat20130908215155

と言う感じで、またしばらく眠りについて貰おうかと思います。

ThinkPad X61の無線LANをCentrino Advanced-N 6205に載せ替えました。

ThinkPadX6xシリーズは、パームレストの真下に無線LANのカードが入っていて、コレが手元を暑くしています。X60はかなりのもので、しばしば冷やしながら使わないと駄目なくらいでした。

うちのはX61なので、そこまでしないまでも動き続けますが、暑いのは気になっていました。SSD化した際に、BIOSをMODのものに変えていたので、無線LANののホワイトリストのチェックが外れています。

って事で、1.680円で売られていた6205を買ってきました。後から調べるとX61の場合は6200の方が良いみたいですね・・・。そっちは秋葉で1,580円で売っていました。

cat20130717214003

買ってきたのはコレです。カード自体も小さくなったから、発熱も小さいかと期待です。

 

cat20130717214051

cat20130717214248

寸法を合わせるために延長の板も買いました。これは秋葉で単体で売っている店が見つからなかったのでamazonで購入しました。送料込みで480円でした。

 

早速分解しちゃいます。

cat20130717214357cat20130717215145cat20130717215315cat20130717215321cat20130717215329

X61でも前期の物はこの位置にFANがないものもあるそうですね。

 

カードはこんな感じです。アンテナは2本しか使いません。

cat20130717220527

 

某掲示板では、ネジが堅いと書かれていますね。うちのもネジ止め材が付いているので堅かったです。

cat20130717220702

 

OSは前回のままWindows8です。差し替えるだけで勝手に認識しました。

cat20130717221416

 

中身を見るとなんか化け化けでした・・・。とりあえず、Intelのサイトからドライバーを落としてきて入れ直すとちゃんとした表示になりました。

cat20130717221616

cat20130717222924

 

後は、素人向けツール使って接続設定です。最近は手抜きしています。

cat20130717223606

 

 

という感じで、入れ替わりました。熱を感じないほど・・・とは行かずやっぱり暖かいですが、消費電力も下がっているようなので、少しはましだと思います。

cat20130717221501

ThinkPad X61にWindows8のインストールと今更のSSD化+改造BIOS適用

先日バッテリーを購入した、X61ですが、さらにWindows8を入れてみることにしました。1月末に買っておいたアップブレード版です。

それまでは買ってきたときのVistaのHomeBASICの32bit版を使い続けていました。

cat20130220183122

cat20130220183148

今回は、前の環境も置いておこうとSSDも買ってきました。と言っても今更大金を使うほどでも無いので、3,800円で売っていた、HPの保守部品のSSDを買ってきました。

64GBですが、Windows8のタブレットでもこの程度のも未だにあるから大丈夫かと。

 

cat20130220183710

cat20130220184125

駄目そうなら戻すために、ネットとかに書かれている、Windowsのフォルダーを作るとインストール出来るとあったので、先にフォルダーだけ作ってセットアップ開始です。

 

ちなみにSSDは7mm厚の用です。ハイブリッドHDと交換になります。

cat20130220184453

cat20130220184615

 

メディアも買っておいたので、こちらをセットします。

cat20130220184800

cat20130220184922

アップグレードメディアとして買いましたが、ブートから出来ますね。

 

cat20130220190429

cat20130220191443

いろいろ聞かれますが、全部消してインストールを終えました。

 

で、パッチとか当てようとすると、ライセンスが駄目ですと出ました・・・。

またまた、ネットに寄ると2回セットアップしたら、大丈夫とも書いてた気がしたので、もう一度一からセットアップしてみました。

cat20130220194423

cat20130220203042

今度は無事ライセンスも通ってセットアップ完了です。手間がかかりますが、要らないVistaの残骸とか入れたくなかったので仕方が無いですね。

 

cat20130220203222

ドライバー類は、ほぼWindows8の標準ドライバーです。チップセット系ぐらいを落としてきましたが、逆にそれ以外は新しい物が無い感じです。

 

cat20130220213025

最低限のツールもセットしました。Lenovoも指紋認証のツールくらいしか用意されていません。さすがに古いので仕方ないですね。

 

一通り、セットが終わったので、せっかくつけたSSDをもう少しだけ有効に使うために、改造されたBIOSを入れてみます。

X61を使ってる人は、ご存じだと思いますが、X61のSATAは標準だとSATA1のみでチップ的にはSATA2に対応しているのですが、封印されています。

改造BIOSを使うことで、回避出来ます。今までHDだったのでそのまま放置でしたが、この機会に試してみました。

適当に検索したら見つかると思います。今の時点はここに有ります。

 

cat20130222220156

 

