小さいって事は・・・

ちっちゃな機械を操ろうヽ( ・∀・)ノ 〜○

PC

慌てて残りのWindowsを10にアップデート

夏休みの宿題期限のように、Windows10のアップデート権利だけを貰えるように、バージョンアップして元に戻す作業に明け暮れています。

残り5,6台はあるけどさすがにもうあきらめモードです。1年なんて長いと思ってても結局最後まで引っ張ってしまうのは小学生から変わってないなぁ・・・。

cat20160724182958cat20160724183023cat20160724183044

うちのひとに使ってないMIIX貰いましたが、Windows8のままだったので、半日パッチ当ててるのにまだ8.1にたどり着けてません。

パッチすっ飛ばして上げようとしてもエラー出て上げれないしWindows8からDirectに10には上がんないしで大変ですね・・・。

 

という感じで、中々blogの更新が追いついてませんが、ちょっと無駄な作業が多すぎるかな・・・。

X68000のHDDをイメージ化しました。

超今更ネタですが、X68000のHDDを丸ごとイメージ化しました。

元々X68の環境は、MOを使ってWindows側にえっちらファイルを持っていて行って、ある程度エミュ内で環境を足りない物を付け足して使っていたこともあり、それで満足していましたが、SX-Windowとかは綺麗にコピー出来ず(小文字問題やとうぇにーわんとかで)そのまま放置してました。たまたま検索して引っかかったサイトにHDDのイメージ化が超簡単なやり方が掲載されていたので、今更だと思いますが試すことにしました。情報掲載がホントありがたい話です。

 

環境はubuntuが乗ったPCMCIAスロット付きのPC+PCMCIAのSCSIカード(以前友人の”かえる”くんからの貰い物)そしてHDDのコネクタが合わないのですが、こちらの変換コネクタを使いました。(これもTwitterで知り合ったsakohitiさんに頂きました)皆さんに感謝です。

cat20160619123915

 

この変換コネクターで、アンフェノールでもハーフピッチでも交換できます。

cat20160619123951

 

540MBのHDDに接続。ウチの人に「ゴミが出てきた」と言われましたが・・・。一応実機へは変換番長へコピー済みです。

cat20160619124009cat20160619130202

 

ubuntu側からカード刺して起動させるだけで認識しています。凄い簡単!

後は、サイトに書かれていたコマンドをそのまま入力するだけで終わりです。動いてるか判りにくいですが、終わったらプロンプトに戻ります。吸い出せたイメージはホームフォルダに保存されています。

sudo dd if=/dev/sdb of=X68030.img

ちなみに、接続されたデバイスの確認は、こちらです

cat /proc/scsi/scsi

cat20160619125821

イメージ化も結構早くて20分くらいで終わりでした。MOなんて何時間かかったことやら。

 

拡張子をIMGからHDSに書き換えてXM6 TypeGにマウントしたら完了です。完璧に戻ってちょっと感動です。030用の環境が微妙だったが完全に戻ってくれました。

cat20160619132123cat20160619132152

 

と言う事で、Compactの環境だけで無く98もTOWNSもMACもイメージ化だけしてみました。

X68が意外にも一番簡単で扱いやすかったことに驚きました。ちなみにHDDはどれもエラー無く読み出せました。

見かけは540GBですが中身が1GBになってるのもありましたが・・・。あと同じような箱なので、どの機種用だったか全く判らずDiskExplorerで中身除いて何とか判りました。

cat20160619133240

Surface PRO 4を使って・・・

Surfaceアンバサダープログラムで借りていたPRO4も一ヶ月の期限が来てしまったので返却しました。
もう少し自分の環境を入れ込みたかったのですが、普段使っているソフト類って、ライセンス認証とかが色々掛かっているので、載せ替えが大変って感じで、結局ほぼデフォルト使うことに。

今回はペンがじっくり使えたので、ソレが良かったですかね。
と言うことで、まとめの動画作ったのこれで終了です。



※アンバサダープログラムではblogを最低三回更新の必要がありました〜。

Surface PRO4 を使ってFresh Paintでお絵かき #Surfaceアンバサダー

Surface PRO 4のアンバサダープログラムで貸し出しを受けているのですが、お題は「Surface チャレンジモニター Vol.1 イラスト/オリジナル壁紙制作!」と言うイベントなので、そろそろ返却も近づいてきたのでお絵かきです。

貸出機は、ログインアカウントとか変えないでって事や、自分の普段使っているライセンスを移すのが面倒なので、最初から入っていた「Fresh Paint」ってソフトで、書くことにしました。

cat20160611172927

Surfaceのペンはかなりよく出来ていて書きやすいのですが、PROシリーズは兎も角うちの3だと別売なのが痛いです。単体で買うと高すぎるし(1万円ちかくします)

30年前の周辺機器ならそんなもんですが、今の時代だと高く感じますね〜。

 

取りあえず、ウォーミングアップして油絵調で書いてみます。

cat20160611140834

 

レイヤーとか無さそうなので即興で書いていくことに。

cat20160611141449cat20160611142111cat20160611142809cat20160611144502cat20160611152559cat20160611160303cat20160611162754cat20160611162815cat20160611164440cat20160611164145cat20160611171913

と言うわけで完成!

cat20160611173303

取りあえずお題目は完成です。

Surface Pro 4をかりたので、Surface3と比べてみます。 #Surfaceアンバサダー

Surfaceのアンバサダープログラムと言う物で、Surface Pro 4を借りました。

 

今回は、ペンを使って壁紙などを作りましょうと言うイベントですが、まずは手持ちのSurface3と比べた感想を書いてみたいと思います。

cat20160522142416cat20160522142728

Surface3を買ったのは当時はPro3と比べましたが、少しでも軽く小さい物が欲しかったのと、ATOMの性能も上がり2in1で必要な最低限のスペックを満たしていたと言う事で、3を選択しました。まぁ安く買えるってのもなきにしもあらずですが・・・。

 

液晶は3でもかなり綺麗なのですが、Pro4も相当綺麗ですね。液晶が綺麗なマシンはそれだけでかなり満足感が高くて良いと思います。

 

キーボードを比べると3が小さいので隙間くらいの差かと思いましたが、ファンクションが違ったり微妙に統一感の無い物でした。キーボード自体が大きいからか斜めに設置したときのベコベコ度はProの方が大きいです。

cat20160522142506cat20160522142503

 

Pro4のUSBは一つだけです。3は電源も兼ねるUSBがあるので、微妙に便利なところもあります。Pro4は、そろろろTypeCでも良かったかも知れませんねおまけで、ACアダプターにもUSBの充電用の口が付いています。

cat20160522142527

 

放熱用の穴です。これも気になる部分ですが、穴無しにするには他のメーカーも見てもCoreMでないと無理みたいですね。Pro4のCoreMでも穴はあるようですが。

cat20160522142538

 

こちらが自在に止まるヒンジです。3は3段階なので使い勝手は変わりますが、自分の場合ケース傾斜を使ってるので特徴であるスタンドを使ってなかったりますw

cat20160522142556

 

一番差が出るのが、性能差ですがNVMe対応のSSDが搭載されストレージのは圧倒的に高速ですが、それ以前に起動やらなにやら思っていたより差が有って悲しいけど体感差は大きいです。

最も最新型の高速機なので当たり前とは言え3とは別次元のレスポンスです。触っちゃうと差がわかってきてしまうのでここは知らない方が良かったかもと。

cat20160522145818

 

3では、ペンが別売で高すぎるので購入していませんでした。Proシリーズは標準搭載です。

側面に磁石でくっつきますが、このまま鞄に入れたら取れてどっか行くくらい緩いつながりですね。またこの位置は充電端子やUSBと干渉するので微妙な位置のような気もします。と、Webで検索したら左にも付くんですね。右利きなのでなんか変な感じもします。
収納できるのが一番良いと思うのですが、ペンの太さが出せなくなりペン自体の使い勝手にも影響するので微妙なんですかね。LenovoのThinkPad Tablet 2が内蔵でしたが、細すぎて外人に受けが悪く無くなったと聞いているので、同じように内蔵式はあり得なかったのかも知れません。

cat20160522150255cat20160522150349

 

充電コードは専用でマグネット式ですが取り付けは簡単でした。3はUSBで汎用的ですが、側面が斜めだったりで取り付けにくいです。

cat20160522150328

という感じで、とりあえず開封して3との違いを書いてみました。

Qtuoの低価格なUSB光学ドライブ

Amazonのレビュー依頼で頂いたQtuoさんのUSBドライブです。

1,400円ほどで売られている物です。

付属のアプリケーションも無しです。説明にはDVD-ROM+CD-R/RWのコンボドライブでしたが、認識されたドライブはDVDの書き込みも出来るドライブが入っていました。ベゼルはDVD-ROMと成っています。ちなみに中身のドライブはTSSTcorp(東芝Samsung製)の TS-L632Dでした。

cat20160429104615

no title
送られて来た箱はシンプルすぎてなんともです。中身が壊れなければ良いレベルなのとどうせ捨てちゃうのでこれでいいかと。

 

中身はドライブとUSBケーブルと電源補ケーブルです。

cat20160429104625

 

説明書は英語ですが、読む必要は無いですよね。

cat20160429104651

 

ケースもシンプルでドライブが刺さってるだけです。おかけでコンパクトです。

cat20160429104707

 

USBのケーブルも海外製品らしく奥まで入らないですが、こんな物でしょう。

cat20160429104722cat20160429104849cat20160429104953

最近15インチクラスのノートPCでもUltrabook仕様でドライブがついてないこともあるので、リッピングとかちょっとしたいときとか、未だにドライバーがCDだけなんてのもあるので確保しておけば良いかと。この値段で新品なので、中古買うより良いですよね。

 

あ、Amazonは2千円以上じゃ無いと送料掛かるので、そこだけ注意ですかね。

ポータブルDVDプレイヤーでichigoJam

amazonレビューを書いていると次々に中国製品が送られてくるようになります。全然使い道の無い物や、アクセサリーや女性用の洋服までレビューしてくださいみたいな感じです。その内とても受けきれなくなってきたので、だんだん選ぶようになってきました。何せ毎週ダンボールが山積みで捨てるしか無くなってきたので・・・。

 

その中でも、普段から使える物が来ると嬉しいです。これはDBPOWERってとこのポータブルDVDプレイヤーです。DVD自体も100枚くらいは有る物の、棚の奥にしまってしまい出すのが大変なので、主目的から外れた使い方です。

cat20160326105704

 

一万円もしない物ですが、リモコンやカーアダプターなどもついていてバッテリーも内蔵しています。

cat20160326105809cat20160326105902

 

USBやSDカードからも汎用性高い様々なファイルが読み出せるようです・・・。

cat20160326105943

 

外見は結構ずんぐりなのでスタイリッシュとか言う物ではありません。

cat20160326110116cat20160326111937cat20160326112010

 

液晶も白浮きが目立ちますが、設定が細かく出来て4:3などアスペクト固定も出来ます。パネルの解像度は800*480でDVDには丁度良さそうです。

cat20160326112438cat20160326114433

 

MP3プレイヤーとしても使えるし、この辺りのコントロールチップはもうかなり完成度高い気がします。ノイズが乗りまくりとか昔の粗悪品みたいなことは、このレベルでももう無い感じです。

cat20160326113937cat20160326113941cat20160326114119

 

バッテリー内蔵な事とUSB端子があるので、ichigoJamをつなげると、バッテリー駆動できたことと、相性が良かったのか画像の乱れが全く出ませんでした。

いっそのことDVDの部分がキーボードだったらなぁ〜と思うような出来です。と言うことで、ichigoJamの周辺機器としてはとても良い物が手に入りましたw

cat20160326120857

ThinkPad 240のDOSの環境にSSDを使って見ました。

ちょっと勿体ないのはわかっている物の・・・。Koukさんに譲っていただいた20GBのSSDをMS-DOSが入ったThinkPad 240に入れて見ました。

DOS環境なのでで、8GBまでしか使えませんし、転送モードもPIOモードでアクセスしていると思います。たぶんCFカードでも違いは少ないと思いますが、CFカードも8GBだと1,500円位するのでアダプターが少し安い程度ですよね。

DOSのDISKベンチって有りましたっけ?PIOだと4MB/sくらいが最大だったですかね。

cat20160304212730

このアダプターが2千円ほどするので、その辺りがちょっと勿体ないです。これは玄人志向で、カバーがしっかりとした出来なので悪くは無いです。

cat20160304212814

元々のHDDも18GBなんですが、これのさらに元々付いていた6.4GBの環境をコピーしたので6.4GBまでしか使ってなかったります。

cat20160304213032

面倒なので、まずはまるまるコピーします。

cat20160304213347cat20160304213628

 

SSDに付け替えて無事起動です。HDDでも遅くは無いです。ただ流体軸受けタイプのHDDでは無かったので、交換してからかなり静かには成りました。

cat20160304214656cat20160313124956

パーティションを切り直すのですが、拡張領域が変なボリューム名になって消せませんでした。古いDOSの本を読み前してラベル変更とかしてみますが・・・。

変わらない。また取り外してWindows機につないでファイルのバックアップ取ってから、拡張領域だけ個別にフォーマットして領域確保し直しました。

cat20160313125538cat20160313125804cat20160313130026

手間が掛かりましたが少しだけ容量が増えました。

その他V-Text化もしたかったので、そのあたりも設定しました。DISPVと言う物を使っています。サイトがちょっとすかし文字みたいに見えますがなぞると出ました。ブラウザのバージョンも古くないと駄目みたいですね。DOSの画面を見ると、ついついPC98と間違ってAドライブとかBドライブに変えてしまいます・・・。

cat20160313144551

 

MASLもそこそこ残っていたので軽く計測します。この辺りは1.6GHzのATOM搭載ネットブックにDOS入れるより366MHzのceleronの方が早かったりしますね。

音源も対応出来ないので、最新ノートでDOS環境はちょっと厳しいですが・・・。

cat20160313154734cat20160313154825cat20160313154952

 

でも、CG見るくらいならWindows環境の方が楽で良いですね。趣はありますが〜。

cat20160313155302

やっぱDOSはPC98で環境整えてたので、DOS/V機だとアレが無いこれが無いでちょっと微妙だったりします。RS-232CのMIDIインターフェースとか捨てなければ良かった・・・。MDXとかDOS/V機では聞く環境って有ったんですかね。音源的にはショボかった感じがして、音周りが全然充実していないです。折角のFM音源搭載機なのに勿体ないかな。CG再生はVGAが有る分98よりは良かったのですが、言ってる間にWindowsに成りましたからね〜。フリーのDOSゲームもあまり見かけませんでしたが、ゲームパックみたいなのが日本橋電気街でも沢山売られていたので、よく分からないセットでしょっちゅ買ってました。 取りあえず、DOSでWindows3.1も入れましたが8GBもあればかなり余裕のある環境ですね。昔の自分に持って行ってあげたいw

