小さいって事は・・・

ちっちゃな機械を操ろうヽ( ・∀・)ノ 〜○

Pi

その後一年経ちました。そしてRaspberry Pi 2を買ってみました。

思い起こせば早い物で、もうあれから一年経っています。

初代を買ってGWに遊ぼう〜と思ってたのに、ばたばたと忙しくなってしまい、気がついたらもう一週回っていますね。

結果「何もしてません!」机の肥やしです。

 

と言う事で、また今年も買ってしまったRaspberry Pi 2です。

cat20150426160820

今回は、かなり性能が上がったので、ホントにPCとして使うにも十分な性能になってきました。これ用のWindows10も開発中というので、ホントにPCですね。

もっともPCに使うにはちょっと勿体ないと言うか、学習キットみたいな物でしょうしで、もっと色々遊べよって感じもありますが・・・。

 

と言うことでサクッと開封。相変わらず小さいですが、スマホはもっと小さいのでそういうことなんでしょう。

cat20150426160947cat20150426160956cat20150426161112

今度はMicroSDカードなので、更にストレージが安くなりますね。

 

またケースも買ったのでこんな感じです。ストロボ炊いては撮っていません。

cat20150426161722

 

初代は色々はみ出て今見るとイマイチですが、B+以降スッキリしましたね。

cat20150426162754cat20150426162849

USBも増えたので便利です。

 

OSの入れ方は、探せば山ほど有るので、すっ飛ばします。やり方は初代と同じです。

cat20150426164832

 

今はマインクラフトが付いてたりするんですね。思ったよりスムーズに動いて驚きました。さすがパワーアップされただけありますね。

cat20150426165338

 

で、「小さいって事は・・・」の方に載せたのはこのLapdock100につなげるからです。もっともタイミングがシビアで簡単には認識してくれません。ググると簡単な回路を組めば綺麗に使えるそうなんですが・・・。先にHDMIの信号を拾って起動させないとLapdock100がうまく認識してくれないそうです。(結果スイッチが入りません)USBをつなぐとRaspberry Piの電源が入ってしまうしで中々難しいです。

cat20150426170651

で、別のキーボードをつないで先に起動させてからつなぐとか変なことしたら映りました。ちょっとした回路ってのが自分で作れるような人向けのキットなので、ホントはそういうのをどんどん試さないと何でしょうね・・・。

今度こそ、そうしてまた1年経ちましたって記事にならないように使うようにします。

MOTOROLAのLAPDOCK 100が届きました。

コレって何?って人も多いと思いますが、MOTOROLA製のスマホ(IS12Mなど)のオプション品で、日本ではauから発売された端末で紹介された物の発売されなかった物です。海外では安く売られているらしく、日本のamazonのマーケットプレースで輸入代行しているところから買いました。頼んだのは4月の頭ですが、届いたのが先日なので1ヶ月半ほどかかりました。

お値段は税送料込みで1.5万円でした。

cat20140517113836

巨大な箱で届いていますが、中身は軽いです。殆どエアーパッキンです。

 

お値段はこんな感じです。

cat20140517114254

 

出てきた箱はピザBOXみたいな感じです。

cat20140517114452cat20140517114601cat20140517114903

こういう感じで収まっていました。安い割にはちゃんとしてる感じですね。

 

説明書とACアダプターと本体です。

cat20140517115041cat20140517115144

開けるとこんな感じです。キーボードはAndroid用になっていますがWindowsでも問題ないと思います。

 

背面はこんな感じで、電源、USBとスマホ接続ケーブルと続きます。

cat20140517115457cat20140517115516cat20140517115526

取り出すとこんな感じです。MicroHDMIとMicroUSBですが、普通とオスメス逆です。

 

モトローラのスマホはこの並びに丁度合うらしく、このまま差し込んで使うのが正当な使い方です。

cat20140517115704

で、ここまで見て結局何に使うために買ったか判らないかも知れませんが、この機械ようはHDMIのモニターとUSBキーボードとパッドだけの物になります。Wifiついたいりこれだけで動いたりしません。もっともバッテリー搭載で、MOTOROLAのスマホと持ち歩いてノートPCの用に使う物ですが、汎用的にも使えるようです。

 

で、接続がちょっと普通と違うので、MicroHDMIをオスメスひっくり返すコネクタやらそれなりの変換コネクタを組み合わせてRasberry Piをつないでみると・・・

cat20140517235040cat20140517235109

ノートPCみたいに使えます。他にもうまく使えば色々使えて便利!といろいろ書きたかったのですが、この製品HDMIに信号が来てたら電源が入るとかどうも仕様が微妙で、スイッチオンすればHDMIのモニターの様に使えたりしないようです。一度動き出せば予定通りノートPCみたいに使えるのですが、何度もスイッチを入れたり切ったりで電源が入ったり入らなかったりで、思うように行きません。これ用のスマホを持っていれば、調子が悪いのかどうか確認できるのですが、イレギュラーな使い方のため壊れてるのかも知れません。

