小さいって事は・・・

ちっちゃな機械を操ろうヽ( ・∀・)ノ 〜○

au

喪が明けたau iPhone5をMVNOの「mineo」SIMに交換してみました。

2年間3円維持とか2円維持で過ごした3G音声端末に成り果てたiPhone5でしたが、晴れて二年が過ぎ去りました。

ここで売却したら収支がプラスになって良かったね。と言う話もありますが、もう少し遊んでみたいと思います。

 

IIJmioとmineoを使っていますが、今回このau iPhoneはY!mobileにMNPしたので抜け殻です。MNPの話はまた別で書きます。

今回は、本来サポートされていなかったiPhone5をmineoのテスト版APN構成プロファイルで使って見ます。

cat20150928211532

 

FJL22で使っていたSIMですが、元々nanoSIMで申し込んでアダプターをかませていました。FJL22はそれはそれで液晶やカメラがなんとなくしょぼいと言うくらいで、問題の少ない端末だと思います。

cat20150928211956

 

早速APN構成プロファイルを入れます。こちらのマイネ王のサイトにテスト版で上がっている物を使います。公式サポートでは無いので注意です。OSのバージョンは9.01です。

cat20150928212405

cat20150929215801

 

プロファイルを入れたらmineoSIMに入れ替えます。

cat20150928212946

 

通信をオンにします。この場合でもテザリングとSMSのやりとりが出来ません。

cat20150929215736[3]

 

起動したら・・・1xって・・・3Gですよね。元々ユニバーサルサービス料だけで維持してたので、最初からMobileデータ通信切って使っていたせいか、このマーク見たこと無かったです(汗

cat20150928213253

 

しばらくすると4Gに変わりました。mineoはLTEしか使えないので、iPhone5の場合だと2,100MHz帯でしか通信出来ません。結果都心部しか使えなさそうです。

にしても、2年間3Gの音声端末として使われてきて、今度はひっくり返ってLTEだけの3G無し端末になるとは・・・。

まぁテザリングも出来ないので、mineoのキャンペーン中にdocomoのSIMに交換して貰って端末買い換えるのが一番良いんだと思いますが・・・。お金掛かりますしね。

cat20150928215333

 

速度も計測してみました。時間帯にかなり左右されますが、うちの部屋だと下りはY!mobileに比べると結構遅くて、上りが少し早い感じです。まぁau本体には勝てないんだと思いますが。

cat20150929215736cat20150929215736[2]

 

 

Y!mobileの端末はこれです。Nexus5も売り切れて0円でマシなのだとこれしか無い感じでした。

cat20150926104311

auのMVNO低価格SIMのmineoを使い始めたのでFJL22でレビューです。

mineo(マイネオ)と呼ぶらしいサービスが始まったので入ってみました。先行予約?すれば半年間980円引きと言う物です。

先行予約をすませ、今回はデータ通信のみのプランにしました。月々980円+初期手数料3,000円(税別)が必要です。速度は1GBまで最速で、オーバーすると200kに速度制限が入ります。100MB/150円で追加クーポンも購入できますが、2GB位使う場合は2枚のSIMを申し込んでシェア出来るのでそれでも良いかも知れません。(初期手数料が2倍なので微妙ではありますが)。容量が余れば来月に持ち越せるので1ヶ月我慢するのも悪くないですが・・・。速度調整をするスイッチとかはありません。最初の月は日にち割で、翌月から980円割引になります。今までのdocomo系の低価格SIMと違い1年の縛りがあります。

他に音声通話付きのプランもありますが、1,580円なのでかなり安い気がします。

今回は安売りされていたFJL22を買っていたので、そちらで利用します。このプランはLTEのみの通信となるため、うちにあるauの白ロムでは、この端末しか使えません。

 

ネットでも話題ですが大きな箱で届く割には中がスカスカです。SIMと説明書なので偉く大げさですね。

cat20140609221538cat20140609221831cat20140609221840

 

後のことも考えてNanoタイプのSIMを選択しました。FJL22はMicroSIMなので、SIMのアダプターを使います。

cat20140609222158cat20140609222413

FJL22はトレイも付いているので、綺麗に填まってくれました。

 