解凍したら2種類出てきましたが、とりあえず上の方の標準的な方を当てました。

cat20130222220827

cat20130222223427

WINUPTP.EXEを実行します。

 

アップデート自体は、標準の物と変わらない感じです。

cat20130222223552

cat20130222223711

起動しても特に画面は変わりません。

 

ハイブリッドHDでSATA1の状態

cat20130222223348

 

SATA2に変更した場合。変わらないと思っていましたが、数字的には変わっていますね。

cat20130222225027

 

SSDの場合。まずはSATA1の状態。

cat20130220210736

 

SATA2の場合。

cat20130222230400

と結構変わります。

 

もっともWindows8とSSDに変えただけでもOSの起動はむちゃくちゃ速いし、アプリの起動もかなり速いです。

 

Core2が有ればほとんど大丈夫と思っていましたが、Web見るだけでも、全体の表示とかはちょっと遅い感じはしますね。

液晶がもう暗くなってしまったので、ここが変わるだけでかなり違うのですが、さすがに交換する技術も無いので、これで最終パワーアップになりそうです。

ROWAのX61用互換バッテリーを買ってみました。

うちのX61のバッテリーがとうとう2本ともバッテリーエラー表示で使えなくなってしまいました。

さすがに、1万円以上も出して純正品を買うのもばからしいので、ROWAの互換品を買うことにしました。

 

4セルので3,480円でした。SANYOのセルを使った物です。<去年はもう少し安かったらしいです。お約束ですが、互換品はPCメーカーがサポートも推奨もしていないので自己責任で使用してください。

P1269185

お届けは佐川急便でした。プチプチにくるまれた箱が入っています。

 

こんな感じの箱です。

P1269191

P1269195

中身はこんな感じです。X6xのsシリーズにも対応するアダプターも付いています。

 

P1269197

部品はsで使う物です。

 

P1269204

バッテリーのラベルまでそれっぽくしています。ここまで似なくてもいいのに・・・。

 

P1269205

バッテリーの装着具合は悪くなく、純正品と同じ感じで使えました。隙間もあまりないです。

 

P1269211

下が純正品ですが、互換品の方が、本体の色に近かったりします。残念なのはゴム足が少し高くついてるので、ちょっとガタつきます。

しばらく使うとへっこんで来るかもですが・・・

 

P1269217

lenovoのバッテリーツールでは、純正かチェックしてるそうですが、すり抜けています。唯一違うのは使用開始日が入らないくらいです。

あ、あとバッテリーのメンテナンスから、一度リセットしないと、駄目バッテリーの状態を引きずっちゃっている感じでした。

 

P1269213

とまぁ、今更お金かけて見ましたが、今月限り安売りのWindows8のアップグレードも購入したので、入れてみようかななんて考えています。

ハードにお金はかけないつもりで32bit版で良いかなと思っています。

 

がたつき感とかは動画に載せています。時間があればどうぞです。

巨大なトラックポイントを頂きました。

ちょっとThinkPadネタが続きますが、たまたまです・・・。ThinkPadに搭載されているトラックポイントの巨大なやつを貰ってきました。

CAT20130112103735

拡大写真じゃ無いです。

 

CAT20130112103742CAT20130112103811

こんな感じの物で、トラックポイントのキャップが取れます。

 

CAT20130112103830

横にはこんな感じの文字が入っています。

 

CAT20130112103857CAT20130112103952CAT20130112104005

中身は、トラックポイントのキャップの詰め合わせです。最近ThinkPad買っても付いてこなくなりましたよね。3種類で2個ずつ入っています。

 

CAT20130112104550

PCと比べるとこれくらいの大きさです。

 

CAT20130112104930

搭載すると・・・。こんな感じ。

 

にぎにぎ感とかは動画にしています。お暇な時にでもどうぞ。

ThinkPad 20th記念モデル

昨年ThinkPadが20周年を迎え、記念モデルとして、X1Carbonが発売されました。

で、そんな高い物買えるわけも無い!

ので、とりあえず自作です。

CAT20130102143134CAT20130102143851

良い感じに仕上がりました。(自己陶酔)

CAT20130102143154CAT20130102144249

180度開閉どころか、Yogaのテントスタイルまで可能です!