 

と言ってもこれのためにIS12M買うのも何だしなぁ〜<3千円とかならともかく古い割にはSIMフリーに出来るためか高め維持みたいです。

もう少し調べてみますが、もうちょっと思ったように動いてくれないと、コレクターズアイテムで終わってしまいそうです・・・。

 

同じ物を買われて試されている先人の方々に聞いてみるかなぁ。

動画でも紹介してます。

GW用のおもちゃとしてRaspberry Piを買ってみました。

cat20140506215601

しかも、素人なので入門書も。こう言う物やケース買ってたら本体より高いですね(汗。

まぁ、ネットで調べながらでも十分だと思いますが、何となく本も欲しくなり購入です。

 

本体とケースはamazonで購入です。円安が進んでいるので今は4.5k弱って所ですね。

cat20140506123047cat20140506181150

ついでに電子工作入門キットみたいなのも買ってみました。こっちもパーツだけ買った方が早いのかもですが、手間賃考えると充分です。

これらが連休最終日に届いてしまったので、今回は起動させるまでです。

 

まずは、Raspberry Pi用のOSをダウンロードします。NOOBSってのから落とせば大丈夫です。LITEはイメージの焼き込みらしいです。

cat20140506182520

 

ダウンロードした物を解凍して、フォーマットしたSDカードにまるまるコピーです。

cat20140506183119

 

他にキーボード、マウスやモニターを用意します。またHDMIモニターが簡単に用意できないので、ビデオ出力を使って見ることに・・・

cat20140506185237cat20140506185255

物置から昔のテレビを引っ張り出してきます。

 

Raspberry Pi本体はこんな感じです。クリアーケースは千円以上するので微妙ですね。音声出力やUSB、有線LANポートなどが揃っていて動画再生もHD解像度くらいなら十分だそうです。

cat20140506185824cat20140506185845cat20140506190245

 

電源スイッチが無いので(USBの電源刺すと電源が入る)USBのスイッチ付きの物も買っておきました。

cat20140506190700cat20140506190816cat20140506194950

こんな感じで使います。電源は、0.5A超えないようですが、1A推奨なのでぎりぎりなのかも知れません。何かボードを接続することもあると思うので大きめの容量が良さそうですね。

 

色々つなげると小さい本体が、一気にかさばりますね。

cat20140506191300cat20140506191356

起動!させるもLEDが付いてますが、何も映らず・・・。しくしく。簡単にいかないのか、Raspberry Piのビデオ端子が壊れてるのか、久々に出してきたテレビが駄目なのか判らず、結局プロジェクターにつなぐことに。

 

プロジェクターって壁に120インチくらいで映るんですが、下と上向きながらなので、作業としてはクビが疲れて大変な感じです。

cat20140506192734

 

ちゃんと映ったので、OSのインストールを始めます。何種類か選べます。この辺りはまたSDカードを付け足して試してみたいと思います。

cat20140506192844cat20140506192948

セットアップが始まりますが、結構時間がかかります。

 

やっと終わってリブートしたら、今度はちらちら出て進まない。なんかSDカードのエラーっぽい感じのメッセージが出てるので、別のカードで試すことに・・・。

cat20140506194721

 

Transcendのカードがどうも駄目みたいです。LifeTouch NOTEに付いてたADATAのSDカードを使うことに。一応SDカードの対応一覧はここに有りますが、よくわかんないです。

cat20140506201327

 

今度はあっさり起動して、初期設定画面に行ってくれました。

cat20140506204410

ここの2番でパスワードを設定したら終わりです。

コマンドとかから「sudo reboot」で再起動させます。ちなみにユーザーIDは「pi」でした。

 

「startx」でウィンドウシステムを起動させます。

cat20140506205335cat20140506205528

一応PCぽくなったところで、GWも終わりですね。またぼちぼち遊んでいきます。

そうそう、止めるときは「sudo halt」で終わらせてから電源切った方が良いかと。

ギャラリー
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • JetFlash Online Recovery(トランセンドのUSBメモリー修復ツール)
  • JetFlash Online Recovery(トランセンドのUSBメモリー修復ツール)
  • JetFlash Online Recovery(トランセンドのUSBメモリー修復ツール)
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
記事検索
Recent Comments
Archives