SIMを刺したらモバイル通信の設定を行います。説明書と機種が違うので若干画面遷移が違いますが、MVNOのSIMを使ったことがある人は問題ないと思います。

cat20140609223015

FJL22の場合は、アンテナピクトもちゃんと表示されているのでSMS無しでもあまり問題じゃ無いと思います。

 

自宅で速度を測ったらこんな感じです。外でもこれくらいは普通に出ますし場所がいいともっと速度が出ます。都内の地下鉄構内でもLTE通信できているので、今のところ繋がっていないエリアがどこかとか気にならないくらい入っていると思います。

cat20140609223838cat20140609223958cat20140615214940cat20140615214847

普通に速度も出るので、良い感じですね。1GBの容量まで使えますが、Xperia mini PROにIIJの組み合わせより遙かに速度が出てくれるので、使用量は増えそうです。消費量はmineoのサイトからも確認できますし、念のためパケット使用量の計測ツールも入れて残量を見ておきます。だいたい同じ感じですね。

 

そうそう、先にSIMが届きましたが、後からメールアドレスなども付いてくるので書類が届きます。こちらはメールアドレス変更して設定しましたが、これ以上増えても微妙なので使わないかも・・・。

cat20140612010117

今のところ速度低下もありませんし、かなり快適です。やっぱWifi+WiMAXモバイルルーターも悪くないですが、ちょっとしたときに本体だけで使えるのはメリットが大きいですね。IIJの方もまだ残していますが、キーボード付き端末の後継が出てくれないとあと一年くらいで終了かも・・・。

 

マイネオって読むらしいですが、どう見てもミネオだし、変な名前かな。それ以外は今のところトラブルも無く快適に使えています。

<自分はマジでマイミオと読み間違えてました(汗。コメントありがとうございます。

Snapdragon 800搭載の激安白ロムau FJL22を買ったので少しレビュー

相変わらずですが、激安放出されているスマホを買ってきました。自分はマケプレで送料込み16,900円でした。

3月中頃まで、けたたましいキャッシュバックと本体0円政策のおかげで白ロムが大量に出ています。

オークションで、1.5万前後、マーケットプレースで1.7万前後あたりで推移しているようです。もの凄い数が出てるので欲しければ、今が一番安いカモです。

cat20140325234616cat20140325234818cat20140325234852

端末は本当に綺麗な状態で届きます。付属品もすべて付いています。急速充電で10分有れば一日持つなんて書いていますが、さすがに無理です。電池の持ちは良い方だと思いますが、何も触らなければ10分で何とかかな・・・。意味あるのか?

 

3/16辺りが激しいキャッシュバックだったようで、その時に確保されたようです。こちらには21日に到着しています。

cat20140325234906

 

一応保護ケース(保護シート付き)を買って通日持ち歩きました。保護ケース付けても充電は可能です。

cat20140329210518

 

右下に謎のアイコンがあると思ったら、全体に画面を下げる機能だそうです。なんじゃそりゃと思ったら電車などで片手で操作したら5インチだと上まで届かないからだそうです。

細やかな配慮過ぎて解らなかった・・・。富士通の端末ってパソコンも同じですが、いろんなアプリが付いていますね。DNLAクライアントアプリとかそれなりの辞書アプリとか付いててくれて良かったってのもそこそこ有ります。全然使わないのもありますが、この端末くらいの性能や容量だと、その辺りは許せます。2年ほど前のは、そう言う入れてカツカツ仕様になりホントどうしようも無いのが出てましたからね。

cat20140329210537

 

前も激安放出されたISW13Fの代わりに使います。カメラアプリ辺りがかなり貧弱になっているそうですが、それ以前に映りとかがイマイチです。ISW13HTの方がかなり綺麗なのが何ともです。液晶はコレ単体で見ていると綺麗ですし視野角も広めです。ただ綺麗な液晶のPCなんかと比べると色は薄めでちょっと微妙な感じです。色合いは自動調整する機能とか有るので、青みがかったりころころ変わるので、その辺りが気になるなら切って置いた方が良いと思います。

cat20140329210554

 

昼間だとコレでも綺麗に見えるかな・・・。

cat20140328130150cat20140329152918cat20140329211250

そうそう、どちらも防水仕様ですが、前と違いヘッドフォンやUSBがキャップレスの防水になったのでその辺りは非常に助かります。防水機能は雨の時くらいにしか気にしないのにキャップは普段使いには不便すぎます。