 

CAT20130102141441

10周年記念モデルとツーショットです。

 

CAT20130102143343

クラシックドームも付属。

 

CAT20130102144346

パーツ交換も簡単です。

動画でも紹介してみたり。

 

 

なーんて、遊んでいました。

引越祝いに、ナノブロック時計っていうのを頂いたので、ナノブロックのBASICセットというのを買って、色々組み立て見たのです。

CAT20130102132813CAT20130102140803CAT20130103135535

時計はこんな感じに。にしてもセットが4千円ほどするので、結構高いおもちゃですね〜。あ、Legoだともっと高いか。

第4回 ThinkPad大和魂ミーティングに参加してきました。

何とか引っ越しも終わり、ぎりぎりPCが使い始めれるようになってきたので、blogを再開してきます。

 

平日ですが、lenovoのユーザーイベントが開催されたので、応募してみました。自分は初めての参加です。Facebookで告知とか気がつかないよ・・・(汗

CAT20121116182558

 

会場は六本木のベルサールで、youtubeのイベントでも来た場所でした。

CAT20121116182951

 

会場には20周年を記念してかなり古い機種からかき集められて居ました。一番驚いたのは、古い機種の場合塗装が駄目になっている場合があるのですが、展示機は当時の技術を使って再塗装したらしいです。再塗装サービスとかしたら一部マニアは喜びそうですが、また20年したらボロボロかな・・・。最新技術で再塗装とかでもよいのかも。それより高く付きすぎて結局駄目かな。

CAT20121116183158CAT20121116183336CAT20121116183609CAT20121116183855CAT20121116183942CAT20121116183951CAT20121116184026CAT20121116184111CAT20121116184126CAT20121116184131CAT20121116185458CAT20121116185818

レアな機種から、日本で売られていない物や最新機種まで展示されていました。

 

イベントはこんな感じで行われています。

CAT20121116190231CAT20121116190306

配られた軽食はこんな感じ。高そうですが、ちょっとパサパサ。

 

CAT20121116190756CAT20121116191044CAT20121116194940

ケーキカットもありました。普通においしかったです。

 

後はTablet2のお話や、20周年記念モデルの話がありました。

 

個別にアンケートもありましたが、ユーザよりと言うより、仕事のお話のアンケートが多かったです。

CAT20121116200200

とまぁこんな感じであっという間に時間が流れました。ユーザー同士の交流が昔はあったそうですが、今回は人数も5,60人きてたのかで特に無く終わってしまいました。

 

簡単にまとめたビデオがあるので、お時間があればどうぞです。

ThinkPad E520をSSD化してさらにパワーアップ

先週CPUをCeleronからCorei5に変更して一気に性能を上げたE520ですが、古いDiskを積んでいたので、起動やらアプリの立ち上げがずいぶん遅いままでした。モヤモヤしながら使うのもなんなので、ここで一気にパワーアップしてしまうことにしました。

買ったSSDはCrucialのM4という少し前に流行ってたSSDです。今回はなるべく安くてぎりぎりメジャーな物って感じの選択でした。256GBで14,800円でした。

CAT20120908222401CAT20120908222426

このM4は致命的なバグがありファームのバージョンが最新で無いと5,184時間以上使うと使用できなくなるという物があります。ソフマップで買ったのですが、バグ入りが安くて自分でファームが上げれる人って事でした。

仕入れ元はCFDが行っているようです。保証とかどうなんだろ・・・。

CAT20120908222510CAT20120908222540CAT20120908222639

開けてみるとまぁ普通ですね。

 

CAT20120908222721

ファームウェアは初期の物でした。

で、交換前の500GBのHDはこれくらいの速度です。もう5年ほど前に買った物かも。かなり遅いですね。

CAT20120908224510

 

いつものように丸々コピーします。

CAT20120908225005CAT20120908233346

まだあまり使っていないので、コピーはすぐに終わりました。

入れ替えて起動させます。

CAT20120908233920CAT20120908234507

ベンチマーク結果はこんな感じで、起動から何までもの凄い速度になりました。明らかに早くなったのが体感できるので良いですよね。

 

ファームウェアは、Windows7の場合Windows上からツールで実行できます。(それ以外だとCD-ROM焼いてブートさせないと駄目らしいです)

CAT20120908234722CAT20120908234819CAT20120908235034

さくっとtバージョンも上がりました。

エクスペリエンスインデックスもこんな感じです。スペックだけは、かなり良いマシンですね。

CAT20120909001943

 

T410から動画編集マシンの座を譲るために、T410のHDを持ってきます。DVDドライブをHDに変更してしまいます。E520は12.5mmのケースで大丈夫です。

CAT20120909134102CAT20120909134247CAT20120909134307

ドライブを引っこ抜いて、固定用の金具だけ移植します。ベゼルも付け替えた方が綺麗にそろうのですが、割れやすいらしいので今回はそのままです。

T410は純正のアダプターです。こっちに比べるとやっぱノーブランドの作りは荒いですね。

CAT20120909134511CAT20120909144636

付け替えたらこんな感じ。ちょっと変ですが見ないのでいいや。

 