昔のゲーム雑誌「テクノポリス(1983年頃)」

会社の先輩に、古いパソコンの雑誌が見つかったと言うことで、まとめて送っていただきました。先輩はFM-7を使われてたので、Oh!FMが多かった物のテクノポリスも混じっていました。自分が知ってる時代のテクノポリスはサイズも違うし、同人ゲームとかを取り扱っているときだったと思います。

cat20160207181523

 

広告もその当時の物です。P6ってNEC自体がパピコンって書いてたんですね。

cat20160207181539

 

ゲームの紹介もPC-8001とかで、これと比べたらFM-7は画期的だった様に思います。

cat20160207181603

 

今でも、ちょくちょく秋葉に行った際見てくる東映はモニター売ってたんですね。広告は見覚え有りましたが、同じ物の意識は無かったです。

cat20160207181624

 

パソコンの能力比較は、搭載BASICの命令表でした。

cat20160207181727cat20160207181741

 

この頃のテクポリはまだまだプログラムが沢山載っていますね。

cat20160207181812cat20160207182243

 

扉絵のCGはスキャンでも無くプログラムで書いている時代です。パソコン通信も無い時代でやりとりはテープのコピーですね。

cat20160207181844cat20160207181840

 

自分の初めてのパソコンMZ-1200が載っています。この雑誌が出てる頃はパソコン持ってたことになりますが、ベーマガ以外は買えなかったです。

cat20160207181906

 

マイクロコンピューターショウなんて楽しそうですよね。記事では発売されなかったSEGAのSC-5000なんてのが載っていました。

cat20160207181951

 

この方は、PCを車に搭載して各種数値を拾ってモニターに映しています。地図のデータとかは即時に読み込めないハズなので、いちいちテープで読ませて切り替えるのかな?と思いつつ、カーナビでやるようなことを無理矢理でもこの時期にやっているのが凄いですね。

cat20160207182018

 

使っているパソコンの広告もあります。m5って5万円しないんですね。今の感覚だと手頃ですが、当時はどうだったのかな。

cat20160207182038

 

あの有名な森田さんについてのインタビュー記事が掲載されていました。今更ですが検索したらもう亡くなったんですね。

cat20160207182118

 

当時の最後の方に良くあるユーザーのページは当時を物語ってる絵柄が並んでいます。今はホントレベルアップして凄いですよね。

cat20160207182159

という感じで、昔を思い出しながら徐々に読んでいっています。自分のはほぼ全部捨ててしまったんですよね・・・。少しでも置いておく場所が確保できてたらなぁ〜。当時は何も考えずに捨てました。

Lenovo Premium Club会員限定のThinkPad新製品発売記念イベントに行ってきました。 その3 タッチアンドトライ

最後はレビューコンテストと、タッチアンドトライです。P70を貸し出してくれてそちらのレビュー書いて優勝すればそのPCが貰えるそうです。かなりのスペックの物なので、いつもの手抜きレビューじゃ勝てない気がします。そもそも、うちの人に勝てないような・・・。一応応募予定ですが、最大3ヶ月ほど待ちらしいです。

cat20151217202619

 

タッチアンドトライは別の部屋で行われました。と言っても新しい物しかタッチできません。珍しいTransNoteの左右版です。最後安く売られたとき買っておけばなぁ〜と思います。PentiumIIIの600MHzですよね。Yogaやタブレットは、基本的には色物シリーズなので、実用性は兎も角それだけでワクワクする物なんですよね〜。最近X1がそのポジションでしたが、冒険度合いが薄くなるのは残念です。

cat20151217203942cat20151217203945

 

Yogaコーナーなので歴代タブレットが並びます。X41tで、うちにも有るやつです。この辺りから丁度レノボ製のThinkPadでしたかね。隣はX61tです。電源が入ってないので液晶パネルXGAなのかSXGA+何なのか判りませんでした。気泡が入って延長保証でも修理出来なかった問題が出た奴ですね。

cat20151217204010

 

X201t、X220t。この辺り液晶がTNで微妙だったような思い出と、重くなりすぎ+液晶の縁が幅取り過ぎてどうなんだろうと思ってた頃です。

cat20151217204019

 

X230tは最後のXタブレットシリーズですよね。本当のタブレット出ちゃいましたが。奥のはTwistです。EDGEシリーズみたいな感じですが、悪く無かったと思います。短命でしたがこのヒンジタイプの最後の機種になりましたよね。

cat20151217204038

 

Yoga12です。ちょっと期待したんですが、X240よりも重くさすがにタブレットスタイルで持ち歩くのは無理ですよね。

cat20151217204100

 

そしてYoga260です。それまでが重い物ばかりだったので、これでも随分軽くなって薄くなってやっとスタートな気もします。X250よりも軽いので、B5の軽い奴って事でこれでも良いかもしれません。安くするためにタッチパネル止めたりするバージョンとか出てきたりは無いですかね・・・。某パナソは要望してたら、回転もしないバージョンを出してくれました。

cat20151217205217

 

YOGA900です。こちらもキーボードで冒険したりしたものの今回は普通になって帰ってきましたね。ThinkPadシリーズじゃコンシューマー専用なので見栄えも綺麗です。キーボードの質とかはまたちょっと違うんですけどね。

cat20151217204309

 

もう一つの部屋はPシリーズや、Tinyの紹介です。

と言いつつ、いきなりIdeaシリーズのゲーミング機がありました。

cat20151217204324

 

これがP70です。隣はW700dsです。dsはうちにも有ります。ACアダプターだけで1Kg超えるヘビー級マシンです。

cat20151217204402cat20151217204440

P70は4Kで発色も良く綺麗ですね。スマートで、優等生な感じがします。反面dsはLEDバックライトじゃ無いので暗くなっているのと、発売当時さんざん叩かれましたが、この値段ながらキーボードががベコベコだったというのが悲しいです。ただ、キャリブレーション機能やパームレストのペンタブ機能だけで無く、横からもう一つモニターが出てくると言う、かつて無い冒険を繰り広げたキワモノマシンってだけで存在価値がありましたね。

 

こちらはP50です。P70もそうですが、トラックパッドも物理キーに戻ってたり、この辺りはワークステーションなのでしっかりしてくれた感じでいいですね。こちらもWシリーズから同様カラーキャリブレーション機能を搭載できます。

cat20151217204505

 

ThinkCentreシリーズです。ダストシールドが並んでいます。最新のPCでもこういうのがポイントとはw。

とは言え、実際問題サーバーでも埃詰まりすぎると壊れる事があって、掃除を頼んだら1回30万の見積もりが出たので、メモリー増設作業中入れたついでに、自分で掃除機使って吸った思い出が・・・。そのマシンUnix機だったのですがメモリーとCPU増設で一台1,200万円だったと言う。CEの人途中でメモリー刺すのが手が痛くなって休ませてくれと頼まれました。

cat20151217204553cat20151217204630cat20151217204654

 

一体型ってそこそこ出た割に普及しきれなかった気がします。Appleのごり押しくらいですかね。仕事では、このタイプで良いような気がしてるのですが。モニターだけ壊れることもあんまり無いしで。

cat20151217204724

 

最後は常設展示です。NECも同じ場所に入っているので、NECのPC展示もありました。

cat20151217205452cat20151217205513cat20151217205918

最後はエアーホッケーで遊んで帰りました。

 

久々に、ThinkPadのイベントだったので楽しめました。一時期秋葉原で大規模なイベントとかやっていたのに、2012年に行われた大和魂のイベント以来ご無沙汰だったので良かったです。

また歴代のPCを並べるようなイベントがあれば良いのになと思います。自分の場合、ThinkPadのイベントで知り合った人たちが沢山居るので余計にそう思います。

Lenovo Premium Club会員限定のThinkPad新製品発売記念イベントに行ってきました。 その2 Tiny その他

ThinkPadは終わって次はThinkCentreのTinyです。ThinkCentreはあんまり有名じゃ無いかも知れませんね。

cat20151217194015

 

Tinyは個人的に使ってみたい物の、自作機ではゲームもするし、こたつの上ではノートPCが別にあるしで、結局家では微妙なので買わないままでした。

cat20151217194119

 

三世代目になって、サイズは変わらないそうですが、見かけはスッキリしましたね。

cat20151217194146

 

下位モデルは、ATOM系のCPU搭載タイプもあります。上位モデルはM.2スロットもあるので、ストレージは高速で使えます。他にストレージも詰めるスペースがあるので、ゲームをしなければこれで事足りると思います。

cat20151217194342

 

最強構成はこんな感じらしいです。値段はいくらするんですかね〜。モニターの後ろに回せるのと、スイッチが押しにくくなるので、USBのキーボードをパワーオン対応の所に接続したらキーボードからでもパワーオンできます。(特別なキーボードは要りませんのでUSBドングルタイプのワイヤレスでも大丈夫です)

cat20151217194642cat20151217194705

 

ドライバーレスにも対応出来るようになりましたとのことです。企業でドライブを簡単に持って行けるのは困るので、この辺りは微妙ですよね。ThinkPadも少し前までは、ワイヤーロックしても簡単にHDD取れてたので何だかなー仕様でしたよね。うちの会社はデスクトップPCもワイヤーロックしてますが。

cat20151217194843

 

今回は埃用のフィルターオプションが出ましたって事です。しかも水洗いで繰り返し使える!皆さんもデスクトップはたまには埃取りましょうって事でした。

cat20151217194934cat20151217195023

大和研究所を見学させて貰った際、埃や砂のテストしてましたが、アリゾナの砂ですとか言う話を聞きました。瓶に入って売ってるらしいです。※Tinyの設計は大和じゃないかも知れません。

 

後は、スマホとリンクしてPCから離れたらロックするようなアプリの話です。この辺りうちの会社だと全部削っちゃうんですよね〜。スマホつなげるってデータこそ流れて無くても個人の物とリンクさせるリスクを考えると使えないって感じになると思います。

cat20151217195053

 

 

次は土居さんの趣味の話?

cat20151217195222

 

自宅と会社です。持ち歩いてないのかな?ってのとか、さすがに他社のは出ないと思うので無難な感じですね。一応撮影禁止でしたが、自作機の紹介はありました。過去に津ためられたCPU作ってる会社のロゴが入ったショーケース型のとか、良い感じのでした。

cat20151217195830cat20151217195949

 

最近のカメラとかドローンで遊んでますって事でした。α7RIIってめちゃくちゃ良いカメラ使われてますよね〜。高すぎてとても買えません。

cat20151217200404

 

今後はこれに・・・って事らしいです。ThinkPadのイベントにわざわざ来る人って、座った時用のPC、振り向いたときのPC、寝室のPC、仕事用、ゲーム用、風呂用とか、そういう世界だと思うのですが、自分の思ってるのと違うのかな・・・?

cat20151217200811

 

CESで発表されるPCのシルエット紹介って事ですが、写真とかじゃじゃ漏れのX1のYogaとCarbonとTabletですかね。そろそろXPS13対抗機種も出て欲しいところです。PCのパーツや材質は各PCメーカーで全部開発してるわけじゃなくて、車みたいに部品メーカーがある程度持ち込んでいると思うので、同じような液晶の縁が細い物とか作れると思うんですけどね〜。もちろんPCの足やファンは独自でしょうけど、液晶パネルなんて別メーカでも同じ物使いますよね。

cat20151217200953

 

セッションの最後はクイズ大会です。ちょっと質問が難しすぎてあっという間に撃沈でした。と言うか最後の最後でやっと簡単になる感じです。

cat20151217201929cat20151217202026

この方、昔から宴会部長さんなんですかね〜。2011年に見た頃から変わっていませんでした。商品は高そうなPCケースとかリュックとかノベルティーでした。

 

続きます。

Lenovo Premium Club会員限定のThinkPad新製品発売記念イベントに行ってきました。 その1 P70,P50,Yoga 260

ThinkPadのイベントが久々に行われたので参加させて貰いました。Premium Club宛てにイベントのアナウンスがあり抽選で参加出来るという物でした。場所は秋葉原のUDXにあるレノボの本社です。今回は同伴者も1名まで可能と言う事で、うちの人と二人で行ってきました。

 

という感じで、イベントの様子を掲載しておきます。ちょっとスライドが多かったので、記事を分けて掲載します。

※一部Confidentialなスライドがあってそれは飛ばしています。

 

イベントの進行はレノボの土居さんが行われました。

cat20151217190010

 

まずはPシリーズの紹介からです。Wシリーズが無くなり、モバイルワークステーションは、Pシリーズと言う物になったようです。17インチのタイプがしばらく消えていましたが、今回久々に復活ですね。

cat20151217190151

 

今回は、いち早くモバイルXeon対応機で登場とのことです。説明ではメモリーがECCに対応した所が、他とは違うと言う説明でした。実際高クロックな所とECC以外は、コア数など変わりませんでした。ECC対応のメモリーがこれまた高そうですよね・・・。

cat20151217190236cat20151217190619

 

グラフィックについては、当然QuadroなのでOpenGLとかも有りますが、スペック自体はGeforce GTX980Mと殆ど変わりませんって事でした。メモリーまで含めた部分をnVidiaが作って保証するところが違うとか。

cat20151217190915

 

ゲーミングPCと比べられています。4Kあたりはどちらも対応ですね。もっとも4KにしてもWindowsの場合、色々表示がおかしくなるので4Kが欲しいかと言えば、自分は重視しないところです。40インチとかなら4Kで良いのですが・・・。MACみたいにアプリも含めて綺麗に対応して欲しい所です。

cat20151217191049

 

クールリングシステムは2系統あって、CPUとGPUをうまく冷やしてますとのことです。ファンの速度は同期させて動かすのが効率や騒音の点で良いとか。後は片方壊れても動きますとのことでした。まぁ、緊急対応的な話ではありますが。

cat20151217191330cat20151217191618

 

Turbo Boost時間が長いってのはこのアタリが出てきた頃から言われてたかと。後は、バッテリー動作中でもそれほど速度を落としませんとか言う話もありました。

液晶パネルの色のスペックとか質問が出ましたが、後ほどTwitterで答えますって事でした。

cat20151217191756

蓋を開けた状態とか見たかったのですが、そういうの機会はありませんでした。

 

続いてもう一台ThinkPad Yoga260です。

cat20151217192614

 

前のは期待した物のX240より重かったし、アイデアは良いけどどうなんだろって物でしたが、今回はかなりスリムになりました。とは言え1kg超える物をタブレットとして使うのかな?って気はします。自分もYoga11sを使っていますが、タブレットにすることはまず無いですね。変形するPCを使っているって所だけが楽しいのですが、実用度はまた別だと思います。

cat20151217192829

 

今回の改良点です。かなり変えてますよって事でした。

cat20151217192913cat20151217192928

 

タブレットシリーズの派生型なので、ペンも使えます。ペンは充電式で差し込むと充電されるそうす。

cat20151217193027cat20151217193045

 

キーボードが昔のシャープのPCにも有ったようにタブレット時は凹みます。

cat20151217193149

 

指紋認証は、置くだけの物になりました。指紋認証はAppleがAuthentic買い取ってややこしくなりましたよね。

cat20151217193254

 

後は、動作モードの説明を軽く行って

cat20151217193402cat20151217193449

 

