クリエイティブのUSB DACの「Sound Blaster Play! 4」のレビューです。今回もモニター募集されていたので応募しました。

Play!3を夏に買っていたのですが、もう新製品が・・・と言うのもあります。安かったし仕方ないですね。

早速届きました。今回は「Aurvana In-ear2 Plus」と言うヘッドセットもまとめて送られてきました。

cat20210221112718

最近マウスとかもそうですが、箱に文字がたくさん書かれたパッケージをよく見るような気がします。

cat20210221112746

紙のマニュアルとUSB音源本体、Type-Cの変換アダプターがついています。

cat20210221112810

反対側はサウンドブラスターのロゴが入っています。

cat20210221112953

play!3に比べてさらに小さくなっていました。

cat20210221112826

USBも今時のType-Cになっています。

cat20210221112840

変わったのは、4極のヘッドセットの口だけになっています。3の方はマイク端子もありました。

cat20210221112900cat20210221112924

Aurvana In-ear2 Plusの方は、検索して見ると数年前の製品で、もう販売は終了しているみたいです。3,4千円くらいのレンジの製品みたいです。バランスドアーマチュアドライバータイプで、価格も安く当時人気があったようです。今回はパッケージそのもので無く簡易的なものでしたが、本体があれば充分ですね。ケーブルが触れるときのタッチノイズはそこそこあります。

cat20210221113006cat20210221113031cat20210221113052

ミュートとボリュームコントロールが手元で行えます。

cat20210221113108

せっかくのType-Cなので口のついているPCに接続します。USB音源として認識されるので、ドライバーのインストールなしでも使えます。

cat20210221113159

丸いボタンで低音ブーストなどモードが切り替わります。

cat20210221114453

こんな感じで指すだけで認識されます。

cat20210221113215

最近の在宅勤務でのWeb会議用にもと言うことで売りみたいなので、ユーティリティーソフトもダウンロードします。

cat20210221113836

インストールすると再起動が必要です。

起動させるとこんな感じで、各種設定が行えます。play!3だともう少しゲーミングっぽいパネルでしたが、ずいぶんおとなしい感じですね。この辺りは一般利用にフォーカスされている感じがします。

cat20210221114225

サラウンド風などここで詳細をいじれます。

cat20210221114244cat20210221114257

Web会議用にマイクの自動コントロールなどの制御もできます。自分も去年の3月から殆ど在宅勤務で、毎日かなりの時間Web会議で済ましていますが、会社のPCには勝手にソフトをインストールできないんですよね〜。アドミニ権限も無いですしソフトのインストールとかも検知できるようにしてるので、この辺りが使えないのは仕方ないところです。

cat20210221114322

ということで、Twitchの配信とかには使えると思います。ここで土日とか配信してる事があります。音声はDISCORDで会話しています。DISCORDの機能でバックグラウンドのノイズ除去機能もありますが、こちらはもう少し詳細に調整できるようです。大きな音もノーマライズされたりエコー除去や、ボイスチェンジャー機能もあったりします。ボイスチェンジャー機能は、ゲーム配信向けの機能かなと思ったりします。

cat20210221114340 cat20210221114353

cat20210221114513

PC以外にもスマホやゲーム機に対応してるとのことで試してみます。

ZenPhoneに直差しで問題なく使えました。

cat20210221114541

Switchにも対応してるって事でさしてみたのですが、音が鳴らないです・・・。説明書を見るとモードを変更する必要がありました。

cat20210221114551

丸ボタンを2秒ほど長押しでモードが変わるようです。切り替えたら最後のモードは覚えています。

cat20210221114613

無事認識しました。

cat20210221114600

モード変更で何が変わるのかと見てみると、出力制限をかけてるようです。ゲーム機で認識しないUSB DACはこの辺りに制約があるようですね。

出力
モード1:最大24bit/96kHz※1(Windows PC/Mac/PS5・PS4/Nintendo Switch)
モード2:最大24bit/192kHz※1(Windows PC/Mac)

cat20210221103636cat20210221103751

とりあえず、3時間ほどエージングで垂れ流してから聞いてみました。

PCの内蔵のイヤフォン端子自体も昔と違って、明らかにノイズが乗ってるなんてことも無いので、劇的な変化は感じませんでした。エフェクターがかかるので音自体は違うのですが、桁違いとはいかないようです。最も専用機器をつないでパワーアップしている感ってのが気分的にもよいかなと思っています。当然内蔵のものよりもお金がかかっている部分ですし、手軽にモード切替で音が変えれるなど、使い勝手でいい面はあると思います。
にしても、音周りって昔は小さい機器はすぐにわかるほど駄目だと思っていましたが、今はずっとよくなってしまって小型でも、かなり満足度高くなりましたね。

動画レビューです。