とまぁ一気にパワーアップして快適になりました。といっても液晶パネルは1366*768で画面が狭いし、何より表示品質がもの凄く悪いです。この辺りまでいじるなら買い換えた方が良さそうなのでここまでにしておきます。とりあえずは動画編集がかなり高速になったので、これでしばらくは行きたいと主おいます。

 

T410も動画編集でがんばってくれてましたが、ここらで休憩させます。

ThinkPad EDGE E520 のCPU交換

親用にと買ったE520ですが、いざ親元に持って行こうとしたら電源が入らず仕方なく修理に出してそのままうちに残ってしまったPCです。

某掲示板でもE420が突然電源が入らなくなる故障報告がそれなりに入っているので、どこかのロットで不具合があるかも知れません。関係ないかも知れませんが、これと同時期に導入した会社のThinkCenterのM81も大量に電源が入らないトラブルが起きて、こちらの原因はBIOSに使われているチップのロット不良で電源が入らなくなる物でした。おかげでかなりの台数予防交換としてM/B入れ替えてもらいました。

いつ壊れるかわからない感じだったので、とりあえずうちで使うことにして、親には代わりにiPadを渡しておきました。

 

全然使わないまま保証期間も切れてしまったので、そろそろ改造することにしました。

このマシンのCPUはCeleron B810(1.6Ghz)とネットや動画再生には困らないSandyBridge仕様のCeleronが載っています。今回は秋葉の中古屋さんで安く売られていたCore i5 2520M(2.5Ghz)と言う物見つけたので、これと入れ替えることにしました。お値段は7,350円でした。i7 2620Mと言うのが14,800円でしたがあんまり効果が変わらなそうなので、その金額出すならi5とSSDかなと思って安いi5にしました。

CAT20120901205136

 

こんな感じです。モバイル系のCPUはコア丸出しだしで、ピンが出ているの昔ながらのCPUって感じですね。CAT20120901205233

 

早速E520のCPU交換方法を検索(笑。こちらの方のページが見つかりました。かなり丁寧に書かれているので、この通りで困ることは無いと思います。(一部無線LAN周りのネジが微妙でしたが、外す所は丸をされているので、そこだけで大丈夫です)丁寧な掲載でとても助かりました。

CAT20120901210549

 

まずはちゃんと電源が入るか確認です。これで通算20回くらいしか電源を入れてないかも・・・。

CAT20120901210703

 

解説されたとおりに外していきます。DVDドライブも簡単に交換できそうです。DVD-ROMドライブなのですが、こっちもHDを入れてDiskを2台体制にしたいかなぁと思います。

CAT20120901210937

 

メモリーはT410ではうまく認識できなかった16GB搭載です。一番使わないノートPCがうちで一番大容量です・・・。

CAT20120901211033

 

HDも抜き去ります。元は320GBでX61のお下がりの500GBと交換済みですが、シーケンシャルリードでも80MB/s読めない古い物です。HDスロットの根元の隣にあるスロットは、mSATAも載せれるそうです。

CAT20120901211407

 

無線LANのモジュールも抜き去ります。

CAT20120901211541

 

キーボードも外します。

CAT20120901211722CAT20120901211822

 

パームレストも外します。ケーブルがついてるのでゆっくり慎重にです。

CAT20120901212624

 

expressカードスロットも抜き去ります。

CAT20120901212801

 

スピーカーの端子です。このタイプのが抜きにくくて切れそうなので心配ですよね。

CAT20120901212821

 

ケーブルの取り回しをシールでやっているところがあるので、ここを慎重に剥がしておきます。

CAT20120901213313

 

最後の難関が、M/Bの取り出しです。これが簡単にいきません。ネジが外れているので簡単に取れるのかと思いきや、複雑なはめかたで、結構時間がかかりました。ここが一番難しいです。当然戻すときもすんなりとは、行ってくれませんでした。

CAT20120901214752

 

CPUの交換はほとんどバラす事になるので、時間と心の余裕が有るときに行いましょう。まぁ、うちのページ見に来てくれてる人なら日常なのかも・・・

CAT20120901214836

 

ヒートシンクを外してCPUが出てきます。

CAT20120901214931CAT20120901214947

 

Core i5に載せ替えです。買ってきた105円のグリスはぱさぱさで使えない感じだったので別の物を使用です。

CAT20120901215044CAT20120901215621CAT20120901215755

この写真を撮ってるときは気がつかなかったのですが・・・。ぜーんぶ組み直して電源入れたらFANエラーでした。この写真見てわかるようにFANのコネクタ抜けたまま入れてしまいました・・・。悲しすぎ。

