小さいって事は・・・

ちっちゃな機械を操ろうヽ( ・∀・)ノ 〜○

WindowsCE

hp jornada 720のセットアップ

先日色々頂いた中にハンドヘルドPCのジョルナダ720がありました。昔偉く高いマシンと言うイメージと形が海外製って感じだったので結局買うことは無かったです。これじゃ無きゃって言う人も居るみたいなので、興味はありました。

cat20140811202118

 

頂いたのは、箱付きでした。ゴム足が溶けてたので早速取り除きました。それ以外はバッテリー自体もまだ使える状態でした。

cat20140811202308

 

セットアップを始めます。液晶はこれの前の690とかと同じで、レビュー記事とか見ると良くなったと書かれていますが、今更STNの液晶を見ても綺麗とかはさすがに思えないような気がします。

cat20140811202521

 

最初の時計合わせってコマンドか何かで出来るんでしたっけ?年数が経ちすぎるとこれが一番大変な気がします。

cat20140811202634

 

さくっと立ち上がりました。キーボードも綺麗です。

cat20140811203032

 

ボリューム周りも綺麗な感じです。ヒンジもがたつきは無かったです。

cat20140811203100

 

そうそう、ROWAの互換バッテリーがまだ売っていて980円でした。これはラッキーですね。旧機種はバッテリーでお金が掛かったり手に入らなかったりなので気になるところです。

cat20140811205537

cat20140811205600

金型コピーの時はゴム足ごとしてるようですね。

 

CFのスロットはこんな感じです。何度も抜き差しするには向いてないですよね。

cat20140811212847

 

ソフトのインストールを行っていきます。WZとPocketATOKが有るので、定番らしいので入れます。無線LANのドライバも入れるのですが、ActiveSync使わないと駄目とか不便すぎますね。

手軽な16bit端末で、ケーブル無しで以降としたら赤外線付きのLibrettoがあったのでそこからセットアップしました。赤外線の設定なんで懐かしすぎます。「ビョン」なんて音がして探すんですよね。それっぽい音で良い感じです。

cat20140811220332

 

中々繋がらないので、ひっつけたら行けました。繋がった後少し離しても大丈夫なようですが・・・。

cat20140811220518

 

とまぁ何とか最低限使えるようにしました。スーパーブックとかもマーケットプレイスで500円弱だったので購入。流し読みしましたが、ATOKのセットアップだけはこの本に書いてるやり方じゃ無いと入りませんでした。助かった。

cat20140811224737

メモ代わりに使おうかと思いますが、重さが500g超えててLOOX Uなんかよりも重いのが難点ですね。キーボードもカシャカシャって感じで軽いのでTeliosの方がしっかりしてる感じがします。文字うちだけならTeliosの方が良いかもしれません。あっちはさらに重いですが・・・。

PCと違ってこの辺りのハンドヘルドPCって丈夫なイメージがあります。LOOXとか軽いんですが、もっと簡単に壊れそうと言うか。これもヒンジが脱臼したりとか有るんですが、それとは違う華奢な感じがPCとは違うので、こういったマシンって出続けて欲しいなぁと。

動画での紹介はこちらです。

SHARP Telios HC-VJ1Cの環境整備です。

3連休も終わりですが、今日もまた送られた機材で遊んでいます。こんなに一杯だと時間が全然足りないですね。

cat20140721142327

このマシンって当時偉く重装備な物が出てきたなぁ〜って印象で、高すぎて買わないよなって思っていました。発売は2000年の3月ぐらいみたいです。定価が148,000円もします。液晶は800×480ドット、65,536色の7.1型TFTワイド液晶らしいです。7インチタブレット変わんない感じですね。重さは860gなので結構重めです。

 

cat20140721142346

特徴有るカメラは35万画素とまぁ目立つサイズの割には2000年でもちょっとイマイチかも。もっとも自分はこの後出たE-25DCを使ってたので悪くは言えないかな。SHARPってホントかぶりまくる物を沢山作りますよね。そのくせACアダプターでさえ全く使い回しが出来ないのはひどいかな。今回同じTeliosのAJ3も頂きましたが、ACアダプターは使い回しが出来ませんでした。

 

今回は、本体とACアダプターのみだったので付属のヘッドフォンはついてませんでした。音楽聴く際にリモコンもついて便利そうですが本体をポケットに入れたりしないので、まぁいいかな。

cat20140721142428cat20140721142438

側面にも端子が一杯です。後ろにはモデムも内蔵しています。CFカードとPCカードが刺さります。携帯電話専用端子やら赤外線ポートとか端子だらけですね。マウスが使えるUSB端子もあります。

 

反転させたタブレットモードです。

cat20140721142505cat20140721142621cat20140721143547

カメラも生きています。CLIEのカメラは軒並み死んでいるのですが、欠陥は認めず放置でしたね。あの頃のカメラはSONYのCCD不良でかなりリコール対応したのに・・・。

 

