2つのマウスが、チャタリングでどうしようも無い感じになってきたので、捨てようと思いました。

ただこのロジクールのは結構長く使ってたし、最近買ってるのに比べて高かったってのもあって、何とかならないかと検索をしてみるとマイクロスイッチを交換して直す方法と、接点復活材で直す方法(あと、ソフト的にキャンセル)がありました。

どうせ捨てるならと試してみることに。

ロジクールのM905ってマウスです。何回かマイナーチェンジで復活したりしてるようです。

cat20200816085244

 

スイッチ交換はハードルが高いので、手持ちの接点復活材を使うことにします。クレの接点復活材は、カードリッジゲームソフトでよく使っているので手元にありました。

cat20200816085530

 

まずは分解です。ネジは6カ所トルクスネジなのでドライバーセットとか必要です。ソールも剥がすことになるので、綺麗には戻りません。

cat20200816085355cat20200816085301cat20200816085315cat20200816085336

 

高いだけ有って、複雑な構造です。ついでに長年の汚れも、パーツを分解して綺麗にします。一部のボタンは梨地加工されて加水分解してるので、それもアルコールペーパーで拭き取りました。

cat20200816085559

 

中身もなんだかたいそうな装備ですね。

cat20200816085412

 

いくつかのサイトで見たオムロン製のスイッチでした。スイッチを分解したら、元に戻らなくて後悔したと書かれてる人が、何名か居たので隙間から流し込み作戦です。

吹き出しが凄く繊細に調整出来るので、マスキング無しで垂らしていきました。

cat20200816085517cat20200816085430

 

元にも戻していきますが、ソールが綺麗にならないです。両面テープを貼り直して納めますが、カグスベールとか言うのを流用して付け直すのが良いみたいです。

cat20200816085611cat20200816085641cat20200816085624cat20200816085658

 

もう一つのBUFFALOの物です。最近はエレコム側でも売られてるようで千円もしないマウスです。

これも5年くらい使ってチャタリングが出たので買い換えました。白なのでよく見ると結構汚いです。

cat20200816085714cat20200816085726

 

このマウスは爪とお尻のソールの下のねじ一本です。

cat20200816085806

 

基板も小さい!このマウス構造が単純で、パーツも少ないから、とても軽くて気に入っています。(5つほど持ってたりします)

cat20200816085822

 

パーツのつなぎ目とか手垢で汚いです・・・。パーツの止めは、爪で止まっててネジは使われていません。

ローラーとかも汚れてるので、外して石けんで洗っちゃいます。

cat20200816085839

 

スイッチはオムロン製では無いようです。少し流し込みにくい感じでした。センターと合わせて三つあります。

cat20200816085852

 

ゴシゴシ洗って、かなり綺麗になりました。センターローラーは、プラ一体じゃ無くて、ゴムベルトだったのでブラシでこすりましたが、少し汚れが取りにくいです。

cat20200816090002

 

お尻の隙間の汚れも綺麗になりました。元は汚いので撮ってません。

cat20200816090020

 

最後に直ったか確認します。

t-kuniさんのチェッカーサイトを使わせて頂きました。とりあえず2台とも収まりました。範囲指定とかするときに、すぐに外れてもうダメだなぁって感じだったので。

ch

スイッチ交換じゃないと、直る期間も運みたいなこともありますし、接点復活材とかにわざわざお金かける程の作業じゃ無いので、その辺りが揃ってて、マウスを分解掃除ついでにやることかなぁとは思いました。