で、そうとは知らず順調に戻していきます。

CAT20120901215820CAT20120901222136

FANエラーが出た時は、やばいので写真も撮らずに電源を切って、また一から同じ手順でFANのコネクタの所まで手戻りでした。かなり苦労したM/Bの取り外しを2回もやるとは・・・。皆さんはやらないと思いますが気をつけてください。がっくり疲れます。

 

で、気を取り戻して2回目の組み立て直しで正常に起動しました。CPUに内蔵されているグラフィック機能が違うので、これらのドライバーを再読み込みます。チップセット周りも認識しない物があったので、Intelのサイトから、あたらしいドライバを拾ってきて当て直しました。

CAT20120901231147

 

CPUもメモリーも認識しています。うちのノートPCでは、最強スペックになりました。一番安かったかもですが・・・。

CAT20120901231405CAT20120901232244

Lenovoのツールでハードウェアチェックして、貯まってるパッチを当てて終わりです。

 

で、やりたかった動画編集ですが、早速Intel Quick Sync Videoの機能を使ってみましたが、効果絶大です。T410で動画実時間の3倍くらいかけて変換してた物が、ほとんど実時間で終わります。10分の動画に30分かかってたのが10分弱位なので、効果はかなり高いです。もちろん変換後の画質に差はあると思いますが、ほとんどYoutubeに上げる物なので、気にするほど差がありません。7千円ちょっとでこれだけ差が出ると値打ちがありました。IvyBridgeならもっと早いのかなぁ・・・。(しばらく忘れよう)

分解がかなり手間ですが、Celeron使ってる人は交換してみたら良いと思います。(壊しそうな所もあるので、壊れても良い覚悟が出来てる人だけですが)

「FIND YOUR LENOVO 〜あなたのレノボ、見つけよう〜」(新宿駅構内のイベント)

新宿駅構内のアルプス広場でLenovoのイベントが行われていたので見に行ってきました。7/28,29でやっています。

毎年Lenovoは。どこかでイベントをやっていますが、2010年の夏に秋葉原でやったイベントが圧倒的に良かっただけにちょっとづつ寂しくなってるかも。ちなみに去年のはこちら

今回はIdeaPadメインのイベントでした。

CAT20120728144931CAT20120728144959

ずらっと展示がありますが、場所柄か人は多いのですが、素通りの人が多いかな。

抽選会もあって旅行券やタブレットが当たります。

CAT20120728145033

 

展示機は10台あり気に入ったも番号をアンケートに記載して抽選が出来ます。

まずはUltrabookの展示です。悪く無いですが、全体的に高いって感じですね。Macの完成度から比べると同じ値段は出せないかなぁと。

CAT20120728145229

 

次は27インチのやつです。画面はタッチパネルで、目の前で操作するにはかなり大きいです。どれくらいの距離感で使う想定かな?作りはしっかりしていておもしろそうなPCでした。

CAT20120728145218CAT20120728150925CAT20120728150134

なんか、一部Androidのアプリも動く感じでした。どういう組み込みなのかな・・・?タッチパネルなので操作も問題有りませんでした。

続いてAMDのC-50を積んだマシンです。ネットブックと違って解像度が1366*768なのと動画系は強いのですが、幾分CPUパワーが足りなさすぎかな。ネットするなら問題ないけど、この辺りはタブレット製品と被りすぎかも。

CAT20120728145500CAT20120728145053

 

IdeaPadは出た頃は価格メリットもありましたが今は微妙かな。

CAT20120728145045

 

Thinkpadは1台だけ展示がありました。X230です。仕事で使うならこれが良いのですが、買ってくれないなぁ〜。

CAT20120728145143

 

安売りマシンで有名なGシリーズです。この辺りの4万円以下で買える物が実際一番売れているんですよね。ネットブックより性能もいいし、液晶とか多少目をつぶればこれで十分だと思います。

CAT20120728145146

 

この辺りから少し高級な14。15インチのPCです。液晶解像度が寂しいですが、作らないって事は需要がそれほど無いんですかね。Y580くらいはかくかくして悪く無いですが、液晶の映り込みは写真の通りだったりです。

CAT20120728145013

 

この辺りの色感覚はよくわかりません。他のメーカーからもおんなじ用なのが出ていますが、実際売れてるんですかね??自分は時代に追いつけてないかもです。

CAT20120728145024

 

最後に抽選してきます。

CAT20120728145302CAT20120728151029

 

ARマーカーで、ボーリングゲームみたいなのが出ますが。次々ガーターです。

CAT20120728151205

 

自分もオリジナルグッズのウェットティッシュを頂いて退散でした。

CAT20120729122228

安くなった16GBメモリーをT410につけてみました。

メモリーが暴落して、8GB買うのが当たり前って感じになっていますが、8GB*2の16GBもいつの間にか安くなっていました。これも8,370円と買えないことも無い値段だったので買ってきました。