タブレットで画面が点いたままでも歩いたら消えますって事です。(振るだけじゃ無くて歩いたことを感知するそうです)

こう言う細かい芸を入れてきますよね。ただ企業でたくさん入れた場合、こう言ったツールは機種固有のトラブルに繋がるので、殆ど全部入れなかったりします。

cat20151217193534

 

画面はタッチパネルなので、持った操作なのか、使いたいための動作なのかを判断してるとか。

cat20151217193705

 

4K出力対応してるとか。と言っても30Hzまでだそうです。

cat20151217193744

 

ストレージはPシリーズと同じくNVMe対応だそうです。ちなみにこの表のCarbonの最大メモリーは間違いだそうです。cat20151217193918

といった感じのThinkPadの説明でした。

最近は、ThinkPadも液晶画面をIPSとか選べるようにしてくれたのは良いのですが、IPSでも名前だけじゃ無く質も上げて欲しいですね。

後は、ノートじゃ難しいのかも知れませんが、フリッカーレスのとかにも成っていって欲しい気がします。

 

続きます。

古いPCの液晶画面に傷のような物が発生する、ビネガーシンドロームについて

うちのiBookがやばそうだったんですが、完全にやられてしまいました。臭いも結構出ていました。

引っ越しの時プチプチに包んで3年ほど放置したらこの有様です。

cat20151213094750

 

ちょっと前に気がついて出したのですが、しばらく他のPCから引き離して置いてましたがこの状態です。

cat20151213094755

高温多湿な環境で、液晶前のフィルムが写真のフィルムと同じように加水分解が起こり酢酸ガスが出て、ひっかき傷みたいに出てくる物です。

ガス自体も酸っぱい系ですが、有毒なので下手に剥がしたりしたらかなりヤバいそうです。こうなると手の施しようも無く、またこのガスが他のPCの液晶も同様に痛めて連鎖するので、廃棄するしか無いです。

 

と言うことで、上半身を外すことにしたのですが、一カ所だけどうしても取れないネジが・・・。どっちに回しても元々手応えが無く抜けません。製造時に適当に閉めたような感じですね。

cat20151213101454

 

仕方無いので、上のパネルだけ抜き取ることにします。iBookってネジもバラバラだし堅い爪で止まりまくりで大変でした。

cat20151213102134

 

何とか取り外せました。無線のアンテナもあるので、枠だけ残しても良いかと・・・。

cat20151213103823

 

臭いです。ヤバそうな臭いなので、勘弁して欲しいです。

cat20151213103949

 

とりあえずこんな感じで落ち着きました。カレンダーでも挟んでおきますかね。

cat20151213112800

 

外部出力のしっぽが見つからず焦りましたが、なんとか発見できました。キーボードは黄ばんでないんですけどね〜。ついでにHDDも交換したかったのですが・・・。

cat20151213113318

 

と言うわけで、他のもと見てみると・・・ThinkPadも表面は真っ黒でしたが、電源入れるとこんな画面でびびりました。

cat20151213131429

殆どホラーです。びびってiPhoneで撮影して片付けてしまいました。

こっちはちゃんと作った動画

Windows7にアップグレードしたPCをWindowsXPに戻す。

ちょっと質問を受けていた古いVAIOのTypeAですが、PentiumMだとやはり何かと重いので、XPに戻すことにしました。

やり方はマイクロソフトのページに書いて有ります。コマンドをいくつも入れますが、要はWindows7のDVDから起動して、手動でWindows7をリネームでバックアップして、Windows.oldフォルダーもリネームで戻すような作業です。

 

取りあえず、DVDから起動させます。

cat20151206170510

 

修復するを選びます。

cat20151206170546

 

回復オプションが出るので、Windows7を選択します。

cat20151206170651

 

ここからコマンドプロンプトを選んでコマンドを入力します。

cat20151206170726

 

長々と入れてると入力間違いも・・・。

cat20151206171148

 

基本的には書いてるまま、ひたすら入力です。XPとVistaで若干違います。説明では2000や2003Serverからの戻しも書いてます。

cat20151206171659

 

全部入力してリネームが完了したか、一応手動でも一覧を確認してから再起動します。

cat20151206172142cat20151206172708

と言うわけで、思ったより綺麗に戻りました。

でも、どうせならWindows7からボタン一つで戻るようにして欲しかったかなぁ〜。

 

一応リネームされてますが、Windows7のバックアップとしても残ってるので、更新しててもそこから拾えます。

有線LAN付きの3ポートUSB 3.0 Hub「HB4103」をいただきました。

時々レビュー記事の載せさせていただいてるInateckさんからUSBのHUB兼有線LAN「HB4103」を頂きました。

 

ちょうどSurface用によかったかなと思います。インプレスの記事で紹介されてたので、ちょっとあると便利そうかと。

cat20151129165612

 

USBのポートは3つで、有線LANはギガビット仕様です。と言っても、うちの場合マンションの部屋の配管使うとかなり遅くなるので、100Mでも問題ないかもです。

cat20151129165657

 

SurfaceにカバーつけるとmicroSDカードの出し入れがかなり面倒になったので、持ち運ぶデータの入れ替えには有線LANがあるといいかなと思ってたちょうどいいタイミングです。

cat20151129165918

 

この製品の特長でも何でもないですが、こっちを指すと有線側に切り替わってくれるので便利ですよね。

cat20151129170003cat20151129170035

これを刺してしまうとフルサイズのUSBが使えなくなるのでHUB付きってのがいいですね。

ちょっとしたアイテムですが、何となくあったらいいかもと思う製品でした。普段は無線LANなのでしょっちゅう使うもんじゃないだけに戴けてラッキーでした。

Inateckさんで、Amazonのセールが行われています。 年末年始爆安 一掃セール ※リンクはアフィリエイトでは無いですが、心配な人はAmazonで検索してみてください。
Bluetoothヘッドセット BH1001 3,999→ 2,999円
Bluetoothスピーカー BH1102 2,899→ 2,174円 "ノートパソコン用ケース11インチ" LC1101 1,999→ 1,499円
"ノートパソコン用ケース12インチ" MP1200 1,799→ 1,349円
"ノートパソコン用ケース13インチ" MP1305 2,799→ 2,099円
"ノートパソコン用ケース14インチ" LC1400 1,499→ 1,124円
"ノートパソコン用ケース15インチ" MP1500 1,999→ 1,499円

マイコン・インフィニット☆もみじ狩りのLIPSさんブースで買った物

昨日行ってきた、マイコン・インフィニット☆もみじ狩り PRO-68Kのイベントで買ってきた物を紹介させて頂きます。

イベントの様子はもう一つのブログにだらだらっと並べてます。

cat20151123102854

 

こちらのLIPSさんのブースで、ちょっと気になったので買ってみました。この方は帰ってから検索して見ると山之内案山子さんという、プチコンでは有名な方でした。

cat20151122105831

ポケコンの展示もありましたが、こちらもアニメーションしたりで凄いですし、そもそもモノクロのあの枠で絵もうまく描かれていますね。

ドット絵は自信がありますって事でしたが、ホント凄いです。

 

で、お品物はこちら。200円の冊子とWindowsCE用のギャラクシーウォーズもどきのソフトです。

cat20151123102908

 

冊子の中はベーマガ風でタイトルや画面に説明が書かれていて、プログラムリストが載っています。プチコンmkII対応なので、QRコードで読み取ります。

cat20151123102939cat20151123103003cat20151123103013

 

こっちのゲームは、自分はたしか親に買って貰った月刊マイコンに載っていて、MZ-1200に打ち込んで遊んだ思い出があります。

cat20151123103017cat20151123103131

プチコン3号も買いましたが、こんなところでmkIIも使うこととは。

 

スタートレックですね。ワープシーンのエンタープライズ号があれば完璧!って感じですが、色々とうるさいご時世ですしね。

ちなみに文字はぼけてるんじゃ無くて、書き換えてにじませてるそうです。3DSは元々DSのソフトは拡大表示なので、さらにぼけた感じになってしまいます。

cat20151123103949cat20151123103209cat20151123103807

 

その他、カラーのゲームもありました。基本的には8bitでもかなり初期のゲームの移植をされている感じでした。

cat20151123104028

 

こっちはギャラクシーウォーズもどきですが、換算でハイビジョンクラスらしく、右上にハイビジョン表示です。(パネルはVGA)

デモで使われていた、RZ-1501は自分も持っていたので、そっちに入れて見ました。980円くらいと思ってましたが,1.680円だったんですね。

FOMAカードとかいまMVNOのカードでつかえたりして微妙に良い物だった気がします。久々に充電してみましたが一応動きました。

 

にしても小さすぎるのと、遠すぎて中々終わらない・・・。作られた山之内案山子さん自身も一面クリアしたことが無いそうですwかなり時間が掛かると思います。

cat20151123104456cat20151123104617

これら以外にも丁寧に作られたソフトと、それを凄くキラキラした目で説明頂いたのが印象的でした。ポケコン欲しくなりますねw

マイコンBASICマガジンを買って、実際に入力してみました。

先日のベーマガイベントで昔を思い出しながらも、既に手元に一冊も残っていないベーマガでしたが、秋葉に出来たレトロPCショップのBEEPさんに数冊置かれていたので買ってきました。

昔の沢山プログラムが載ったのはやはり高くて、最後の方の物です。それでも一応Programは掲載されていたので、98のを入力してみました。

cat20151116192214

 

ハムを手早く切るゲームです。

cat20151116182536cat20151116182519

 

誌面を目で追いながら入力です。途中で、どの行入れてるか判らなくなるのは昔からです。しかも違う行入力しちゃったり・・・。

cat20151116182512

 

当然のごとく一発では正解にならず、見直して修正していきます。

cat20151116182718cat20151116185019

 

何とかちゃんと動きました。

テンキーの4を押したら包丁が左に動きスペースで切断です。切断したら反動で少し戻るのと、時間内に薄く沢山切っていくゲームです。短いプログラムなのによく出来ていますよね〜。

cat20151116185912

 

一通り遊んだら、フォルダにBASICコンパイラー見たいのもありました。動かしてみるとまさにそんな感じでEXEファイルが出来ました。

cat20151116191433cat20151116191242cat20151116191340

動きも普通に動いてくれます。速度がむちゃくちゃ速くなったりはしてないようです。終了処理だけ終わるとDOS画面に戻るので、このプログラムだとスコアが見えない感じです。

でも、こんなのもあったんですね。イマイチ覚えが無い・・・。

 

ちまちま入力していくのも、PC買った頃はさんざんやってたんですよね。ゲーム買うお金も無いから、入力して増やすって感じで。長いと数日かかるので途中で実行したりして。

昔はノンビリ時間が進んでたなぁ〜。実際PC-98の頃はベーマガで入力なんてせずにパソコン通信でフリーソフトダウンロードしてましたね。このベーマガも95年なので、Windows3.1が動いてた頃です。会社ではネスケでインターネットしてましたよ。

いつの間にか時間が進んで、EXCELなんかでも20年以上触ってるはずなのに、全然使い方変わってないかな・・・。

 

ベーマガを作られていた方々や、投稿されていた方々はその後も進化されていて、凄いなぁと感動しました。

Surface3を買ったので、簡単にレビューです。

今月は誕生日月と言う事もあり、タブレットPCも持ってないことから買い物許可を頂いて購入しました。

沢山買ってるように思われることもあるのですが、モバイル系のPC買うのは3年ぶりで、PCそのものも2年ぶりの購入だったりします。

 

送られてきた箱はこんな感じです。PC抜いた後に踏みつけると新雪に足を入れるようで気持ちよかったですw。

cat20151103122102

 

今回はビジネス向けモデルなのでメモリーが4GBでストレージが64GBの物でWindows8.1PROですがOffice無しのモデルです。タイプカバーも購入しました。

未使用品アウトレットで9.800円ほどなので、色は選べなく紺色です。安い組み合わせなので全部で7万円はしていません。

cat20151103122351

 

PROの方は箱からして高級ぽい様ですが、無印は割と簡素です。

cat20151103122625

 

MicroUSBの充電器です。無印を買った理由の一つにUSBで充電出来るところです。最も2.4A程度無いとうまく充電出来ないみたいです。今後を考えるとType-Cだったら言う事無いのかも知れませんね。

cat20151103122656

 

保護シートが付いたまま起動テストです。買ったシート貼ってから不良品だったら悲しいので・・・。

cat20151103123109

 

フィルムも高いですね〜。純正品のガラスシートなんて6千円弱もします。これは千円ほどの安い方のです。

cat20151103122916

 

液晶はかなり綺麗ですね。

cat20151103125600cat20151103125846

キーボードはよく出来てますが、重いです。これのおかげで1KgのPCと変わらなくなります。中々難しいですね。後はスタンドが思ったより使いにくい気がします。スタンド自体はよく出来てると思うのですが、さっと開けるのは難しく手探りで、開く口をさがして引っかける感じですね。指も挟まったりで、もっとさっと開く物だと思っていました。分厚いけどlenovoのYogaタブレットの足とかの方がかなりよく出来てると思います。あっちは迷うこと無くさっと足が出せたりたためます。

 

後は背面が傷だらけになるらしいので、ケースも買いました。(背面シールより安かったです)

が、このケース出来が良すぎて、Surfaceのスタンドいらないです。ケースのスタンドがさっと出てしかも引っかかりが良いのでこっちの方が便利でした。

cat20151116115055cat20151116114739

 

キーボード付けたままでも挟まります。

cat20151116114842

 

もっとも最大の弱点は重さです。ただでさえキーボードで重くなってしっかりとしたケースが付くとこんな重さになります。これじゃあ13インチのPCとあんまり変わらないですね。

キーボード外して持ち歩くのが良いかもしれません。それでも1Kgぎりぎり超えます。

cat20151116114930cat20151116115232

取りあえずWindwos10にそのまま上げてしまい、使い始めています。スペック的にはストレージが少ない事とbitLockerのおかげかかなり速度が出ないので、ぎりぎり使えるかなぁ〜って感じではあります。さくさく感はやっぱり無いのですが、困るほど遅いわけでも無いです。

いろんなタブレットと迷いましたが、KoukさんにもSurfaceが無難でしょうと言う意見もあり、長く使うためにこれにしてみました。

動画でも撮ってます。

日立 Prius(PCF-200C4TMD)のHDD交換、メモリー増設、WindowsMeのセットアップです。

先日発掘したARMADAの続きで、うちの人の過去使っていたマシンです。2台目は日立のプリウスです。

WindowsXPが載っていて、CPUはMobile Duron 1GHz,ATI RAGE MOBILITY-M,メモリー256MB,HDD30GBと言う構成でした。

XPだと何かと重そうなので、また98でもと思ったのですが、USBやiEEE1394なども付いていてDVD-ROMだったりするのでMeにしてみました。

 

液晶は光沢でもの凄く綺麗な感じです。当時一部のNECやVAIOなんかの機種でも流行ってたやつですよね。当時新品購入したらしいです。

cat20151103120939

 

背面はレガシー端子一杯です。DuronやAthlon4搭載機で暑そうな事もあってFANも二つ載っていますね。

cat20151103120852

 