 

今回買いたかったのは、フルHDの液晶やSnapdragon 800とか最新の機能に追いついた端末が欲しかったからです。ISW13Fでもそこそこ使えるのですが、ゲームとかはかなり熱を持ってるし、そもそも快適度ではISW13HTのS4積んだHTC Jの方が快適だったりします。

今回は、一気にスペックアップで、ベンチだとTegra Note並か以上になっています。

cat20140329210905cat20140329211125

実際動作もかなり快適です。これで2万円を遙かに切っているってホント良い時代???ですね。にしても最新型が4ヶ月でこの状態って・・・。

 

うちではメイン機として使っていくつもりなので、もう少しレビューを付け足すかも知れません。今のところは非常に快適です。

最後に動画も作ってみたので、どうぞ最後の方にFJL22で撮影した動画も入ってるので見たい人は後ろまで飛ばしてみてください。

IS12Tを強制アップデート(WindowsPhone 7.5から7.8へ)

2週間ほど前に、国内唯一のWindowsPhone7.5だったIS12Tのバージョンアップが開始されました。

WiFi運用でも、順次案内が届くそうです。

 

が、うちのには未だに届かず・・・。

ネットでは、強制バージョンアップ方法も掲載されています。

こちらの方のサイトが一番リンクされてました。

 

で、おとなしく待ってても良いのですが、試しにバージョンアップすることにしました。

cat20130211181823


方法は、
1.Zune(PCとの同期ソフト)の入ったPCを用意します。
※PCのネットワークは切った状態にします。

2.IS12TをUSBで接続します。
※IS12Tは、3GかWiFiでネットワークに繋がる状態で接続します。

3.IS12Tを設定画面から、フライトモードに切り替えられる画面に移動します。

4.Zune側を設定→電話→更新ボタンを押します。

5.Zuneが更新確認中になると、IS12Tをフライトモードに切り替えます。(確認中から1秒後くらい?)

6.うまく行くと更新が見つかります。
※ダメならフライトモードをオフにして4からやり直しです。更新以外の項目を押して、また更新を押します。

更新分が見つかれば、PCをネットワーク接続させてから更新ボタンを押します。

バージョンアップまで3回更新しないといけないので、ひたすら4から繰り返します。
なんだかんだで、4,50分は掛かると思います。余裕のあるときにどうぞ。

cat20130211183023

この画面で、フライトモードと格闘することになります。

見つかった後は、PCが通信出来ない状態なので、ネットワークにつないでから更新を押してください。

先に押しちゃうと、またやり直しです。

 

cat20130211183123cat20130211183349

更新中は、勝手に再起動とかかかりますが、それなりに時間がかかります。

これを3回繰り返すと晴れて7.8にバージョンアップされます。

 

最後のみ起動画面が変わります。

cat20130211190740cat20130211190919

無事にバージョンアップされました。

 

cat20130211211359

トップ画面のタイルが小さく出来るのが良いのと、7.5は横の矢印1つのために数ライン無駄にしていたので、この方が良いと思います。

バージョンアップ後は、遅くなるって話もありましたが、使い物にならないとかそう言うのじゃ無くて、ワンテンポ遅れるって感じだと思います。自分の使っているアプリは今のところ動かなくなったのとか無いようです。

 

一応動画でバージョンアップの様子を載せておきます。

HTC J ISW13HT(au)を買ったので、箱開けレビューです。

HTCのWiMAX搭載端末のHTC ISW13HTを購入しました。一つ前のisw12HT(EVO 3D)が割と良かったので、次の機種も欲しくなったからです。

Amazonの提携?ショップで未使用品が21,200円でした。

P1169039

P1169043

こんな感じで到着です。EVO 3Dと違い、予備バッテリーはありませんでした。

 

 

P1169045

P1169052

バッテリーの持ちは悪くないようです。数日使いましたが、Wifi運用の場合フライトモード+WiFiで結構電池が持ちます。バッテリー容量は1810mAhで、前より少しだけ増えました。

 

 

P1169055

HTCが全部入りを目指して作ったらしく、フェリカやワンセグにも対応しています。防水は途中であきらめたらしく、パッキンっぽいところが多いです。

水は入りにくいですが、水につけると浸水する部分もあるらしいです。ともかく、USBやヘッドフォン端子、裏蓋がとても開け閉めしにくいです。

 