今8GB搭載しているThinkpadT410iですが、CPUが16GBも認識するはずなのでそっちにつけることにしました。

CAT20120226231757

 

T410のメモリースロットはめんどくさいことに、1枚は、背面から。もう一枚はキーボードの下から増設だったりします。

CAT20120226232127CAT20120226232550

 

で、装着したら、ちゃんと16GBを認識できました。

CAT20120226233033

が、こいこから問題です。Windowsは起動し始めるものの、途中でブルースクリーンになって起動してくれません。認識はしてるのですが、相性なのかなんなのかどうにもこうにもWindowsが起動しません。環境がもうかなり出来上がって使っているので、今更再インストールを試す気力も無く、あきらめてしまいました・・・。

で、夏に親にあげようと買ったE520に装着することにしました。

このE520って買って、しばらく置いておいて、親に渡す前にセットアップしておこうスイッチ入れたら全く反応せず、壊れてました。保証期間内なので直したのですが、結局渡すタイミングを逃していまい、中途半端に家に転がっています。

このマシン、CeleronなのですがSandyBridgeタイプのものでB810と言うものが搭載されています。

で、こっちは背面からあっさりと2枚装着です。

CAT20120228160647CAT20120228160907

無事起動です。が・・・。こいつに搭載されているOSは、Windows7のProfessionalなものの、32bit版でメモリー増設が意味なかったりします・・・。

 

ライセンスがもったいないのですが、搭載のOSはあきらめて、余っていた7のPremiumライセンスを使って64bitにすることにしました。

CAT20120228165158

HDは320GB積んでいますが、これまた余り物の500GBに変更しています。

 

Celeronでもちゃんと16GB認識してくれました。

CAT20120228165525CAT20120228181650

セットアップもサクサク完了し、無事設定完了です。

 

うーん、でも普段全然使ってないマシンがパワーアップしてもなぁ〜。CPUもしょぼいし、液晶も15インチで1366*768と狭いしで・・・。T410は動画編集マシンだったのでメモリ欲しかったのに、意味の無いパワーアップになってしまいました。

ThinkPadは●こうして生まれた

Thinkpadについての本が発売されて、買っても良いかなぁ〜。と思っていたら、レノボの営業さんが顧客向けに配ってるとかで、1冊いただきました。

p20111204101155

 

そういえば、ykr414さんも同じ本を、レノボのイベントに行ったときにもらってきていて、さらに自分も営業さんから、もう一冊どうぞと・・・。3冊になってしまいました。

p20111210212050p20111210212253

うーん、読むより早く本が増えてしまった。まだ冒頭のページしか読んでいません。

とりあえず、自分のは2冊もいらないので、オフ会でも開いたら持って行きます。

Kamiken1968さんに「Thinkpad Power Series850」 を見せていただきました。

Lenovoのイベント「Do with Lenovo」の会場にて、Kamiken1968さんがいらっしゃったので、声をかけさせていただくと、 巨大なThinkPadが取り出されてきました。ブツはCPUにPowerPCを搭載した、特殊マシンの「Power Series850」というものです。重さも4kg弱有るようでヘビー級ですね。

p20110709142242.jpg
p20110709135718.jpg
p20110709135655.jpg
中はお弁当箱仕様です。

p20110709135724.jpg
流石に年季が入って各所がボロボロになっていましたが、相当古いので仕方ないですね。

p20110709135757.jpg
キーボードを見ると英語仕様でもなさそうです。eBayで手に入れられたそうです。価格もちょっと高くて自分じゃとても手が出せないです。

p20110709135825.jpg
自分が持っていったThinkpad240と並べるとこんな感じ。小さそうに見えますが厚さは全然違います。

p20110709135934.jpg
クリックボタンは昔あったロック可能なものです。

p20110709135953.jpg
液晶画面の上はUSBではなく専用端子ですが、カメラが搭載可能となっています。

p20110709140036.jpg
p20110709140044.jpg
ケンジントンロックはなんとこんな位置に・・・不便で仕方なさそう。取れそうだし。

p20110709141300.jpg
背面はビデオ入力やらSCSI端子やらで、ほんとバブル仕様ですね。

p20110709141417.jpg
バッテリーは変な形で、側面から取り出せそうで、でないみたいです。

p20110709141638.jpg
ゴソゴソ取り出すとこんな感じなります。



レアマシンが見れて良かったです。こういうイベントだと、Thinkpad好きが集まって、それはそれでユーザー側も楽しめて良いですね。

ThinkPad X1を軽くレビュー(本体は重いけど)