本体はとても分厚いです。スピーカーが大きそうなのでいい音が出るのか思いましたが、残念ながらアンプが死にかけてるのか、小さな音しか鳴ってくれませんでした。

cat20151103120819

 

フロッピーやDVD-ROMです。なんかこぼした後が・・・。Shiftキーも吹き飛んで適当にはめたらしいですが、はめるところ違ったので後で直しておきました。

cat20151103121039

 

PCカードに有線LANも有ります。これもニッケル水素電池でしたが、まだ動きました。この時代のってかなり良かったりするんですかね・・・?

cat20151103120828

 

フロッピーから入れるの面倒そうなので、別のマシンでフォーマットしておいた100GBのHDDに必要な物をコピーして下準備です。

cat20151103121524

 

メモリースロットが底にあったので、壊れたThinkPad T20に使っていた256MBSO-DIMMを刺します。

cat20151103134039

 

HDDは簡単に交換できます。裏のネジ4本を外して、パームレスト取ったら出てきます。Youtube見たら丁度同じ機種のHDD交換動画が掲載されていました。

交換作業の写りはともかく、必要なポイントが押さえられており良い紹介だと思います。

cat20151103135036cat20151103143259

パッドのコードの差し方忘れそうなので、写真を撮ります。

 

HDDのケーブルはデスクトップ用みたいなごついケーブルですよね!

cat20151103135323

 

起動させたらHDDもメモリーもちゃんと認識されました。Athlon4に交換・・・は、CPU自体、今更落ちてないか。

cat20151103140825

 

という感じで、ドライバを適当に検索してセットアップ完了です。グラフィックがARMADAより進んでて、ATIのRAGE MOBILITY-Mを搭載していましたので3Dのゲームも何とか動きます。と言ってもDirectX5位に成ると厳しそうですが。DirectX3位のゲームならちゃんと動きました。

DOS版のMECHはゲームポートとジョイスティックが無いのでどうしようも無いですが、Windows版を入れたらUSBのスティックで遊べました。この辺りはWindows様々ですね。

 

cat20151103201037

と言うわけで、今日はSurface3も届いたのですが、バックアップ用のUSBとかSDカードとかがまだ届いてないので、立ち上げ確認と保護シール貼り付けで終わらせました。

COMPAQ ARMADA 1590DTのセットアップ

うちの人が昔使ってたPCを発掘してきました。引っ越し以来、開かずのダンボールの中にありました。

物は3台ですが、まずは1台目。COMPAQのARMADA1590DTと言う物です。

起動させるとRedhatが入っていました。Linuxの勉強に使ってたそうです。2000年以前に使ってる人は少なそう・・・。

cat20151024144130

 

状態はまずまず綺麗な感じでした。バックライトも痛んでない感じ明るかったです。

スペックはMMXPentiumの166MHz、32MB、2.1GBのHDD、SVGAのモニターでWindows95が入った物で1997年に発売されたPCみたいです。

cat20151024144237

 

キートップもかすれなく綺麗でした。

cat20151024144257

 

PCカードにフロッピーです。フロッピーは最初動かなかったのですが、何度かチャレンジしたら動き出しました。

cat20151024144309

 

面白いのが背面です。最初ACアダプターが見つからないと探したのですが、裏を見たら電源ゲーブルをそのまま直結です。ACアダプター内蔵なんて珍しいですよね。

cat20151024144330

 

反対側はバッテリーとCD-ROMドライブです。

cat20151024144354

 

驚くべきはこのニッケル水素電池で、充電したら普通に使えました。1時間くらいはMobile出来ますよ!PC本体は3.4Kgですが。

cat20151024144702

 

早速開けます。キーボードは立てかける穴があったり昔のPCは余裕がありますね。

cat20151024150903

 

早速設定してきます。メモリーは空けると16MBのEDOが刺さっていました。内蔵が16MBみたいなので、64MBを刺せば最大の80MBに成るそうです。

取りあえず、壊れたLet's noteのAL-N4から32MBのメモリーを抜いてきました。

cat20151024144854cat20151024145019

 

HDDはパスワードも判らないLinuxなので入れ替えます。

cat20151024144900

 

厚さ1.5mmくらいのHDDですね。

cat20151024145159

 

早速交換です。が、ここに写ってる12GBは使えませんでした。8.4GBの壁があるのかも知れません。それ以前にBIOSの出し方が判らなく、他にも何台か刺したのですが、結局6.4GBの物しか認識してくれませんでした。手動でシリンダー数とか入れるタイプなのかも知れませんが、BIOSの出し方がどうも判らなくて・・・。

cat20151024145541cat20151024150038

 

蓋開けついでに内蔵電池も交換します。CR2032でしたのでいつものテープで留めておきます。

cat20151024150151cat20151024150726

 

パーツ入れ替え完了なので、起動させます。メモリー認識OK。64MBのEDOのDIMMをヤフオクで見たら高い高い。98なら128MBくらいで使ってたけど仕方無いですね。

cat20151024150954

 

とりあえず入れ替えたHDDは、DOS環境の入ったDISKでした。

cat20151024153437

 

ベンチも有ったので走らせました。Celeron366MHz(数値は2,500)とかと比べるとかなり遅いです。この頃って数年で格段に性能が上がりましたよね。

cat20151024153634

 

DOSでV-TEXTでも良いのですがファイルのやりとり面倒だしで、Windows98SEをセットアップします。昔買ったDOSゲームでも遊ぼうかと。

cat20151024163942

 

セットアップしたのですが、CDがデバイス上は認識してもドライブが出てきません。PCカードも同じくデバイスとして認識しても、ドライブが出てこないです・・・。

cat20151024192709

 

仕方無いので足りないドライバーをHPのホームページからダウンロードして入れるのですが、赤外線で送り込みます。しかしThinkPadの赤外線は早いのですが、こちらが遅すぎです。

cat20151024193402cat20151024193311

 

とてつもなく時間が掛かったので、もう一度、HDDを取り出して直接入れます。せめてと思いHPのUltrabookでコピーです。

cat20151024202012

 

色々やったけど、どうしてもドライブが増えなくて・・・。と思ってのですが、どうもDOS環境で丁寧にもメモリーケチるためLastdrive指定を入れてました。DOSが入ったまま98をインストールしたらその設定を引き継いだようです。でも、何処に残ってるのか判らず、Config.sysにLastdriveを書き足してやると使えるように成りました。Windows98のこの辺りの設定何処ですかね。WIN.INIとか見ても判らなかった・・・。

cat20151025092508

 

と言うわけで、疲れ切ったのですが、一応CD-ROMとかも交換できそうだったので、写真だけ残します。

cat20151025113546cat20151025113555cat20151025113618

この頃のCD-ROMドライブって、これだけでもかなり重い物ですね。バッテリーも重いけど一つ一つがかなり重かったです。

 

ゲームの方は、少し入れましたが、グラフィックが3D機能も無いので本当にDOSゲーム用ですね。

こどもパソコンのIchigo Jamを組み立てます。

かなり前に買った組み立てキットのIchigoJamです。買った後に組み立て済みが売られてて悲しい思いで、そのままでした。

ハンダとか全然しないので、大変なんですよね・・・。

cat20151025114231

 

と言うことで、今日は一人なので意を決して組み立てです。

cat20151025114933

 

公式ページに組み立てマニュアルがあるので見ながらにします。

cat20151025115435

 

説明書はちょっとハードル高そうです。

cat20151025115601

 

穴と穴の間隔が狭くて、ハンダ付けるところも多いので、組み立て済みが良かった・・・。

cat20151025115634

 

抵抗見ながら並べていきます。これも慣れてないのでドキドキ物です。

cat20151025115834

 

説明書開いたら配置違うし・・・。と思ったらもう置いてる間に新型に変わっているんですね。と言うことで初期版のマニュアルを見ます。

cat20151025115903

 

ちゃんと低いパーツからハンダの説明に成っていました。

cat20151025120311cat20151025122550

 

ソケットとかくらくらしながら付けました。かなりムラがあります。山盛り落ちた所はニッパーで修正とか・・・。やっぱひとが付けてるところとか見てみたいかな。どうやったら綺麗に成るんだろ。

cat20151025131628

 

修正もしたのでゴミだらけ。

cat20151025131730

 

一部パーツが斜めってたり、この辺り押さえながらとかどうやるんだろ?

cat20151025132118

 

でスイッチオンしますが・・・映らん・・・。このモニターMZ-700も映ってくれなかった。

cat20151025133616

 

Koukさんに頂いたスキャンコンバーターを入れたらなんとか映ったのですが、位置もおかしいし画像が固まってたりと非常に不安定です。こういうキットって元々不安定気味だし、ハンダ素人の自分が組んだので、全く信頼性が無いしで。

cat20151025133715

 

でもコマンド入力するとLEDとかはスムーズに付くので、どうもモニター側の問題かも。

cat20151025134713cat20151025141435

と言うわけで何とか組み立て終わりです。この機械、簡単にファイルのやりとりとか出来ると便利なんですが。

動画も撮ってます。

ThinkPad T500 を頂きました。

なんだか、週末頂き物ばかりです。

ここを見てくださっているKoukさんと久々に会うことになりお渡しする物が有ったのですが、戻ってきた物の方が多いというw

 

と言うわけで、「ThinkPad T500」です。15インチクラスのCore2搭載機です。液晶は1280*800でした。LEDライトっぽい明るさだったので古さを感じないです。

最近の15インチはクラスはテンキーが付いたのが多いですが、この頃のはテンキー無しで左右が空いていますね。Windows7のライセンスシールが貼られていたので、後期のモデルだと思います。

液晶の解像度がそんなに高くないこともあって、久々に大きな文字表示の物を見た感じです。

cat20151004112319

 

パームレスト周りは少しくたびれていますが、年代を考えると綺麗な方ですよね。

cat20151004112340cat20151004112352

T61からデザインは殆ど変わっていませんね。うちのCore2搭載ThinkPadがまた増えた!って感じです。Core2マシンって、うちではかなり多いです。

この頃のPCの唯一弱点だと個人的に思っているのは、SATAが遅いのでSSDに変えても、最速にならないところがちょっと残念です。それ以外は、Core2って今でも十分じゃ無いかと思っています。

検索したらフルHD再生が出来ないハズですとか、色々書かれていますが、それってPentiumM時代の話で、このクラスだとCPUはある程度使うものの、引っかかった覚えなんで無いと思います。

まぁ、ヤフーの知恵なんとかなんてあんまり当てにならないですよね。

 

で、早速起動させると、なんかうちの銀色のパソコンみたいな絵が出てきました。

cat20151004112903cat20151004115643

 

なんか、ちょっと夢を見てたみたいなので、HDを別のに載せ替えてライセンスの余っていたOSをセットしているところです。

cat20151004143939

なんだか頂き物続きですが、皆様本当にありがとう御座いました。

EaseUS Todo Backup WorkstationでHDDの引っ越しを

EaseUS Softwareの方から、EaseUS Todo Backupのレビュー書いて貰えないかと連絡を頂きました。最近SSD化やHDDの引っ越しに、ちょうどこのツールばかり使ってたの記録ついでに書いてみます。

 

今回は、Windows10にも正式対応した「EaseUS Todo Backup Workstation8.6」を使いました。一応ライセンスもいただけたのですが、その時のバックアップやDiskのクローンだけであればフリー版や体験版で事が足りると思います。定期的にバックアップを取る場合や、商用利用や複数台のバックアップを集中的に管理する場合は、購入して使う必要があります。

 

今回はWindows10の入ったHPのnx6320をクローンでDiskを拡張します。ちなみにHPの6710bもこのツールで先にSSD化しています。

このツールの便利なところは、OSを起動したままバックアップやクローンが行えるところです。また必要なパーティションのみや、大きなサイズのHDDから小さなSSDへクローンも簡単です。

SSDに付属のツールでも出来るのもあるんですが、必要なドライブだけチェック入れるのとサイズ変更がドラッグだけで出来るのが便利です。

cat20150913131745

 

ツールはこちらのダウンロードから落とせます。インストールは迷うこと無く入れられると思います。(他にパーティション変更ツールなどもあるので、ダウンロードソフトの名前は間違えないように)

cat20150913132031cat20150913132051

 

ライセンスを聞いてきますが30日は試せます。

cat20150913133003cat20150913133122

 

起動して右上にあるクローンを選択します。今回は250GBから320GBへと微妙な容量です。手持ちのHDDで大きいサイズのが余ってなかったです。SSDの場合は、アライメントを効かせるために下にある最適化にチェックを入れます。

cat20150913133204

 

まるまるコピー後にも、別のパーティション変更ツールで変更できますが、先にサイズを変えておきます。

cat20150913133435

 

コピー開始です。

cat20150913133606

 

コピーが始まると最初の頃は、15分ほどで終わりそうな表示ですが、この表示は残念ながら当てにならなくて・・・

cat20150913163053

 

結局2時間掛かりました。

cat20150913182522

 

HDDを入れ替えれば、何事も無かったように立ち上がります。

cat20150913183208

 

入れ替え前のHDD

cat20150913162233

 

入れ替え後のHDDです。速度は変わらないですね。

cat20150913190837

と言うことで、クローンでDATAドライブが必要ないって時など、コピーするドライブのチェックを入れずにコピーするだけで終わってくれます。

 

今回は、ワークステーションタイプなので、HDDの仮想化機能も付いています。そちらも試してみました。もう遅くて使うことが無くなってきたPCを仮想化してしまいます。

cat20150921162438

 

そうそう、このツールの対応OSはXP-10までとなっています。

cat20150921162646

 

右上のメニューからP2Vコピーを選択します。

cat20150921164338

 

仮想化するのはCドライブだけで良いのでそちらを選択します。バックアップ先はUSBのHDDにしています。保存先はファイルが落ちるだけなので、SDカードでも何でも良いです。

cat20150921164839

 

作業は40分ほどで終わりです。使わなくなって廃棄するXPマシンなどは一応こう言うので残しておいても良いかもです。もっとも元のHDDの容量が大きいと厳しいですが。

cat20150921173016

 

Haswell仕様のCorei7の載ったPCにVMPlayerをセットします。

cat20150921174857

 

読み込ませるとSysprepが掛かるので、デバイスを勝手に認識しますがVMTOOLSを入れるまではマウスが動かなかったりしました。

cat20150921174940

 

ツールを入れていくと動き出します。

cat20150921180112

 

元のPCよりサクサク動いてくれますね。もとのはCeleron M(1.2Hz)です。

cat20150921180444

 

最後にパーティション変更ツールもよく使うので紹介しておきます。Windows7から10に上げる際、先頭のシステム予約のパーティション容量が小さくてアップグレード出来ず、このツールで全体をずらしてインストール出来ました。こちらもFree版でその辺りが使えます。

cat20150921181807

 

今回はクローンで大きいドライブに、前のレイアウトのままそのままコピーした後、未割り当て部分を拡張します。

cat20150921181923

 

ツールを起動させて、Dドライブをドラッグして最後まで広げます。

cat20150921182131cat20150921182206

 