P1169061

蓋はびっちり閉まります。取り外しは面倒な感じです。色は赤です。ほかに黒と白があります。白だと表面も白いです。

 

P1169070

EVO 3Dと比べるとこんな感じです。大きく見えますが、薄くなっていて軽くなっています。今回の13HTは有機ELで発色はいい感じですが、12HTに比べて解像度が減った感じに見えてしまいます(一応同じqHD960*540)。

有機ELも長持ち配列のペンタイルってのがどうも細かい文字を見にくくしていますね。このあたりは好き好きということで。

 

P1169079

送られてきたのは、OSのバージョンアップ前だったので4.0.4へアップデートします。WiFiだけでアップは可能でした。

root取れば、docomoのSIMでも動くように出来るとからしいですが、ちゃんと調べてないです。とりあえずは、WiFiでいいかなぁと。

UQに使えれば一番うれしいんですが、成功例は無いそうです。どっちかいうと、UQ側のMACアドレスの登録で制御できるので、本体側は何してもだめなのかも。

 

で、もう一つオマケで、この機種にはヘッドフォンがついてきます。最近HPのノートPCなんかでもよく付いているbeatsaudioのシリーズですね。

P1169090

P1169101

P1169138

わざわざ買うものでもないし、イヤフォンの中古はちょっと・・・とも思うので、未使用品狙いでした。

音は密閉型って感じで、しっかり音が出ますね。エージングはまだですが、100円ショップで売ってるようなオマケに入ってるイヤフォンとは違いますね。

ただ、ここまで密閉型で外を歩くのはちょっと怖いかな。

 

ベンチマークを計ります。

CPUは、EVO 3D(デュアルコア1.2GHz Qualcomm MSM8660)からHTC J(デュアルコア 1.5GHz Qualcomm MSM8660A)クロック分位しか進歩してないはずですが、ベンチの結果は結構いい感じでした。実際のところ、前はFULL-HD動画再生が厳しかったのが追いつくようになったって位の差だと思います。

最もEVO 3DもAndroid4.0にアップグレード後は、かなりぬるぬる動いているのでそれ以上に早いとかは思えないですが。こいつが4.1まであげてくれればいいのですが。

P1169133

P1169137

P1169142

こちらはEVO 3Dの方です。

 

もう一つ物が後から来ました。こちらは100円(送料込み)の保護シートです。

P1189145

P1189148

P1189152

入れ物に機種名もないので、あってるかな?と思いましたが、切り抜きはカメラとも合っていました。

 

で、貼ってみると・・・。

P1189158

ISW13HTって角が丸いんですが、全く考慮されず・・。平らな面だけひっつきます。

 

P1199171

ケースもつけましたが、縁の浮いてる感が半端ないです。ちなみに埃も豪快に入りました。しくしく。また買い直そう・・・。

 

P1199165

ケースも反対側はイメージ通りですが、電源ボタンとか、端子カバーが強烈に押しにくかったり開けにくかったりです。これもイマイチかなぁ〜。

 

とまぁ、細かい不満もありつつ、順調にスペックアップです。

今回は、カメラ性能がかなり上がっているのもうれしいところです。カメラのスペックは8MP レンズはF2.0で28mmです。スマイルシャッターとかもついてるので、笑うと勝手に撮ってくれます。カメラ自体の起動もかなり高速(0.7秒らしい)です。使わないけど連射も出来ます。縮小してわかりにくいですが、サンプルあげておきます。

IMAG0064

IMAG0070

 

HDR無しと有りです。

IMAG0071

IMAG0073

動画もFULL HDできれいに撮れます。EVO 3Dは名前の通り3Dが撮れていいのですが、画質がイマイチだったんですよね。

動画のサンプルはこちら。スローモーションビデオってのも撮ってみました。

まぁスマホなので、コンパクトカメラ並みとまでは、まだ行けませんがスマホで見る分には充分綺麗になったと思います。

EVO 3D見たいな個性も無いので、普通のスマホ?じゃないってのもありますが、今年は、このマシンで乗り切ろうかと思います。これの次のHTC J butterflyまたかなり良いので、値段がこなれてきたら入れ替えたいと思います。まだbutterflyは7万円程します。