ykr414さんにThinkPad X1を見せていただきました。

Lenovoのイベントで見たときは英語版でしたが、こちらは日本語キーボードが付いたものです。X1はThinkPadでは一番薄く出来ていますが、重さは1.6kg越えていて持ち上げると重く感じます。最も液晶が13.3インチで、薄いけど結構大きいので仕方ないかも。
p20110625123234.jpg
p20110625123219.jpg
アイソレートキーボードですが、Edgeに比べてもストロークが深い感じです。カーソル周りのキーはイマイチ使いにくいかな・・・。普通のキーは良かったです。タッチパッドもまだまだ完成形じゃないかも。あ、キーボードバックライト試すの忘れてた。

p20110625123253.jpg
最近のオールドThinkPadと違ってESCやらDeleteキーが特別大きかったりはしないです。右側のボリュームまわりのデザインは自分的にはカッコワルイと思います。

p20110625123752.jpg
p20110625123818.jpg
端子類はカバーが付いて綺麗にまとまっていますが、いちいち蓋を開けるのが面倒かなぁ~。MacのAirでも付けてたのヤメたというのに・・・。
本体はゴリラガラスおかげで重くなってるそうですが、本末転倒のような気もします。反射するから見にくいし。頑丈な液晶なら、SONYのG3でもボールペン挟んでおもいっきり叩き閉めても割れないですからね。

p20110625124116.jpg
期待のフラッグシップですが、自分には11インチで良いので、もう少し軽いのがいいかなぁ~。13インチのままなら液晶の解像度を上げて欲しいです。あとバッテリーももっと持って欲しいな。
とは言え、名前も「X1」だし持ってても悪くないものの、飛びつきたいと思わせないのが何とも。自分だと普通にX220かなぁ。あっちのほうが軽いし安いしIPS液晶選べるしで。

「lenovo Live 2011」に参加させていただきました。

今日は、代休を取ってlenovoのイベントに参加させてもらいました。

東京ミッドタウンに向かいました。
p20110616105456.jpg
p20110616135004.jpg
名前の通りライブ会場でのイベントで、セミナーもそれなりの演出されています。

p20110616110957.jpg
製品も展示されていました。既に発表済みの物や、ここに載せられない物も展示されていました。(Lenovoのイベントに参加してる人は既に見てると思おいます)

p20110616135620.jpg
X1もやっと実物見れました。悪くないけど、フラッグシップ機なら、圧倒的な物をもう一つ持って欲しいかな。薄いけど、電池がそんなに持たなく重いし液晶もゴリラガラスもいいけどIPSの方がいいなぁ~。って感じです。

p20110616135735.jpg
DJ-YU-Iさんは撮影OKとのことでパチリ。

p20110616141216.jpg
食事はこんな感じって真っ黒(汗
この後、谷村奈南さんのライブがありました。

最後の抽選会は、Edgeとか当たるんですが、カスリもせずで残念です。

p20110617001437.jpg
来場者には、コップが配られました。黒に白と赤文字のThinkPadカラー方がいいかなぁ~と思いつつ、今のサイトカラーとintelロゴに合わせたのかな?

とまぁ、Lenovoさんは、ホントイベントって色々やりますね。頑張っている感は物凄く伝わるので応援したくなります。

Thinkpad X220を見せていただきました。

ykr414さんにThinkpadX220を見せていただきました。

p20110604174104.jpg
モノはSSD搭載のCorei7でIPS液晶タイプと言う最上位構成です。

p20110604174414.jpg
p20110604174325.jpg
今回のは、トラックパッドが、Macみたいに1枚物になりました。
ですが、MACには遠く及ばずかな・・・。

p20110604174332.jpg
p20110604174428.jpg
p20110604174421.jpg
キーボードは、最近のモデルの配置ですね。ワイドなのでそこそこ余裕があるみたいです。この辺りは安泰って感じです。

p20110604174358.jpg
p20110604174854.jpg
COREi7マシンなのでUSBも3.0が付いています。モニター出力はHDMIでは無くDisplayPortが搭載されています。HDやメモリーも簡単に交換できます。

p20110604174539.jpg
p20110604174617.jpg
液晶はIPS液晶で、LEDですが、圧倒的に明るいですね。視野角も広いし今までのThinkpadと随分違いますね。これだけでも一気に欲しくなります。

p20110604174457.jpg
p20110604184248.jpg
ちなみにウチのX61です。3年落とは言え最大光度でこんな感じです。並べたら消えてるかと思うほどです。

p20110604174714.jpg
天板には、X200から復活のlenovoロゴ入りです。自分はこの辺りはどっちでもいいかなぁと。

p20110604174935.jpg
X61と比べると奥行きはほぼ同じで、横長分だけ大きいです。ただし重さは軽いみたいです。そう考えると着実に進化してるって感じですよね。