最後に変更を確定したら修正が走って終わりです。システム領域が絡む場合は一度再起動が掛かり、起動前に変更処理が行われて再度立ち上がってきます。

cat20150921182229cat20150921182249cat20150921182408

こんな感じで、簡単なのと自分の用件ではお試しやフリー版で充分事足りる事が多いのでよく利用させて頂いています。

SHARP PC-PJ2(PentiumII、Windows98SEマシン)のHDD交換をやってみました。

またまら古い物続きです。これもまた弟が置いてったマシンです。PentiumIIの333MHzで128MB、8GBのHDDで、OSはWindows98SEが入っています。

IDEのHDDを中古屋で80GB〜100GBのIDE2.5インチのHDDを700円前後で数個買ったので、それを入れることにします。

 

と、始めようとしたら、弟から電話がありスカイツリーに居てるから会おうって電話が・・・。7,8年会ってなかったのに唐突すぎます。(弟は神戸在住)

そんなこんなで、作業は夜開始となりました。

cat20150830213144

 

早速分解です。バッテリーは死んでいます。こう言うのって汎用だと交換できるのですが、どうしようも無いですね。ラベルにはパナソニックってでかでかと書いてます。

cat20150830203607

 

時計も飛んでるので、ついでに電池を交換しておきます。留め具が外れにくくて指切ってしまいました。cat20150830203914

 

トラックパッドを慎重にひっくり返します。キーボード側もとればメモリーも増設できるのかも。さくっと検索しても出てこなかったので、時間の都合でHDDだけにします。

cat20150830204517

 

8GBから80GBなので10倍ほど容量も増えます。心配なのは、0.7Aから1.0Aに増えることですね。速度は5400rpmと早くなるはずです。

あとは高さが8.45mmだったようです。でも9.5mmで入りました。

cat20150830204718

 

HDDのコピーは面倒なのでコピー機使います。うちの人は時限爆弾みたいと言っています。確かに進んでる間カウントするし、コード切って止めるんでしょって言われたけどそんな感じかも。

cat20150830205408

 

待ってる間に電池交換です。

cat20150830210619

 

バックアップしたものを戻して起動させると、どうもHDDの容量の認識が違うようです。HDDの壁には引っかからない筈なんですが。

cat20150830213237

 

手動で入れなおします。HDD交換でこんなのするの久々かも。自作機でもほとんど無いかな。

cat20150830213419

 

値はHDDのラベル見ます。取り付けてからもぎりぎり見える位置でよかった。

cat20150830213423

 

で、Windowsを起動してからFDISKですが、変な領域とかあります。コピー機で、一応拡大コピーって設定でしたが、8GB→10GBとと中途半端な拡大でした。98って起動ドライブのサイズ制限とかあったかな・・・?ともかく、変な領域は消して論理領域だけ作り直します。

cat20150830214227

 

再起動させます。カーソルはソニックのアイコンです。自分も98の頃はずっとこれでした。起動画面の変更とかアイコンの変更とか、各種音の入れ替えとかしてましたね。2000の頃にはやらなくなってますが、Windows8でまた起動ロック画面変えれるので個性出ますね。

cat20150830220210

 

なんて言ってる間にDドライブを拡張します。67GBも取れて当時だと恐ろしく巨大なHDD搭載マシンでしょうね。今ならCFでSSD化でもいいんでしょうけど・・・HDDの方が安いですし。

cat20150830220627

 

HDBENCHが入ってたので試します。ちょっと古めのHDBENCHですね。

cat20150830220827cat20150830220850

なかなか満足な数値です。一回起動ミスってたので、ひょっとすると電源が厳しいのかもしれません。40GBの遅いHDDでもよかったのかも。流体軸受けにさえなってればね。

思わず背の低いIDEのHDDが手に入ってよかったです。リブレットにも使えますね。

東芝のネットブックNB100をWindows7→Windows10へアップグレード

WindowsXPのまま、HDDも交換せずに置いていた東芝の初期ネットブック(ATOMのN270です)をアップブレードしてみました。

先日ATOM+IONマシンがかなり重い感じだったので、心配しながらでしたが、バッテリーを外して置いてたせいかまだ使えるようなので余ってたライセンスを使います。

 

まずは、WindowsXPから7です。・・・が、写真を取ってないのですが、このマシンUbuntuもどきのLinuxとDualBoot仕様でした。

そっちはもうディストリビュータからも見捨てられたので今回消すことに・・・。

ただ、DUALブートって消すの一発でって行かないんですね。XPの回復コンソールをインストールして、MBRの修復を行ったら一応消せました。

消した後パーティション修正ツールでCドライブに寄せてからWindows7のインストールです。一応この機種はWindows7正式サポートなので、BIOSなどをそれように書き換えました。

cat20150823110401[1]

 

下準備してる最中もWindwosXPのパッチが当たりまくりで面倒です。サポート終了してからもIE8関連のパッチとか.Netのパッチがあるのか結構な数があたります。

cat20150823110949[1]cat20150823111516

 

で、アップグレードライセンスを使って、アップグレード開始です。

cat20150823111850

 

が、どうもライセンス認証がうまくいきません。昔使ったことがあって、その後消したから空いてるはずですが、機種が違うので弾かれるようです。

なので、オンラインでは復旧出来ずにオペレーターさんに繋がりました。

自分はアップブレードライセンスを3本買っていたのですが、メディアは一セットだけにして他はキーコードだけの購入でした。

オペレータさんは、「箱の形は何々ですね・・・」と聞くので、これはライセンスコードだけの分です。とか言っても答えて欲しいのはそういうことじゃ無いらしいです。

ライセンスコードのロック解除も、「他のPCには入れていませんね?」って聞かれて、前に使った機種のHDが飛んで消したやつです。と答えましたが、答えはそうじゃなくて、

どの質問にも「YES」と答える必要があるらしく、同じ事を何度も聞いてきます。なので箱の形が実際どうとかじゃなくて。「はい、そうです」と答えない限り進みません。

逆に、答えはどうでも良いので、手っ取り早く「はい、そうです」と言ったらすぐ終わりそうです。

最後に解除コードを教えて貰って、ダブっている物が有れば、メディアを入れて新規インストールしてくださいとのことでした。

なんだか、よくわからない感じかな・・・。

cat20150823122633cat20150823122902

ともかく、オペレータさんが出たのは初めてのケースでした。最近Windows10関係で使ってたライセンスをあちこち入れ替えてるので、またややこしい事があるかも知れません。

 

とりあえず、Windows7は入りました。XPは「Windows.old」フォルダに保存されてました。このままパッチも当てないで、Windwos10のアップグレードをかけます。

cat20150823121711

 

でまぁ、シーケンシャルの最高速でも50MB位しか出ないHDD(120GB)のままなので、かなり時間が掛かった物の10も入りました。デバイスで認識しない物も無く音もちゃんと出て、無線も繋がりました。

Windows.oldをみると7が入っているようで、XPはどこえやらって感じになっていました。

cat20150823144742[1]

OS自体は綺麗に入ったのですが、WindowsXPと7の変なブート画面が消えなくて、再起動したときだけ化け文字のメニューが出てきて起動に失敗します。DUALブート削除の回復コンソールとかが悪さしてるような気がします。

電源OFFからだと、Windows10の起動メニューが出てきて、前のバージョンのOSから立ち上げるか選ぶようになっています。

 

一気に上げちゃうと、原因が何が何だかですね。その内解消できたら何とかしたいですが、今回のアップブレードでライセンスがWindwos10に移行したはずなので、クリーンインストールするのが一番でしょうね。

cat20150823185507

動作は、思ったより遅くなくて快適では無いですが、まぁ使えるかなって感じです。1kg程で、持ち歩けるPCってもうこれ位しか無いんですよね・・・。後は1.4kg前後かバッテリー死んでるとかになります。

LOOXの液晶が溶け出さなければSSD交換考えたんですけどね〜。このマシンもSSDに交換しても良いんですが、SATA1だし、もうお金かけることでも無いかなと。

CF化したLibretto20にWindows95を再セットアップしました。

夏休みをずらして1日だけ取ったので、Windows95のセットアップを行いました。

Twitterつながりで、sakohitiさんにいただいた、PCMCIA仕様のフロッピードライブが有るからです!ありがとうございました。

cat20150817140037

 

このLibrettoは、7,8年前にHDDをCFカードに入れ替えた物の、そのままコピーじゃLibrettoって動かないの忘れてて起動しないなぁ〜。と思った後再セットアップが必要なことがわかった物のフロッピードライブが無いことに気がついて、戻すのが面倒で放置した物でした。<ちょっと長い。

cat20150817140041

 

と言うわけで、電池もすっからかんですが、セットアップを始めます。久々の東芝BIOSを見ながらセットです。

cat20150817140143

 

フロッピーは40枚以上有ります。

cat20150817141502

 

無事開始できました。

cat20150817141654

 

順調に読んでくれる物の40枚ほどだと途中読めないのとか出たら・・・とか心配になりますね。このPCが出たのは1996年くらいですよね。20万もしたんだ・・・。ちなみにこのPCは弟からのもらい物で1997年くらいに貰ったはずです。左に弟の名前が入っています。

cat20150817141957

 

何だかんだ別売のバッテリー充電器などもあってフルセットでした。

cat20150817142711cat20150817152136

 

無事セットアップも終わったので、270MBのHDD→8GBのCFと成りました。FAT16なので2GBずつ追加して行きます。

cat20150817154515

 

うちの486マシンも残り数台になりました。

cat20150817162723

 

20は音源が無いので、パナソのカードを追加します。これを挿せば内蔵スピーカーからもバリバリノイズだらけですが音が鳴ります。

cat20150817175003

 

ドライバーをセットアップ途中で、Windows95のフロッピーを聞かれるという・・・。面倒なのでSDカード経由でCDを丸ごとコピーします。

cat20150817175455

 

で、そこそこ環境も構築。パッチも当たってないし、素のWindows95なのでIEすら入っていません。この絵書いたのPC-88で高校生の頃に描いたんだよなぁ・・・。

cat20150817182439

乾電池で動いたPC「ThinkPad 220」を頂きました。(非稼働品)

ThinkPad220をいただきました。と言っても残念ながら動かないオブジェです。

最終的に安くなったとき買っておけばなぁ〜と思いつつ、当時はそんな余剰なお金も無く仕方無いですね。大阪にもT-ZONEが有った頃ですよね。

 

で、当時触らせて貰っていた、友人の「かえる」にその当時の現物を頂きました。コンパクトで何より軽いですね。

cat20150808200947

 

表面のさわり心地が良かったピーチスキンもお決まりのベタベタです・・・。

cat20150808200958

 

トラックポイントでは無く、トラックボールですが中々良かったです。

このサイズ感や何よりキーボード上のスライドなどのデザインが非常にかっこいいです。<90年代風ですよね。

cat20150808201020cat20150808201039cat20150808201048

残念なのは、白黒液晶はともかく、非常に色が薄かったイメージです。また電池駆動とは言え、持つ時間が短すぎることと当時のニッケル水素電池の性能も悪いし高いしで、実用的かはまた別の問題でしたよね。

今ならポメラみたいに電池2本でTFTのモノクロが使えたりで、作り直したらかなり良い物が出来そうな気もします。最も筐体はお金が掛かってそうなので、同じ物になるとかなり高い物で出てしまいそうでしょうね。

そもそも誰もサポートしないDOS仕様なんて出すに出せないから出てこないって所ですかね。

 

背面はレガシーポートが揃っています。

cat20150808201143cat20150808201208cat20150808201233

PCカードも付いています。

 

電池は6本駆動です。当時eneloopがあれば全然違ったんでしょうね。まだ動く機体を持ってる方は、電池eneloop駆動とかされているんですかね。HDDもCF化とかで・・・。ちょっと時期的に届いてないですかね。

cat20150808201313

 

拡張メモリーも積んでいました。

cat20150808201326

 

内蔵電池を何とかしたら起動するかと期待しましたが、液晶下のインジケーターがちらちらするだけで駄目でした。

cat20150808210201cat20150808211217

電源はPC110と同じ物で大丈夫らしいですが、そっちでも駄目だったので、起動は無理なようです。この辺りの年代のPCは何処が壊れるんですかね?Windows98辺りのは比較的壊れて無いので、微妙に動いてて欲しい気もします。

 

と言うことで、やっぱ現役時代使って見たかったPCですね。このサイズと外見で最新型のとか出て欲しいなぁ〜。

Let's noteのRZでも使っとけって話ですかね。高くて買えない・・・。と言う事はレノボから出ても高くて買えないかw

lenovo Yoga 11sのSSDを交換しました。128GB→256GB

Lenovoの2in1タイプのPCです。メモリーは元々8GB搭載してくれていますが、SSDが128GBと、容量がぎりぎりになってきたので交換することにしました。m-SATAの換装となります。

丁度、秋葉原に出かけて2万円程で512GBの物売っていたのですが、よくよく考えると2万円のパーツって高いなぁ・・・と言うのと256GB有ればほぼ十分じゃ無い?と思い直して256GBの方にしてしまいました。

 

買ってきたのはサンディスクのUltraIIで256GBです。値段は1.2万ちょっとでした。8千円差なので悩みましたが、グラフィックカードも最近欲しくなっているのでこれで我慢です。

丸ごとコピーするために一端IDEのケースを使うことにしました。(これしか無いので・・・)

cat20150809140807

 

フリーのコピーツールを使ってクローン化します。

cat20150809140817

 

IDE+USB2.0のアダプターですが問題無く動いてくれました。時間は100GB程を1時間半くらい掛かりました。

cat20150809141158cat20150809143033

 

クローンが終わったので、Yoga11sをばらします。背面の見えるネジをT6ドライバーで外します。このネジたまに勝手に外れます。ネットで見ても外れたって人が居るので、取れやすいのかも知れません。

cat20150809155157

 

ヒンジ側のゴム足もめくって隠しネジも取ります。手前は取る必要ないです<自分は頑張って取ったら何も無く、しっかり止まってたので綺麗に戻りませんでした・・・。しくしく。

cat20150809155330

 

キーボードを外します。爪でロックされているので、横からマイナスドライバーをそっと入れてパチパチ外します。

cat20150809155806

 

フラットケーブルは上に跳ね上げるロック式で、左右の4カ所とも外します。メンテナンスマニュアルだと全部は外さなくて良さそうに書いてますが、実際は外さないと取れなかったです。

cat20150809155844

 

ネジは2カ所外します。片方はシールでロックされています。

cat20150809155936cat20150809160926

 

ネジとフラットケーブルが外れると、Yogaを反転させて、USB端子辺りに指を突っ込んで、これまた爪をパチパチ外しながらパネルを外します。(周りのスイッチ類もまとめて取れます)

cat20150809161156

 

こっちは外れた側です。(パッドとかの裏ガワです)

cat20150809161200

 

m-SATAスロットは左上にあるので、ネジを外して取ります。バックアップ用の電池がSSD側に伸びてるので、抜いてからやるか、慎重にやらないとケーブルが細くて切れそうです。

cat20150809161235cat20150809161344

これで作業が完了で戻していきます。

ただ、恐ろしいことに、バッテリーが外せないせいか、フラットケーブルを挿したら電源が入り、半分中身が出たまま動いてしまうと言う・・・。

電源ボタンに気をつけましょう。

 