IS12T(WindowsPhone7.5)を買ってきました。

先日KoukさんにT-01Bを頂いたばかりというのに、もう次のマシンを買ってしまいました。

と言うのもこの微妙な7.5は触りたかったんですよね〜。買ったのは中古で6,980円と言う値段に引かれました。耐水性能を持った32GBの音楽プレイヤーと考えても安いですよね。

CAT20120811194936CAT20120811195033

背面に薄い傷ありと言うことでしたが、結局正確な位置は判りません。それくらい小さい傷でした。付属品はUSBケーブルと説明書くらいです。

 

CAT20120812124746CAT20120812124803[1]

本体は軽量で、耐水性能もあります。音楽プレイヤーとしては・・・と書きましたが音楽は曲間にノイズが入るのであんまり行けてません。

1.3Mのカメラも内蔵しています、もっともそんなに綺麗な物じゃ無いですが・・・。

CAT20120812174600CAT20120812174623

 

ロック画面はこんな感じです。絵は変えれますが漢字の日付とかは変わりません。

CAT20120812124949CAT20120812125018CAT20120812125032

アプリとか全然少ないと聞いていましたが、遊べる程度にはありました。iOSとAndroidのアプリはかなり被っている感じですが、WindowsPhoneは殆ど被ることも無く、あくまで独自路線と言うのが多いです。

文字入力はMSの物だけです。斜めフリックがありますが、いまさら慣れるのは難しいかも。キーボードは普通にQWERTYタイプもありますが、設定が奥まっててすぐに出せませんでした。追加後は切り替え表示が出てきます。

CAT20120812125128CAT20120812125224

ブラウザはIE9です、1GhzのCPUと512MBのメモリーですが、かなりぬるぬる動きます。今までのWindowsMobileは何だったんだろう・・・。

 

アプリのマーケットもこの間終了したのとと違って存在しています。見栄えは良さそうなんですが、ちょっと探しにくいかな。ちなみにWebからも投げ込めるようですがwifi運用だとメール送信でリンクを送るだけなので、使いにくいです。この辺りは好みもあると思いますが、自分はAndroidMarketが一番使いやすいと思います。

CAT20120812125326CAT20120812125339

写真加工アプリとか2ちゃんビュワーも一応あります。天気とかもありますが、決定打が無い感じです。

 

CAT20120812125412

電卓はiOSが洗練しすぎて後のはサンプルプログラムみたいなのしか無いですよね。

 

あ、当然かもですが、Office周りは充実しています。スクロールとかももの凄く早いし良く出来ています。

Skydriveとの連携も考えられています。そうそう。このWindowsPhoneはLiveアカウントと連動させて使います。今回は、この機種用に取ってきました。昔からのHotmailだったらSkydriveは25GBなんですが、いろいろリンクするアカウントらしいので、新規で作りました。

CAT20120812125552CAT20120812125724

地図は、Googleのもフリーのアプリ使えば見れますが、標準でも付いています。もっとも、なんか表示内容が薄いし、Androidみたいなナビゲーションも無いしどうなんですかね。一番酷いBlackBerryに比べると良い方かもですが・・・。

 

CAT20120812125801

とまぁやっとT-01Bのアプリを整えた所ですが、これも併せて環境作りです。T-01Bはキーボードの良さや有機ELがあるのですが、有機ELで簡単に写真を見たいってのを叶えるだけでも大変なのが何ともです。IS12Tの方は、動作は軽いのですが、液晶の品質はイマイチです。

 

今回のIS12Tは、とにかくぬるぬる動いて快適です。デザインも随所に凝っているのですが懲りすぎてメール一つ見るのもイマイチどれが未読だっけ?って感じで見にくいです。後は時計以外にアンテナや電池の状態もデザイン優先か、表示してる場面が少ないです。細かく改良すれば良いところ行けそうなんですけどね。もっとも、ここまで良い感じになったところで、互換性の無いWindowsPhone8が出てきますね。勿体ないと言いたいところですが、この感じだと良い物が出てきそうです。7.0〜7.5を買った人はどうなんだろうと思いますが。どうせ出すなら8まで引っ張っても良かったんじゃ無いかなと思います。

ギャラリー
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
  • Extron DSC 301 HD(業務用A/D変換ビデオスケーラー)
Mail
ご連絡は、こちらまで!

twitter / X68000XVI
記事検索
Recent Comments
Archives