p20110604175030.jpg
スピーカーはステレオでした。Xシリーズもいつの間にかステレオになっていたんですね。

おまけで、X41Tabletも並べてみました。
p20110604181352.jpg
p20110604181438.jpg
p20110604181618.jpg
X41TabletはSuper Wide Viewing Angle FFS XGA液晶 という長ったらしい名前の液晶が付いています。

p20110604184438.jpg
少しはマシですが、X61よりさらに古いので、こっちも薄暗いです。

p20110604185357.jpg
とまぁ、SSDや処理速度の速さも魅力といえば魅力ですが、IPS液晶と、何より撮影時バッテリーの持ちが圧倒的に凄かったのが印象的です。

X1ももうすぐ出回ると思いますが、まだX220でも充分魅力的ですね。X61と比べるとすべてがパワーアップですね。

最近は決算セールやってて安くなってきているみたいですが、自分はX61でも部屋で使うなら液晶もそんなに気にならないしと、X220の液晶がもう一段解像度が上がるまで待とうかぁ~と思います。

ThinkPad Edge 11" を簡単レビュー

Lenovoさんから貸し出されていた、ThinkPad Edge 11" について書きます。
20110416092856.jpg
Edgeは、ThinkPadシリーズでは新シリーズで、キーボードから光沢液晶から、オールドThinkPadとは色々違うマシンです。

X100eなんてのもあってラインナップが微妙にかぶっていたようですが、日本では後継機種も発売されなく11インチThinkPadならこれになりますね。

20110416092449.jpg
アイソレートキーボードのThinkPadって違和感有りましたが、キーボードは結構打ちやすいです。トラックポイントも問題ないので、これはこれで良いのかなと思いました。

ThinkPadは、あんまり軽い機種がないですが、これもまたそんなに軽くないです。

EdgeはサイズによってAMDのCPUを積んだタイプが有ったりそれなりにバリエーションがあります。今回借りたのはCorei3を搭載し、光沢液晶のモデルです。

20110416092345.jpg
背面はテカテカで指紋が付きますが、ド派手な赤なので平気です。液晶の方もぁテカテカで反射も強烈です。部屋を真っ暗にして使うならいいかなって感じでした。

20110416092359.jpg
ThinkPadのロゴは、iの丸いところが光ります(一番上の写真みたいに)

20110416092457.jpg
キーボードはこんな感じです。安っぽい感じですが、入力には問題無いかと。

20110416092621.jpg
SDカードは豪快にはみ出してしまいます。

20110416092631.jpg
20110416092645.jpg
側面はUSB、LAN、HDMIなどが有りますが、手前側に多いので差すとちょっと使いにくかも。端子の数は問題ないと思います。

気になるのは、thinkマークは光るのに、インジケーター類が無いことですね。HDのアクセスランプも無いので何かと気になります。まぁMacとかも昔から無いので、慣れの問題かもしれないです。

i3とは言え1.33GHzとクロックが低いです。なので普段自分が使っているX61(Core2の2.2Ghz)よりちょっと遅い気もしますが、動画再生とかはハイビジョン系でも問題なく再生されました。CULVは最低限はクリアしてくれるので良いですね。
便利なのは、マシン背面がガバっと開くのでメモリー増設やHD交換も簡単で、その辺りも良いと思います。メンテナンスのしやすさは、安くてもThinkPadかなと。まぁ薄く軽くより安くが優先なのかもですが。

で、これを借りていて、CULV機が欲しいなぁとEC3800を買ってしまいました。<なんでそっちやねんって、やっぱ値段が半分程だったからです・・・。
ギャラリー
  • 使っていないフォトフレームを開けて見る
  • 使っていないフォトフレームを開けて見る
  • 使っていないフォトフレームを開けて見る
  • 使っていないフォトフレームを開けて見る
  • 使っていないフォトフレームを開けて見る
  • 使っていないフォトフレームを開けて見る
  • 使っていないフォトフレームを開けて見る
  • 使っていないフォトフレームを開けて見る
  • 使っていないフォトフレームを開けて見る
  • 使っていないフォトフレームを開けて見る
  • 使っていないフォトフレームを開けて見る
  • 使っていないフォトフレームを開けて見る
  • 今更ですが、ポケットミク(NSX-39)GM音源を買ってみました。
  • 今更ですが、ポケットミク(NSX-39)GM音源を買ってみました。
  • 今更ですが、ポケットミク(NSX-39)GM音源を買ってみました。
Mail
ご連絡は、こちらまで!

twitter / X68000XVI
記事検索
Recent Comments
Archives