で、カバーが無いまま動いたのを慌てて落としましたが無事にWindows10が起動していたので一安心です。

今回はまるっきりそのままクローンにしていたので、パーティション変更も行いOSの入ったドライブを拡大しました。

cat20150809163205cat20150809163604

 

と言うことで、無事終わったのでベンチマークです。ベンチマークを二本続けてやったら熱のアラートが・・・。ちょっと心配ですが、普段やることも無いかなと。

cat20150809165342cat20150809165712

交換前はこんな感じです。読み込みは少し遅くなっていますが、書き込みはかなり早く成ったようです。

無事交換完了です。何だかんだでタブレットPC買おうかとかSurface欲しいなぁと思いながら、Yogaで我慢我慢と思っています。重さが1.4Kg程なのがネックなんですよね〜。

 

とりあえず、安定稼働したら余った128GBのSSDを使い回したいと思います。

ThinkPad Edge E520とT410をWindows10へアップグレード

と言うわけで、移行するマシンはどんどん移行していきます。E520はアドビ製品も載っているので、アクティベートとかどうなるのかな?と思いつつもそのままやってみました・・・。

ちなみにこのマシンはSandybridge世代のCorei5-2520M搭載でチップセットはモバイル インテル HM65 Express チップセットの構成です。メモリーは安い時期だったので16GB搭載です。当時16GBでも4千円しませんでしたね。

始めようとしたところ、最初に出たメッセージは「システムで予約済みのパーティションを更新出来ませんでした」です。

cat20150801164440

 

どうもWindows8にアップブレードする際も出るトラブルらしいですが、システム予約エリアの空きが少ないと起こるエラーらしいです。

cat20150801174744

 

と言う事で、フリーのEaseUS Partition Masterと言うツールを使って容量変更を行いました。このマシンはSSD化しているので、その際にサイズが小さくなったんだと思います。DVDドライブも外してHDDに載せ替えています。おかげで65wのACアダプターじゃ起動できなくて90wが必要になっています。

cat20150801180318cat20150801180539

 

と言う事で、なんとかアップブレード出来ました。アドビ系も取りあえず問題無く動いてくれました。

cat20150801184925

 

ドライバー類も綺麗に入っているようでしたが・・・。

cat20150801185131

 

実際は音が鳴らなかったので、ドライバーのみ8.1対応の物に入れ替えてみたら鳴るようになりました。

cat20150801191123

 

古めのソフトも動くようです。

cat20150801185621

 

次にT410です。こちらはCPUがCorei5-450M(Nehalem世代)で、チップセットがモバイル インテルQM57 Express チップセットです。グラフィックは内蔵ではなく、NVIDIA NVS 3100Mを搭載しています。 こちらは一度リカバリーをかけて初期化してしまいました。SP1以降がアップブレード対象かと思いましたが、このままアップグレードしても問題ありませんでした。

cat20150801213940cat20150802192050

 

いやまぁ、問題無いと行っても、アップグレード直後にStartボタン押したらブルースクリーンになりましたが・・・。

cat20150801220140cat20150801220800

この後は、勝手にドライバー類がバージョンアップされ綺麗に動いています。ただ、レノボのツール類が、リカバリ直後まで戻ったので、ツールで上げようとしましたが、まだWindows10には対応してないらしく、個別でダウンロードして上げていくしか無さそうでした。

 

と言うことで、さっと上げて問題無さそうな機種は上げ終わりました。なんかレノボのばっかりですねw

Yoga 11s(Windows8.1)をWindows10にアップデートしてみました。

どうせ、今日だけで100万人くらいのブロガーが同じネタを上げているとは思いますが、Insider以外で初めてのアップデートです。Insiderで入れているのは4台で、全部10240に成っていますが、全部ノートPCです。一台Vistaの自作機にWindows7の余ってるライセンスでも入れて上げてみようとは思っています。

 

で、今日は初日なので正規手順でバージョンアップです。

cat20150729194256

 

予約はしてますが、落ちては来ないのでダウンロードサイトから落としてきます。

cat20150729195210

 

今回はインストール用USBを作ります。32bitと64bit合体版で6GBちょっとでした。

cat20150729204819

 

で、アップグレードさせます。

cat20150729210343

 

ここでしゃべり出すのですが、昔ながらの音声合成です。30年前からあまり進化を感じさせないしゃべりアルヨ。

cat20150729214047

 

あっさり終わりました。空き容量は3GB位減っただけかと。丁度Windows8.1のバックアップ分くらいが減っています。

cat20150729214304

 

ドライバー類は一応全部入ったままのようです。新しいか古いかはまだ見てません。

cat20150729214323

 

最初なので2in1です。

cat20150729215153

 

一応それなりに動いています。

cat20150729215254

 

が、ジャイロがちゃんと動いてないのか、横にしたりひっくり返してもついてきません。一応レノボのサイトにYoga11sのWindows10用のドライバーも落ちてたので、後で入れて見ます。

cat20150729215328cat20150729215629

マインクラフトのWindowsアプリ版って綺麗なのに結構スムーズに動きますね。このPCは、IvybridgeのCorei7ですがYシリーズなのでクロックがかなり低いです。

 

と言うことで、一台目終わり。取りあえず、Ofiiceとかアプリはそのまま持って行けました。一部フォルダー構成が変わってショートカットのリンクが切れているようですが、言うほど無いので修復できそうです。

chromeやAvastも一応そのまま残っていました。これからちゃんと動くか確認していきます。(初期インストールだと動いてましたので大丈夫かと)

後はアクティベーションが必要なアプリは再認証が居るかも知れないので、そういうのが載っているPCは一度解除したりするかもなので後回しかなぁ〜。

フロッピーディスクの速度ベンチマーク 2015

フロッピーの速度は?って事で時間が有ったので計測します。

cat20150716213724

 

が、今時のベンチマークだと容量的に無理みたいです。

cat20150716213741

 

で、昔のベンチマーク引っ張ってきました。こちらはX61に内蔵しているSSDです。BIOSはMODタイプに入れ替えてSATA2で繋がっています。

cat20150716214152

 

USBフロッピーをつなげます。末期のスーパーディスクとか4倍速FDでは無く普通のです。

cat20150716214256

 

結果こんな感じ。遅すぎて比べようが無いですね。もっともこれが出来たときはカセットテープとに比べて劇的な速度でした。読み込むソフトやデータが今よりずっと小さいので、これで良かったんですよね。

cat20150716214750

 

 

最後にWindows10ではサポートが無くなったってどっかで見たのでWindows10のマシンに刺してみました。

cat20150716215051

 

普通に認識してるし・・・。5インチのサポートとか2DDが無いとかですかね?

cat20150716215314cat20150716215305

とりあえず、読み書きは出来るようでした。

X41tのHDDバックアップ&入れ替え

JTさんがなんと剛速球で、1.8インチIDEのHDDを送ってくださいました。

話が出たら、翌日にはまた届けて頂けるという・・・。ありがとうございました。

そう言えば今日が学園祭の前日だった気がする!

cat20150714211135

 

で、物はこんな感じです。FRUのシールが無いので、IBMの物ってじゃないって事はX40かX41シリーズに付いていた物では無いですよね。

cat20150714211356

 

早速つなげてみます。

cat20150714211519

 

うーん、輸送で揺られすぎた中でも、うまく乗り越えで全く問題がありません。

cat20150714215702

 

まずは、バックアップです。

cat20150714211612

 

cat20150714220028

綺麗に取れたので問題なしです。

 

という感じで、HDを入れ替えて起動もして、無事交換完了です!

cat20150714223512

って、同じ記事上がってんじゃ無いの?って感じですが、JTさんが、また速攻代わりを送っていただき、今日無事到着しました!

なんだか、すいませんが、本当にありがとう御座いました。

X41tのHDDバックアップ

JTさんがなんと剛速球で、1.8インチIDEのHDDを送ってくださいました。

話が出たら、翌日には届けて頂けるという・・・。ありがとうございました。

cat20150711163652

 

で、物はこんな感じです。FRUのシールがあるのでIBMの物って事はX40かX41シリーズに付いていた物ですよね。

cat20150711163747

 

早速つなげてみます。

cat20150711164608

 

うーん、輸送で揺られすぎたのか代替えセクターが出ているようです。

cat20150711165549

 

が、予備機なのでまずはバックアップです。

cat20150711165952

綺麗に取れたので問題なしです。

 

ちなみにこの1.8のHDDって本当に遅くてこんな感じです。高速タイプのCFに入れ替えるのが流行りましたね。

cat20150711174130

何はともあれ、素早く頂いてしまって、ほんとJTさんありがとう御座いました!

壊れたX41t用64GB、1.8インチのIDE-SSD・・・

少し前にWindowsのバージョンアップ大会を勝手にやってたときに、このThinkPad X41 Tabletもどうしようかと起動させていました。

その際に、プチフリじゃなくてガチフリで、SSDにアクセスしたまま帰ってこなくなりました。1時間ほど放置しましたが戻ってこずなので、電源オフをしたらディスクが見つからないと言う悲しいメッセージが・・・。

数日寝かしたらなどと、非科学的な事を考えて眠らせましたが、状況変わらずでした。

最悪、上書きできたら・・・と思い、また取り出してきました。

cat20150705183155

 

買ったSSDは5年ほど前に2.4万弱だったようです。64GBでこの当時でも高かったかと。

cat20150705183309cat20150705183450

ディスクのイメージコピーをしようとしましたが、SSD自体が見えないので、どうしようも無いです。

 

で取り出したのがこれです。X40,X41って小型でかなり良い機種だと思いますが、この1.8インチのディスクがすべてを台無しにしていますね。

今レノボで、クラシックThinkPadを作るなんて言っていますが、X40系みたいなので軽く、更に薄くしてくれたら良いのですが、結局初代X1みたいなのがサンプルで出てますよね。

キーボードバックライトとか、どうでも良いのでサイズとか何とかして欲しいです。と言いつつノーマルのX40,X41は持ってないんですよね。自分の場合、X20からX61まで飛んでます。

cat20150705184316

 

取り外したSSDを他機種でもつないでみましたがやっぱ認識してくれず。お亡くなりのようです。IDEのタイプって、有名メーカーもやらないし、ましてや1.8インチなんてホント困った物です。

一応まだ売ってるようですが、さすがに1万円出すような機種でも無いんですよね・・・。

cat20150705184614

 

で、もともと付いていた40GBのHDDに戻します。

cat20150705190127

 

なんか、カツカツ音が鳴っていますが一応正常なようです。使用時間が長いので、換えのHDDが安く売ってたらそれを狙いますかね。

cat20150705192006

 

完全に初期状態だったので、パターンファイルの更新出来無いウイルススキャンとか消していきます。

cat20150705203728cat20150705213235

ついでに出てきたCLIEも充電して置いてたりします。

にしてもXPもSP3当てて残りのパッチ当てきれるかなぁ・・・。

CENTURYの小型モニターplus one HDMI(LCD-10169VH)を買って見たのでレビューです。

うちには手軽に使えるHDMIモニターが無かったので前々からちょっと欲しかった物です。<都度都度プロジェクターとか使ってたので・・・

10.1インチと小型サイズで、パネルは1366*768のHD解像度でIPS仕様です。流行のOn-Lapも考えましたが、持ち歩かないことと変換アダプターが面倒そうなのでこちらにしました。

一応HDMI以外にもVGAとコンポジット入力が付いています。(4:3画像入れると引き延ばされてしますます)

cat20150704112701cat20150704112714

パネルはグレアなので、反射します。コーティングも上等な特殊タイプでは無いので反射は多めです。

 

ケーブル類は一通り付いています。USBから電源が取れますが、足りない時用のUSBのACアダプターも付いています。

cat20150704112909

 

本体はこんな感じカバーも付いています。

cat20150704112933

 

入力はこちらです。USBは電源用です。

cat20150704112958cat20150704113015

OSDで調節できますが、項目は少ないです。

 

背面の針金がスタンドです。シンプルですが、タブレットのカバーでふにゃふにゃ立てさせるとかより確実です。

cat20150704113450

 

インジケーターも側面にあります。

cat20150704114013

 

画面は、IPSとは言え安物なので・・・。と思いきや同じIPSのYoga11sより綺麗なくらい鮮やかでした。反射もありますが、デフォルトの光度MAXだとかなり明るいので気になりませんでした。

cat20150704114808cat20150704114255

視野角170度と言う事ですが、かなり見えて良かったです。

 

Raspberry Piもつないでみます。ある程度ワイヤレスにしないと本体小型でも全然駄目な感じですね。

cat20150704115219

 

Raspberry PiのUSB供給だと間に合わないので、付属のACアダプターを使います。

cat20150704115322cat20150704115525cat20150704122243

非常に綺麗でした。Androidタブレットより明るいしで、これだけでかなり良い感じです。

 

そうそうファームウェアほったらかしだったので、アップデートしないと。

cat20150704161336cat20150704170701

ついでに初代の環境整備もしておきます。

という感じで、思っていた以上に良い感じです。もちろんお値段が2.5万弱程するので、今なら普通に23インチのIPSモニターも買えそうですが、置き場所とかさっと取り出せる用途用なのでこれで良さそうです。ゲーム機用とかでも使ってる人いるかもですね。

 

動画も作ったので、よろしければどうぞです。

HP nx6320の内蔵電池交換

先週慌ただしくWindows10のプレビュー版を入れていましたが、結局嘘だぴょーんで終わってしまい、毎度の事ながらやらかして貰いました。

で、セットアップの時に気がつきましたが、このnx6320の時刻がリセットされていました。もうCoreシリーズのPCでも電池切れの季節がやってきたようですね。

幸いVLタイプじゃ無いので、簡単なのが救いです。

cat20150628104340

 

こnnx6320はホント色々交換するのは手軽で良いです。堅くて割れそうなパーツとか無くドライバーだけで対応出来ます。

裏のキーボードを止めてるネジを2本外して。

cat20150628104459

 

キーボードの爪4カ所をパチパチずらしたら抵抗もなく簡単に取れます。

cat20150628104522

 

で、電池もこの通りフォルダに収まっています。

cat20150628104551cat20150628104617

 

電池のタイプもちゃんと書かれていて、CR2032です。ここまでならいっそのこと自作機のようにソケットにして欲しい気もしますが、液漏れ予防かなんかですかね?

cat20150628104712

 

で、ひんむいたら、べっとり半田が・・・。ThinkPadの平らな端子じゃ無かったです・・・。

cat20150628104752

 

しょうが無いので切断してセロテープで留めて起きます。そう言えば熱チューブ買ったけどこの幅だと入らないです。

cat20150628105637

で、電池も直りました。

 