この端末ATOKが標準搭載されています。WZエディターが残っていたので、これを組み合わせて使うことが出来ます。今でもこの頃のキーボード付きマシンを使ってる方は、エディター+ATOKのメリットくらいですかね。もっとも良い物は沢山出ているのでなんですが。関係ないですが、シール貼られてる犬はどっかで見たのですが思い出せないです。何ですかね?googleの加増検索では出てこなかったです。

cat20140721142717cat20140721142749

CPUはこんな感じ。この頃載ってCPUのタイプ、ハンドヘルドタイプ、PocketPCタイプとアプリ入れるのも区別が大変でしたよね。にしてもこのTelios思った以上にサクサク動きます。A-51のねっとり遅い感じとかなくて普通に使えてしまうのがすごいかも。脳内ではWindowsCE系の端末って遅いイメージしか無いのですが、こんなにちゃんと動いてくれてたんですね。

cat20140721142357

内蔵アプリが結構あって、それだけでもそれなりに使える感じです。Officeもしょぼいとは言え簡単な表計算も出来るし、Accessまでついてたんでしたっけ・・・。

これで、無線の暗号化がちゃんとしてブラウザが新しい物があって、TwitterとFacebookがあれば・・・言い出したら切りが無いですね。無線の暗号化だけが追いついてきて欲しかったかな。

 

cat20140721143709

アプリも色々無くなってそうでしたが、思ったよりベクターに残っていました。ありがたいです。5TQとかって今でもやれば流行りそうなのに、絶滅してしまったんですかね。

サポートのページがかろうじて残っていてTelios Support Station当時は周辺機器のサポートも多かったんですね。SCSIまで有ったなんて知りませんでした。

 

ちなみにこれを全然知らない方もいらっしゃると思うので、サイズ間はこんな感じです。7インチでも縁が大きいのでかなり大型に見えますね。LOOXより大きいし重いですが、電池の持ちは結構いいです。瞬間起動ですしね。11インチのPCに比べると小さいですが、重さはあんまり変わらないですね。

cat20140721143000cat20140721154345

WindowsCEの末裔も日本ではすっかり絶滅してしまったのが残念です。結局ガジェッタ-向き止まりだったんですよね・・・。

動画でも載せておきます。

CASSIOPEIA A-51を掘り出してきたので見直してみます。

最近古い物を掘り出してきていますが、これもまた引き出しの底に眠ってるマシンです。LX200とか全然買えず、その後電池駆動の小さなPCが出るというので発売されて速攻買ったマシンです。が・・・、あまりにも動作が遅くて、殆どと言って良いほど使わなかったような気がします。このシリーズっていくつか出ていて最終版のA-60辺りが欲しくなってた事もありますが、結局手に入れること無く、初代シグマリオンを買っていました。もっともあっちも言うほど使い込まなかったカモですが、売却して手元には残っていないです。時々売られてるのを見ますが、初代と二代目のシグマリオンは黄ばんじゃいますよね。

cat20140706170421cat20140706165548

とりあえず、起動は出来ます。起動するのにももの凄く時間がかかります。デスクトップ表示でさえ時間がかかりますよね・・・。その内動画撮って残しておきたいと思います。

 

プチプチキーボードはそれなり使えますが、動作が・・・以下略

cat20140706165609cat20140706165637

この頃のスタイラスってモノクロザウルスもそうですが、しっかりした物が多いですよね。モノクロザウルスは行方不明のままです・・・。たしかPI-4500を持ってたと思います。何処に行ってしまったのやら。

 

当時のPHSカードもあります。データ通信するのにさらにカードが必要なんて・・・。この頃PHSグッズって色々ありましたよね。キーボードとかホームアンテナとか。最後の方は色々機器を貰ってました。さすがに色々捨ててしまいました。

cat20140706165817

 

このマシンの一番良いところは電池で動くことですよね。eneloopでも動いてくれました。リチウム電池でバックアップされますが、どっちもそこそこ早く無くなってしまうのがなんともはや。

cat20140706165903

 

外部記憶としてCFスロットもあります。デジカメのオマケのカードが入ってました。なんと4MBです。最新カメラの1枚も入らないな〜。これが自分の持っているカードで最小容量かも。

cat20140706165935

 

標準のアプリがいくつかありますが、一応ソリティアで遊んだくらいかも。さすがにこいつの環境構築は今更厳しいので、このまま飾りにしておきます。

cat20140706170025cat20140706170052

 

そうそう、コメント頂いたの久々にギャラタブも起動させました。アップデートがたまりまくりますね。液晶は相変わらず綺麗なのと1年ぶりくらいですが,バッテリーが少し残ってたのがすごいかも。

cat20140706164527

 

後は、ブックオフの200円の本を数冊購入。さすがにスパタ齋藤さんにはかないませんが、知ってる物はそれほど違いが無いかな〜。世代が少し上ですね。少し古いだけの本がすぐに200円とかで売られているので、中々電子化されても買いづらいかな〜。電子ブックも古くなればどんどん安売りしてくれるとかなら、積極的に見るのですが。

cat20140706164601

ギャラリー
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • OMEN By HP 17の修理
  • JetFlash Online Recovery(トランセンドのUSBメモリー修復ツール)
  • JetFlash Online Recovery(トランセンドのUSBメモリー修復ツール)
  • JetFlash Online Recovery(トランセンドのUSBメモリー修復ツール)
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
  • dynabook Satellite PXW/55KWにWindows XP Media Center Edition 2005をインストール
記事検索
Recent Comments
Archives