Windows10もこのクラスでも何とか動いてくれます。なんかまだ安定しないところもありますが・・・変に固まるときや終了時エラーを出したりとか。

さすがにドライバーもOS標準じゃ無いとサポートが無さそうなので、製品ビルドになったときでも心配かも。

cat20150628201114cat20150628202217

何だかんだで、Windows7や8.1よりドライバーが充実してるようなので、何もしないでも表示や音やカードリーダーなども問題ありませんでした。

古いThinkPadのピーチスキン塗装のベタつきを取ってみる。

古いThinkPadを置いてる方ならお気づきだと思いますが、当時さわり心地の良かったピーチスキンのThinkPadは、時間経過と共にべたべたになってきますね。

で、塗装を剥がす方法と、メラニンスポンジで取ってみると効果があるってのが書いてたので試してみることに。

 

これはThinkPad T20です。この機種はまだべたつくほどじゃないとの内側は塗装無しなのでべたつきません。ただ、塗装がぼろそうなので試してみます。

cat20150627213708cat20150627213716

 

100均で買ってきたスポンジです。

cat20150627213733

 

水を少し含ませてゴシゴシやります。びみょびしょに見えるかもですが、実際はそれほどでも無いです。

cat20150627214032

 

こんな感じで取れます。

cat20150627214158

 

もう一台べたついてるThinkPad 600Xです。塗装の傷みたいなのも激しいです。

cat20150627214453

 

で拭き取ると、T20は思ったより綺麗になりました。

cat20150627220013

 

600Xもさすがに酷い汚れは無理ですが、そこ以外はなだらかになりましたが・・・。肝心のべとつきは全然変わらない感じです。残念。

cat20150627220016cat20150627220124

一応起動テストもしておきます。

 

もう一台もゴシゴシして、起動テストです。キーボードの出来が素晴らしいと言われている600Xですが、処理速度がどうこうというのも有りますが、オブジェとしてもべとべとつきが嫌であまり触りたく無くなってきてるのが残念です。

cat20150627230521

 

この英語キーボードのは内蔵電池(CR2025)も切れてたので交換します。10年ほど前に一度交換してますが、さすがに切れますね。あと10年後は心底べとつきマシンになってそう・・・。

cat20150627224245cat20150627224610

ついでにメモリーも増やしてHDも交換しておきます。

 

こっちもやっぱべとつきは直らずでした。

cat20150627232205

 

ThinkPad T20も起動テストと思ったのですが・・・。起動してくれません。

cat20150627232509

 

内蔵電池も影響有るのかと交換してみます。こっちはCR2032でした。

cat20150627233002cat20150627233158cat20150627233813

 

更にしばらく充電してみて・・・。でも、起動してくれません・・・。しくしく。

cat20150627233939

 

と言うことで、必要パーツを抜いて廃棄することに。

メモリーは128bit仕様の256MBが2枚載ってました!ラッキー・・・って今更ラッキーもくそも無いか。一応初期型ThinkPad 240にでも付けてみようかと。600Xでもいいけど、どうでも良いか・・・。

cat20150627234031cat20150627235539

 

700MHzのPentiumIIIも記念に抜いておくかなと。

cat20150627235707cat20150628000145

キーボードは新品交換したので、殆ど新品のままなので置いておくとして、後は適当にバラバラです。液晶も蛍光管の交換練習にでも・・・と思ったけどやっぱりしなさそうですね。

 

またまた壊れて動かないPCが増えてきてます。デジカメとかも10年過ぎたのも増えてきたので、一斉に壊れ出したりするかな。このBlogに使ってるカメラ(オリンパスE-300)も2003年製です。

VMPlayerにOSXを入れて見る&Windows10のプレビュー版から製品版へ・・・

最近Windows10準備と色々Windwos7マシンに入れ替え作業をしていましたが、結構待ち時間もあるのでついでWMPlayerにOSXも入れて見ました。

SnowLepaedで無くても最新のMavericksでも大丈夫みたいなのですが、手間が少なそうだったのでお試しでこっちからにします。

cat20150617221619

 

最初に検索したブートをイメージ読み込ませて弄るやり方でやってしまったのですが、今はVMPlayer側を一部書き換えてインストールする方が新しいやり方なのかも知れません。

どちらにせよVM側の環境を整えたら、後は普通に入れるだけでした。Windowsと同じで、最後にVMtoolsと音のドライバー入れるくらいで使えるように成りました。

パッチは個別にダウンロードして当てないと進まなくなったりもしました。

cat20150617222014cat20150617222151cat20150617224959

Haswellの4コアノートに入れたので、自分のMacBookAirより快適に動くかもです。こっちはフルHDだし画面も広いです。

やり方はググれば山ほど出てくるので、興味ある人は「VMware OSX」あたりで検索して見てください。

 

で、せっせとWindows7にしてたのですが、今更ながらプレビュー版入れとけば製品版にアップデート出来るって!もっとも海賊版でもOKとかを後で言い換えたりしたので、取りあえずDisk交換が簡単な機種にプレビュー版をせこせこ入れ始めました。Vistaが快適に動くマシンなら予備ディスクに取りあえず入れておけば後で何とかなるような気がします。

とりあえず、MSのアカウントと紐付けは居るらしいので、その辺りの手間はかかります。まぁ無理矢理OSだけ延命したマシンは結局処理も重くて使わないカモなので、戻せる環境は残して置いた方がいいかもですね。

cat20150621174554

Netbook(ASUS N10Jc)のWindows7化とSteamのセール(HomeWorld2)

先週の続きで、またまた7化を進めます。また遅いマシンなので昨日からやってますが、パッチ当てが終わりません。

cat20150613204724

Windows7のアップブレードは安いときに3本セットで買いました。もっとも今考えると全然安くないですが・・・。

 

今回はASUSのN10Jcと言うネットブックです。ネットブックでもGeforce 9300M GSなんてのが載ってて少し高級路線だったやったやつです。

指紋認証とか、クイック起動(内蔵Linux)とか有る変なのだったので、XPのまま置いてました。

cat20150613204759cat20150613204953cat20150613205001

専用ツールも多いので、どうかな〜と思いましたが日本では売られていないN10Jhと言う機種がWindows7で出てたので、似たような構成なので、ツールが使い回せるという事で当ててみました。

最初は指紋認証とか認識しませんが、N10Jhのドライバーで全部綺麗に成りました。

cat20150613220044cat20150613221023

こっちは先週のPentiumM搭載マシンより更に酷いかなと思ってたのですが、思いとは逆にこちらの方がマシでした。ATOMのN270なんです、ネットブックでも案外頑張りますね。

もっともも高級路線とは言え、液晶が1024*600と言う酷い液晶なので、少し弄らないとこれ以上のバージョンアップがキツそうです。

 

で、関係なですが、恒例のSteamのセールやってます。少し古いゲームなら数百円から買えるので、この時期がお得です。と言うか日本はぼられてるのでこの時期がやっと海外並に成るときです。

今回は10年ほど前のHomeWold2を買いました。これ専用に縦が1200ドットあるPCを残してたくらい大好きなゲームです。4K対応で発売されたのですが、何度も買い直したので安くなったからと思っていました。

ちなみに4K対応って前のを解像度弄っただけかと思ったら前のクラシックとして間延びさせて対応させていますが、作り直した物も有って綺麗なのに軽かったゲームですが、うちのマシンじゃフルHDでも、とても最高描画に出来ない重さに成ってました。

cat20150614111611

 

更にこのゲームガンダムのMODがあるのですが、そちらもリニューアルして対応してくれてました。若干まだ絵が使い回しでつぶれてたり文字が切れてたりしますが、遊べる範囲には成っていました。

ガンダム好きで、こう言ったちまちまゲーム好きなら、今安いのでどうぞです。初日のセールより上がってしまいましたが、まだ安いですよ。

cat20150614114402cat20150614113431cat20150614113446cat20150614113624cat20150614113915cat20150614121612cat20150614123507cat20150614124708cat20150614125047cat20150614125148cat20150614125234cat20150614130322cat20150614132018cat20150614132922

と言うわけで、セールが続いてるのでまた何かソフトを探しています。ちなみにGTAも4なら5百円ほどなので、これでも充分遊べますよ〜。

また次は12月にあると思います。

XP残留かWindwos7へアップブレードしてWindows10か・・・

Core2以前のマシンやNETBOOKの殆どがXPのまま放置していましたが、Windows7のアップグレードライセンスが余ってたりするので、バージョンアップしてみることにしました。Windows10もNETBOOKに入れたら案外動いたなんて話も出てるようなので、まずはPentiumM搭載マシンならどうかなぁと、Windows7で待機させてみます。

 

物は、VAIOのTypeA(VGN-A74S)です。2005年にメインで使ってたマシンです。

cat20150607192258

cat20150606223417

CeleronMでしたが、CPUの交換とメモリー増設HD交換を行っています。もっとも色々変えたのも結構前の話なので色々古いです。

 

最初に忘れてましたが、Windwos互換製チェックなんて走らせてみました。XPからはアップデート出来ずクリーンインストールになるのであんまり気にしないことに。

cat20150606204354cat20150606212319

と言うことでアップデートです。1時間掛からない程度でバージョンアップ出来ました。グラフィックがMobility RADEON X600とか言うので、ドライバーが入らず探したんですが、Vistaまでだったようです。

一応適当にVistaの物を入れたら動きました。音源部分も標準で入りつつも音が鳴らなかったので、ドライバーは本家から落として入れ直したら動きました。後はメモリスティックスロットのドライバーは、oldフォルダーに移動されたXPから持ってきたら一応認識しました。さすがにメモリースティック専用なので使わないカモですが・・・。

 

sp1を早速当てたのですが、パッチはまだまだ有ります。あまりにも多くて途中で一晩おいても固まったようで、何度かやり直しながら進めています。1日掛かってますがまだ当て終わりません。

cat20150607112617

 

スペック的にはこんな物かと。

cat20150607190725

で、入れながらの感想ですが、PentiumMなんてCoreシリーズのシングル盤CoreSolo程度の性能はあるだろうと思っていましたが、Core2の1.4Ghzマシンに比べてもかなり遅いです。HDの遅さもあると思いますが、Windows7がこんなに重く感じるので、気軽にアップデートして使うとしても結構厳しいですね。Vistaよりはマシなのかも知れませんが、かなりもっさりです。もっともWindows10の用件を満たしてるかも判りませんが・・・。たしかWindows8でPAEとNXbitとSSE2が無いと駄目でしたっけ。と言うことで、このPentiumM740Windwos7止まりと成りそうです。

時計用のバッテリーが死んでるようなので、これも液漏れ前に交換しとかないと駄目そうですが、この機種分解がかなり面倒なんですよね・・・

持ち歩き用のPCを・・・と、古いPCにUbuntuを久々に入れて見ました。

先週LooxUを出してきましたが、SSD買い間違えたので、他の物を探すことにして昔買ったFM/VのB8230と言うのを発掘してきました。買ってからもう5年以上前ですね。今1.5万円でB5ノートPCを探したらどれ位のスペックですかね。Corei3くらい行けるのかな。

 

と言うことで、外見はこんな感じです。バッテリーはまだ生きています。リンクにあるようにHDを交換をして、メモリー追加したので合計2GB、CPUはCeleron 423(1.06GHz)と、ものは初代Coreシリーズの時の物なので、32bitのみです。まぁクロック低めのPentiumMとあんまり変わりませんね。HDもIDEなのが悲しい所です。

cat20150531181243

 

インストール用にDVDを焼いてインストール開始ですが、Windowsと変わりなく簡単にインストール出来ます。どんどんインストーラーが良くなってホント簡単になりましたね。なので、入れるだけで、すぐに飽きて消してしまうと言う・・・。Ubuntu入れるのも、もう何回目やらです。

cat20150529211439cat20150529211550

 

さくさくっとインストール出来ましたが、このスペックだとGUIのシェルがUnityと言う物になっていて使うとかなりもっさりです。Linuxも、もう3D機能充実してないと厳しい時代なんですね。

cat20150529215130

で、昔のGNOMEに切り替えましたが、この辺りの設定も「Ubuntuのソフトウェアセンター」でダウンロードして、ログイン時に選択したら終わりと簡単です。アプリの殆どがソフトウェアセンターから落として終わりなので、Linuxと言ってもネットやフリーのOffice製品でいいのなら充分使えますね。

GNOMEにしたら、もっさり感はかなり消えて普通に動くようです。最もこのスペックだとHDのYoutubeでさえ重いので、この辺りはスペックが低すぎてどうしようも無いです。

cat20150531181423

 

早速ソフトウェアセンター以外の物をと言うことで、X68エミュを・・・となると、コンパイルしたりでちょっと面倒です。この辺り面倒と考えるか、これこそが楽しいところかってキッパリ別れそうですね。

自分は、昔ならともかく最近は素人思考なので面倒です・・・。

cat20150529220541

 

そうそう、このマシンは無線LANが付いてないので、USBの物を使っていたのですが、Ubuntuでは認識出来ずにカードを挿してみましたが、これまたイマイチ生きてるのか死んでるのか・・・。というのもアンテナも来ていないし、本来なら無線スイッチも付いてるのですが、無いモデルにはそれも無くスロットのみでした。調べるのも面倒なのでWindowsの時に試しておけば良かったです。そもそもベンダーガードで引っかかってるカモですが、起動時それすら出てこない感じでした。

cat20150530111344

 

外見では、キーボードが引っ越しの時プチプチに包んでたらか、一気に黄ばみました。プチプチの何かと反応を起こしたのか?って言うくらい、包むときは真っ白で3ヶ月後に出したら真っ黄色でした。iBookの液晶も腐ったしで、プチプチ恐ろしいです。

cat20150531181341

という感じで、モバイルで有線=スタンドアローンって感じなので駄目だこりゃですね。NETBOOKでも出してきた方が良いって感じかも知れませんね。あっちもパッチ当てだけで帰ってこなくなるくらい遅いので微妙ではありますが。

間違えて買ってしまった、Half Slim SATAのSSD・・・

普段持ち歩き用に、やっぱ小さいPC入れておこうと、LooxUを引っ張り出してきましたが、32GBのSSDだと容量不足でパッチ当てたら殆どパンパンって感じになっていました。

SSD交換するかと64GBを購入してみました。規格はHalf Slim SATAと言う物で、2.5インチのものを殻を外して半分くらいの物って感じで端子は、普通のSATAのものです。

cat20150523112004

 

もう気泡だらけのLooxですが、動けば良いかと

cat20150523114156

 

画面も最近のスマホの方が良いですよね。

cat20150523114515

 

蓋を開けて交換しようと・・・

 

cat20150523114737

ここで気がついたのですが、Half Slim SATAも更にMicroSATAとか言うのがあってサイズは同じなんですが、電源の切り込みが違うと・・・。

通りで安いんですね。殆ど使われてなかった物だと思います・・・。しくしく。うちには使えるマシンが無い感じです。

cat20150523114829

買う前に名前で取り付け例を検索したのですが、Google先生が微妙に修正して探してくれたようで気がつきませんでした。

特殊機器はホント確認しまくらないと駄目ですね。

Intel Turbo Memory(1GB)をCore2duoマシンに装着

KoukさんのCore2ネタで思い出したのですが、随分前にIntel Turbo Memoryを買っていました。千円ぐらいだったと思います。

Core2のマシンに対応してるのですが、付けたいマシンは殆どSSDにしてしまったので、そのままになっていました。

スロットの空きがあってHDDマシンは・・・と思うと一台有ったので取り出してきました。昔のGatewayのPCです。一時期これがメインマシンでした。

今でも1920*1200の解像度があるので、HomeWold2専用として時々使っていました。HomeWold2は春にリニューアルして発売されたので、ワイド画面でも遊べるように成ったみたいですね。

また安売りで出たら買おうかと。

cat20150521213623

 

取り出してきたのがIntel Turbo Memoryです。殆ど効果が無いと言われつつ無いよりマシかなって感じで安いから買ったと思います。最終的には4GBの物も有ったと思います。最近はまた、キャッシュ用SSDとして復活して32GBとか有るようですね。名前は単なるキャッシュみたいですが。

cat20150521204915

 

早速取り付けです。たまに認識しないスロットもあるので色々難しいですよね。USBモードがあったり無かったり。

cat20150521205252cat20150521205436

 

ドライバーを入れましたが、このマシンだと、ReadyBoostしか有効化出来ないようです。

cat20150521210458

 

キャッシュ系はベンチが聞かないらしいですが、計るとこんな感じです。まぁ1GBじゃ効いたり効かなかったりすると思うので当てにならないですが、

何かしら変化はあると思います。付ける前の元のはこんな感じでした。SSHDだと益々判らないですよね・・・。

cat20150521212405

と言う微妙なマシンに微妙なパワーアップでした。

その後一年経ちました。そしてRaspberry Pi 2を買ってみました。

思い起こせば早い物で、もうあれから一年経っています。

初代を買ってGWに遊ぼう〜と思ってたのに、ばたばたと忙しくなってしまい、気がついたらもう一週回っていますね。

結果「何もしてません!」机の肥やしです。

 

と言う事で、また今年も買ってしまったRaspberry Pi 2です。

cat20150426160820

今回は、かなり性能が上がったので、ホントにPCとして使うにも十分な性能になってきました。これ用のWindows10も開発中というので、ホントにPCですね。

もっともPCに使うにはちょっと勿体ないと言うか、学習キットみたいな物でしょうしで、もっと色々遊べよって感じもありますが・・・。

 

と言うことでサクッと開封。相変わらず小さいですが、スマホはもっと小さいのでそういうことなんでしょう。

cat20150426160947cat20150426160956cat20150426161112

今度はMicroSDカードなので、更にストレージが安くなりますね。

 

またケースも買ったのでこんな感じです。ストロボ炊いては撮っていません。

cat20150426161722

 

初代は色々はみ出て今見るとイマイチですが、B+以降スッキリしましたね。

cat20150426162754cat20150426162849

USBも増えたので便利です。

 

OSの入れ方は、探せば山ほど有るので、すっ飛ばします。やり方は初代と同じです。

cat20150426164832

 

今はマインクラフトが付いてたりするんですね。思ったよりスムーズに動いて驚きました。さすがパワーアップされただけありますね。

cat20150426165338

 

で、「小さいって事は・・・」の方に載せたのはこのLapdock100につなげるからです。もっともタイミングがシビアで簡単には認識してくれません。ググると簡単な回路を組めば綺麗に使えるそうなんですが・・・。先にHDMIの信号を拾って起動させないとLapdock100がうまく認識してくれないそうです。(結果スイッチが入りません)USBをつなぐとRaspberry Piの電源が入ってしまうしで中々難しいです。

cat20150426170651

で、別のキーボードをつないで先に起動させてからつなぐとか変なことしたら映りました。ちょっとした回路ってのが自分で作れるような人向けのキットなので、ホントはそういうのをどんどん試さないと何でしょうね・・・。

今度こそ、そうしてまた1年経ちましたって記事にならないように使うようにします。

Windows 10プレビュー「Build 10074」にアップデート

何処の記事でもやってるのでWindows10は簡単に・・・。

WindowsUpdateからバージョンアップします。このマシンCore2(2Ghz)+SSDですが、アップデートにかなり時間がかかり1時間くらいは放置したかと。

cat20150502124333cat20150502131506

 

かなり手直し箇所も増えてきたので、良い感じで動いています。最初の頃はシャットダウンでもエラーが出て何だかなぁ〜って感じですが、最近はスムーズに落ちますし、起動も速いです。

とは言え、まだまだ日本語に関しては機械翻訳も多いのか、電源>Power?が仕事率なんて感じです。

cat20150502131418cat20150502131739cat20150502133241

半透明処理が戻ったのは良いのですが、このデザインだとやっぱ安っぽく見えますね。Appleが変えたらみんな右になら選った感じなのがなんとも・・・。

 

新しいブラウザーもSpartan→Edgeらしいですが、慣れるまでIEとか言ってしまいそう。長らくIEで通じてきた物なので、職場での言い換えが大変かも。

cat20150502133024cat20150502133104

とりあえずの表示は問題無さそうです。日本語フォントが気持ち悪いままのはなんともですね。そうそう、このマシンメモリーは2GBしか有りませんが、特に問題無く動いています。今時のタブレットマシンくらいの性能なので、ATOM搭載タブレットでも何とかWindows10に行けるのかと。

もっともストレージが32GBのマシンはともかく、ストレージ16GB+メモリー1GBのタブレットはどうなんですかね。

 

一応古めのアプリでも動いてる感じです。そろそろWindows10も製品に近いので、もう少し使い込んで慣れておきますかね〜。

cat20150502131955

今更Alienware M11x(初代)を見直してみる。

画面真っ白で廃棄するしか・・・状態から役4年ほど放置して今更ながらACアダプターを偶々新型の物を刺したら動いた・・・。のでACアダプター買ってみました。

amazonのマーケットプレイスで、中古とは書いてない業者から購入ですが、これは綺麗な中古かな・・・。3千円弱しました。

cat20150422211227cat20150422214439cat20150422214503

昨日、秋葉で全く同じ物が500円で売ってたのも見つけてしまい軽くめまいが・・・。

 

それは兎も角、このアダプター刺してもちゃんと動いてくれます。たまってた160個くらいのパッチを当てたり要らないソフトを消したり色々やりましたが、今のところ普通に動いてくれます。

cat20150422214838

 

液晶も今Alienwareシリーズ搭載のIPS機と比べるとかなり汚い物ですが、一応キャリブレーションして青っぽさが少し取れました。最もこの程度なので知れています。

cat20150422222625

cat20150422222632

 

外見もさらっとおさらいです。もの凄く特殊な形で11インチNoteながら2kg超える重さです。ゲームマシンと言う事で廃熱など余裕のある設計・・・の割には華奢ですね。

ちなみにこの後のCoreiシリーズになったR2版は液晶のヒンジが簡単に折れるそうです。これで虚弱体質ってどうなってるのやら。最後はR3のSandybridge搭載機までありました。最後の位だと今でもゲーム以外では遅さを感じること無く使えるかもですね。

cat20150426092443

 

端子類は豊富です。USBと有線LAN以外刺したことが無いので、壊れてても気がつけないかも。グラフィック用にGefoceの335Mと言う物が積まれていますが、マルチモニターなんてしたら元々遅いのに大変なことになりそうです。

cat20150426092502cat20150426092517

 

CPU周りはこんな感じです。

cat20150426092542

 

今のところ毎日(と言ってもアダプターが届いて3日ですが)起動させて様子見てますが順調です。

cat20150426093006cat20150426103147

特徴のあるキーボードは現行機だとおとなしくなり、実用性重視ですね。新しいのはラバーコーティングされているので、10年後べたべたの刑じゃないかなとも思います。その点これは無塗装です。壊れる心配があるからそんな長い目で見なくて良いですかね。

 

7,200回転のHDは今となっては激遅です。SSDに・・・と思いましたが、ゲーム機なのでSSHDかなとも思います。

ちなみにパッチ当てが殆どだと思いますが、稼働時間は120時間ほどでした。殆ど使わず眠ってましたね。

cat20150426104613

ゲームマシンと言いつつCULV機と殆変わらない大げさ仕様なのが悲しいです。ゲームするにも最近のタブレット機の方が早いくらいです。

買った当時は、まだまだNotePCのゲーミング機の性能が低く、小型機だとホントおもちゃしかなかった物ですね。たまたま仕事ももの凄く忙しい時期と重なり、ストレス発散に購入した物の1年で撃沈して余計にストレスがたまる物でした。

 

今は仕事も落ち着いてきたので、こうやって昔のPCをノンビリ見直すことが出来るようになりましたね。無駄遣い出来なくなりましたが、それはそれで、買っただけで終わった物を見直していきたいと思います。

壊れてた「Alienware M11x」と最新のAlienware13

うちの11インチのAlienwareは1年ぴったりぐらいで壊れてしまい、全然起動できないPCとなっています。

でも、唯一年単位で完全放電したときだけ起動してくれます。(内蔵バッテリーまで抜いても駄目でしたCMOSバッテリー抜いても駄目でした)

 

と言うことで、偶々新しい13インチを触れたので、3年ぶり位空いたのでスイッチを入れてみたら、やっぱり一見普通に起動してくれました。

cat20150419203814

でも、ワンチャンスかな〜。もう捨てたらと思うのですが、たまに動くとついつい置いておいてしまいます。

 

ちなみに最新の13インチはIPSで、ノングレアのフルHD仕様の液晶です。グラフィックもGeforce GTX860Mと、ゲーミングマシンって感じのスペックです。

11インチが出たときは、これで遊ぶぞーと思った物の所詮ミニチュア仕様で当時のゲームでさえ厳しかったです。

cat20150419204442

久々に並べて見て時代の進歩を感じますね。もっともサイズが違うとは言え、どちらも2kg超えてて重いのが、ゲーミング機って感じですかね。

友人宅に持って行ってゲームなんて、ネット経由が当たり前になってから全然やらないので、このクラスは欲しいと思いつつ買うタイミングはもう無いかなぁと思います。

テンキーユニットなんぞ買ってみました。

今更テンキー?って言う事もごもっともですが、一部のアプリ?でどうしてもテンキーが欲しくなり購入です。

そうそう、最近は仕事も数字を弄るのが仕事になったので、テンキーが無いと不便になりました。

 

と、買ったのはこれです。薄いので軽くて滑ったりするかと思いましたが、しっかりしてました。numロック問題とか言うのがあるらしく、ノートPCでnumロック入れると、アルファベットキーが数字になってしまう悲しい事があったそうですが、最近のは、そういうのを解決したそうです。

cat20150311204532

 

で、付けてみます。微妙に置き場所に困りますがおおむね問題ありません。

cat20150311204750cat20150311204859

押し心地も悪く無いです。こう言うのって昔高かったんですが、今はそれこそ千円しないような物ですね。高さもUltrabookしようとかで、丁度

良かったです。

 

と言うこことで、ジョイパッドよりやっぱテンキーの方が細かく操作できるから良いなと思い特定のアプリで利用します。

cat20150311205354cat20150315133940

inateck USB3.0 Hub(HB7003)を使ってみました。

ドイツのメーカーで周辺機器などを出している、inateckさんからUSBのHUBのHB7003が送られてきましたので、簡単にレビューです。

 

USBのHUBってここ最近使うことが無かったので久々です。送られてきた物は、7ポートでUSB3.0対応の物でした。ここ最近のUltrabookはポートが少ないので、スマホの充電しながら使うとかで、ちょっと足りないときはありますよね。

cat20150125121135

 

今回の物は、全ポートBC1.2と言う規格に対応した物でした。まぁ充電するとき500mA以上出せますって事らしいです。

cat20150125121413

 

外見はこんな感じです。

cat20150125121252cat20150125121450cat20150125121511

 

ACアダプターはぴったりですが、USBケーブルの差し込みはこんな感じです。海外製のはちょっと余るくらいが多いですよね。

cat20150125121619

 

電源は12Vの3000mAなので、容量がそこそこ有るので充電も結構出来そうです。このHUBはPCをつながなくても充電器として単体で使用できます。その辺りがべんりな点かと。

cat20150125121643

 

ばらばらとつないでみます。PC側から認識するとランプが付くようです。iPadを接続してもちゃんと充電出来ました。

cat20150201163751cat20150201164638

という感じで、HUBとしてはもちろんですが、7ポートのUSB充電器としても使えるのが良かったです。

一応動画も・・・

PC-9821Ndの時計用電池交換とレジューム用バッテリーの除去&Neの分解

先日買ったNdですが、内蔵のバッテリーが液漏れしたら嫌なので、こちらも抜くことにします。時計の電池も時間がくるくる回る状態なので付いてに交換です。

分解方法検索したのですが、無かったので適当です。と言うか簡単でした。背面のネジを全部外したら上下が分かれます。液晶のケーブルさえ気をつければ後は爪で止まっているだけなので、そこだけ注意すれば大丈夫でした。

cat20150207184107cat20150207184314

 

外すと浮いてきます。前方の爪だけ一部堅いところはありました。

cat20150207184333

 

外すとこんな感じで、電池はすぐに出てくる位置にありました。助かります。にしても昔のノートPCはスペースに余裕がありますね。

cat20150207185617

 

レジューム用バッテリーの下に時計用の充電池があります。両面テープで留められています。

cat20150207185707

 

買ってきた電池と交換です。

cat20150207185803

 

で、分解ついでにNeの方も開けてみました。こちらも構造は殆ど同じでした。後ろが液漏れで偉いことになっていましたが、その他目立った液漏れはわかりませんでした。ひょっとするとバッテリーの液漏れじゃ無く、M/B上のコンデンサーが死んだのかもですね。この頃のPCが家には多いのでなんとも悲しい話です。

cat20150207190731

 

Ndとキーボードの使い回しが出来るか見たのですが、少し構造が違うようで駄目ですね。接続ケーブルは同じようですが、ネジ止めの周りの作りが違いました。

cat20150207190754

 

こっちもバッテリーが付いていますが液漏れしていませんでした。

cat20150207190853

 

Ndのフロッピーが死んでいるので、Neのと交換しようかと思いましたが、Nd側の分解がめんどくさそうだったのでやめです。

cat20150207191557

 

液晶は、NdとNeの端子が同じでパネルの形も同じみたいなので、交換可能かも知れません。外すのに根元の分解が必要だったので今回はスキップです。

cat20150207192149

 

Nd内蔵のCIRRUSLogicのアクセラレーターです。でっかいですよね。Ndとこの後のNe3,Nd2辺りは音が出ないのでつまらないですよね。PCMCIAの86互換カードって、滅多に無いし合っても高そうなのでちょっとハードルが高いです。

cat20150207195953

 

と言うことで、盲腸みたいなのを取り出して使います。DSTNの画面も今見ると独特なので、これはこれでいいのですが、重ね重ね音が出ないのが残念です。YM2203だけでも内蔵してくれてたらなぁ〜。

cat20150207204854

ギャラリー
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • JetFlash Online Recovery(トランセンドのUSBメモリー修復ツール)
  • JetFlash Online Recovery(トランセンドのUSBメモリー修復ツール)
  • JetFlash Online Recovery(トランセンドのUSBメモリー修復ツール)
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
記事検索
Recent Comments
Archives